カテゴリー「イラスト」の記事

2017年8月 9日 (水)

手持ちマウスいろいろ

前の記事のつながりや。

Vivomini UH65Hをお迎えしたん。同封のマウスやキーボードが開封されたようすは無い。電源を入れると前のユーザーのアカウントで起動するやん、いっぺんは使うた後が残ってる。

前の持ち主は最初の設定の不手際で作ってしまった不具合を治すことが出来ずに買い取りに出してたんやで、たぶん。

回復で初期状態に戻したんやがCorei7なのにCeleronより遅いとはお迎え直しの意味ないやんか。もいちど全くの初期状態に戻してみても同じや。

サポート外になるんやけどイッソのことでMicrosofutからWin10、ASUSからドライバーを落としてインストール、付属のCD入ってないんやもん。

公式のサイトから落としたドライバーなのになんで入らん。。。パーツの型番からそのメーカーからのドライバー入れて試してやっと動作を安定させるんに3日かかってしもたで。

pc0169そうしとるうちマウスが連れもてオダブツ。。。3年分のスイッチ回数に負けたんや。

そやかて同封の普通の机置きではポテトカウチはやり難い。

この際TVリモコンのように手持ちで操作する細長いエアマウス400-MA049をお迎えや。写真の左上に斜めに置いてるのん。

Pc457

気ぃ付けばその周り、人とPC媒デバイスこんなにいろいろ持ってるんやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

お迎え板の裏表 -裏面編2-

Surface Pro、前回の考え直してお迎え記念の裏面ステッカー貼り再挑戦や。

つや消しにこだわる、オイルパステルのチョークアートでしたすスプレーで色止め

上下真ん中を横切るキックスタンドの折り目に合わせまずは上下半分ずつ作業や。

ご本体は上下左右A4サイズ4・5ミリほど小さい。サイズに切って貼るんでなく、貼ってから合わせてあとから切るねん。

Pc0446 はがせるタイプのステッカーやから100均の簡易まな板端に差し込んで余分をカットや。これで真ん中のカットの微細にズレが補正できるやろう。

Pc0447

ぴったり合わせたい上面のカメラとマイク窓、このようにマステでアタリを写し取ればええ。

Pc0448

裏に厚紙を当てて背面カメラの穴切りや。やりやすいように上下2cmのはくり紙を残してんで。

それに使うポンチはナマクラDAISOのをヤスリで鋭く研ぎ直したもの。

Pc0449

ほぼA4全面を平らに貼るのは難しいもんやな。ところどころほんの小さい空気が残ってしもた。。。まあええやろ、もとからアンテークなデザインと色なんやから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

お迎え板の裏表 -裏面編1-

前の記事の続きや。

ステッカーにプリントする画像創りや。長年アナログでかいてきた絵と文字の腕を奮って小洒落たカフェのチョークボードふうにするねん。

Pc0442 これはイラレでそれらしいフォントと図を配置して下書き用の画像。

Pc0443

それをベースにArtRegeで黒背景の上に白チョークで描き起こし、色付きの新しいSurfaceペンはお盆まで待たなあかんのでメインPCのペンタブでや。下絵には無いリボンに沿う花模様はトールペイントのストロークワークでアドリブ書き足してrん。

それをフォトショに持っていっててアンティーク風合いに削って色はダスティピンクに色付けや。

Pc0444 画面とプリントの色は性質上違う。いきなりでなくインク節約で小さく印刷してできるだけイメージに近付けた値に近づけからステッカー用プリント用紙に印刷やで。

Pc0445 上に貼る保護シートにつや消しのが無いんで手持ちのニスを塗ってみてん。

それをあらかじめ仕様サイズにカットして貼っては見たもんの微妙にズレるし、後になって色むらが現れてくるわで。これがアンテークの味で納得しときゃええもんの。。。

なんか気持ちが収まらん、違う方法があるんやないかとけっきょく貼り直しやで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お迎え板の裏表 -お迎えと前面編-

今まで持ってたMicrosoft謹製SufacePro3、知恵熱に気を使いながら大事に使うてきた。3年めともなるとバッテリーがへたって残量30%で突然ダウンするようになってな、作業中のデーターポシャる。自分のご褒美に誕生日しようかと思てたんやけど買い取り1万円増額につられてもてな。。。

Pc0440

次ナンバリングのナシのSufacePro、予約で販売開始の15日にお迎えや。今度んはワンランクアップの 256GB/Core i7/8GB や。

なんでかうちん国では本体だけの先行販売。。。とりあえずPro3のタイプカバーをくっ付けて使える。iPadとペンシルあることやし七夕にシルバーのタイプカバー、お盆に販売開始のペンと気長に揃えることにするで。

Pc0441 これまた大事に使うて行きたい。まずは表が汚れんうちにSHINEZONE 保護フィルムを貼るで。裏紙剥がす前にマステで仮貼りのいち合わせ、前にiPad proにガラス製のフィルム貼った苦労の末に身に着けた技なんや。

次に背面。

Microsoftさんにはごめんやが鏡面の窓が光すぎるんと傷避けにシールしたいねん。ネットで探してみたんやがもひとつ。。。
次の記事はオリジナル背面ステッカー自作やで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

ニワトリのシェイプアート -ケイタイ編-

前の記事の続き、その下の体を作り足してみよか。

出来るだけ数少ない図形の組み合わせで作ってみたで。それに合わせるため頭も前回よりシンプルにしてん。

Shapeart0078

図形:四角形/両方の2つの角を丸めた
線:無し
塗り:オレンジ A3、白+基本色40%
☆対角の角のまるめは最大と半分ぐらい。
顔のベース
図形:基本図形/涙型
線:無し
塗り:濃い赤 A1
☆少しとんがりを引き延した涙型を2つに、そのひとつを変形して肉ダレにする。
肉ダレ
図形:基本図形/楕円
☆書式設定は顔のベースと同じ。
図形:基本図形/楕円
線:太さ: 4.75pゴールド B2白+基本色40%
塗り:濃い赤 A1、黒+基本色 25%
目のハイライト、耳
図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:ゴールド B2、白+基本色 80%
くちばし
図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:ゴールド B2 黒+基本色 25%
鼻孔
図形:基本図形/円弧
線:太さ: 4pゴールド B2、黒+基本色 50%
線のスタイル:先端/丸
塗り:無し
☆くちばしの中央に曲線を底に。
めんどり鶏冠
図形:基本図形/涙型
線:無し
塗り:濃い赤 A1
図形:基本図形/月
線:無し
塗り:茶 A6、白+基本色40%

ハンドルで月を太らせる。

図形:基本図形/涙型
線:太さ: 20pオレンジ A3、黒+基本色 25%
線のスタイル:先端/丸
塗り:オレンジ A3、黒+基本色 25%
☆線と塗りの色は同じ、線の効果で角を丸くする。
翼の模様
図形:基本図形/月
線:無し
塗り:オレンジ A3 白+基本色40%
めんどり尾羽
☆簡単な頭のシェイプと同じ。
モモ
図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:茶 A6、白+基本色40%
図形:線/直線、基本図形/右中かっこ
線:太さ: 8.25pオレンジ A3、黒+基本色 25%
線のスタイル:先端/丸
塗り:茶 A6、白+基本色25%
☆右中かっこのとんがりをずらす。

そんでオンドリもや。

Shapeart0079

おんどり鶏冠
図形:星とリボン/大波
☆書式設定はめんどりと同じ、ポイント操作でとがらせる。
おんどり尾羽
図形:基本図形/月
線:無し
塗り:茶 A6、白+基本色40%
☆グラデーションで大きさを変えた5つの月の根元を重ねる。
ケズメ
図形:基本図形/二等辺三角形
線:無し
塗り:オレンジ A3、白+基本色40%

Shapeart0080 これをさらに年賀用作品に仕立ててみたで。まずはグループ化して左右反転してコピペ、背面のオンドリを灰色に塗り替えて影の効果を付けるたん。足の線は消えてしまうんでぼかし効果を代用して位置を微調整。それを前のオンドリとぴったり重ねて全体に影を付けたようにするんや。効果の見えない図形は消去してん。

Shapeart0081


でも前の頭もったいないで。それに合わせて作ってみたんがこれや。

Shapeart0082

図形:基本図形/涙型
線:無し
塗り:オレンジ A1、白+基本色40%
翼翼の模様
図形:基本図形/月
線:無し
塗り:茶 A4、黒+基本色 25%
☆前の翼の線を無しにしたのと同じ。
翼先
図形:フロチャート/記憶データ
線:無し
塗り:茶 A4、黒+基本色 25%
☆平たくつぶして半分重ね。
線のスタイル:先端/丸
塗り:オレンジ A3、黒+基本色 25%
☆線と塗りの色は同じ、線の効果で角を丸くする。
おんどり尾羽
図形:基本図形/月
線:無し
塗り:茶 A6、白+基本色40%、茶 A6、白+基本色40%
めんどり尾羽
図形:フロチャート/記憶データ
線:無し
塗り:オレンジ A1、白+基本色40%、オレンジ A3、黒+基本色 25%
足指
図形:線/直線、基本図形/円弧
線:太さ: 8.25p オレンジ A3、黒+基本色 25%
塗り:無し
図形:基本図形/円弧
線の終点:先端/丸
線のスタイル:先端/丸 線の終点:ひし形矢印
塗り:無し

Shapeart0083

ヒヨコは親鳥を参考に考えてみてな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

ニワトリのシェイプアート -ケイトウ編-

気が付けば今年も残りは3か月、そんで来年2017の干支は酉年や。今回も段階を追ってニワトリのシェイプアートを紹介するねん。余裕と気が向けばほかの鳥の作り方も紹介するかも。

Shapeart0071

今回から挫折したバイトの知識を小出し。

配色をデフォルトでなくWordのページレイアウトタブ内の[テーマの色]をに設定して色付けしてるねん。その方がその他の色で面倒な数値入力なしに色のおさまりよく作れる。

まずは頭からや。

めんどりの頭部

Shapeart0072

♦図形:基本図形/楕円四角形/対角する2つの角を丸めた
線:無し
塗り:オレンジ A1、白+40%
首の四角形は角を最大に丸める。
顔のベース、肉ダレ
♦図形:基本図形/涙型
線:無し
塗り:濃い赤 A1
1.涙型を少しとんがらせ少し平たくつぶす。
2.コピペで増やし小さくする。
3.顔のベースの丸い方に重ねる。
目の回り
♦図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:濃い赤 A1 白+40%
♦図形:基本図形/楕円
線:太さ: 4.75pゴールド B2
塗り:濃い赤 1 黒+25%
目のハイライト、耳
♦図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:ゴールド B2 白+80%
くちばし
♦図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:ゴールド B2
鼻孔
♦図形:基本図形/円弧
線:太さ: 4pゴールド B2 黒+50%
線のスタイル:先端/丸
塗り:無し
くちばしの中央に曲線を底に。
鶏冠
♦図形:基本図形/L字
線:無し
塗り:濃い赤 A1
置いままで45度回転。2枚に増やしずらせて重ねる。

それを後からちよっと作り直しておんどりやで。

おんどりの頭部

Shapeart0073

めんどりをもとに変えるところ

顔のベース、肉ダレ
♦図形・線・塗り:<めんどりと同じ>
♥めんどりより細長くする。
くちばし
♦図形:基本図形/弦
線・塗り:<めんどりと同じ<
1.ハンドルで円を45度分切り取った形してつぶす。
2.コピペで上下反転して重ねる。
♥重ねる角度で表情を出す。
鼻孔
♦図形・塗り・線・線のスタイル:<めんどりと同じ>
上のくちばしに重ねる。
鶏冠
♦図形・塗り・線:<めんどりと同じ>
L字の角を[頂点の編集]で引き延ばしてとがらせる。


 

これからもうちょっと図形と色を変えたると。。。

シャモの頭部

Shapeart0074

特徴は細長い首にイチゴ頭、そんで鋭い目つきやな。

頭ベース
♦図形:基本図形/楕円基本図形/月基本図形/いなずま
線:無し
塗り:オレンジ A3 黒+25%
♦図形:基本図形/弦
線:無し
塗り:濃い赤 A1
♦図形:基本図形/弦
線:無し
塗り:ゴールド B2
♦図形:基本図形/楕円
線:無し
塗り:濃い赤 1 黒+25%
直線部分を斜め上置いた上にひとみを重ねる。
鶏冠
♦図形:基本図形/雲
・塗り・線:めんどりと同じ
雲をつぶして斜めにのせる。

ウコッケイの頭部

Shapeart0075 頭と肌色を黒うするんや。

頭ベース
♦図形:星とリボン/爆発2
線:無し
塗り:茶 A4 白+80%・茶 A4 白+60%
小さい爆発をたくさん張り合わせて頭の形にする。
顔のベース、肉ダレ
♦図形:<おんどりと同じ>
線:無し
塗り:黒 T1 白+35%
目の回り
♦図形:<おんどりと同じ>
線:無し
塗り:80%灰 T2 白+50%
♦図形:<おんどりと同じ>
線:太さ: 4.75p 茶 A4 白+40%
塗り:茶 A5 黒+25%
♦図形:<おんどりと同じ>
線:無し
塗り:茶 A4 白+40%
鶏冠
♦図形:基本図形/雲
線:無し
塗り:黒 T1 白+35%
雲をつぶして斜めにのせる。


 

Shapeart0077

基本のおんどりから首を基本図形/台形、頭に書式コピーした基本図形/月を重ねた鶏冠を乗せて上からのぞき込むニワトリを作り足し。それをどう使うんかというと。。。

Shapeart0076

今まで作ったニワトリの頭もはがきに貼ってこんなんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

大きいIPad Pro に貼っとく絵

Illutration0067

今年のはじめ中古で12.9インチ iPad Proをお迎えして今は下敷き熱曲げて作ったケースに収待ってる。ログインとホームを自作の絵に着替えて自分のもんに。それがやっと出来たんや。

Howto0410 ラッキーな画題で先にお迎えしたAirにはちと馬っぽい龍にしたん。それに対して鳳凰や。下絵をiPad Proと林檎鉛筆、それをメインPCに移してArtRageを画材にチョークボード技法で描き込んでんで。

iPadの画面に設定時に位置調整するんで画像サイズは大きめに2300X3200pxやな。

Howto0411

写真では細かうて写ってへんが金箔を散らしてん。はじめPhotoshopの長方形ツールとテクスチャで描点にする.png透明背景画像を作るんや。

Howto0412

それをArtRageのステッカーに読み込むとステッカーブラシの描き散らせるようになるねん。ブラシの調整はひと癖あるが慣れるなかなか使い勝手がある。

正倉院より古くからある花喰い鳥にちなみ綴り石を持たせたんや。石球はAir画像からコピペで配置、その他はトレースから描き起こしや。


これからはフォトショに書きだして更に仕上げてく。

Howto0413

背景は宇宙空間や。

灰色で塗りつぶし→ノイズを加える→4倍に拡大→レベル補正でフィルターで星の瞬きが作れる。

その上に乗算モードのレイヤーで星に色付け、さらにその上のレイヤーはスクリーンモードで空間に色を乗せてる。

Howto0414 Photoshop CCの新機能ぼかしギャラリーで動きを動きを付けてん。

Illutration0068

そんで背景はそのまんまでホーム画面はこうなってる。紐の前後関係描き上げるんが意外と大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

トールペイント事情定点観測

Handcraft0215

おとといグランキューブ大阪で開催の第26回 JDPAコンベンションに行ってきたんや。1年のいこの3日間全国のトールペインターさんとその作品が会場に集まるねん。今年は3年に一度の大阪での開催されてる。

Handcraft0217

会場は入って右手にテーマ、左手に招待講師、そして地区ごとのかなりの点数の作品展示が続く。でもうちはその先セミナーブースもふっ飛ばして先に行くねん。ペイント界で名の通った先生が奥にブースを出しておられる。

まだペイント誌に載ってた顔がまだ効くんや。そんで聞いた話には忙しくて長期の予定が立たん世の中、近頃は年単位のカリキュラムでは集まらず「単発のセミナーに変えた」。日本に遅れて台湾に伝わり有名作家さんの作品買い集めに70万持って来よるらしい。。。

Handcraft0216

iPadと同じくすっかり広まり染みますます後発先発の絵画技法と混ざり合っていくんやろう。

うちやてこのコンベンションや技術認定に作品出したことがあるん。でもなまじっか音楽にたとえると作曲から出来る。お手本通りに再現する上手だけでええんかと悩み、お教室後のランチで生徒さんの奪い合いの話にうんざりもし、流行りに置いてかれる自分にウズウズしてた。

そこそこ腕も名もあったのにもっと好奇心と自由を求めてデジタルへと飛び抜けてしもた。今やアクリル絵の具は手元に一本も無いんやで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

意味不明杉を笑うて捨てる

Illutration0066

先週の土曜日続けて連れ合い君と美術館、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展に行ったんや。

今まで壁は天井まで連れ合い君の児童書のコレクションで埋まる居間に埋もれてた。日曜美術館今週のギャラリーでこの伊丹市立美術館(5月15日までその後全国を巡回)であるんを知るまでは。

前のスーパーリアルで迫る生頼範義氏と同じで数多くの書籍やポスターの仕事をした人気作家さん。でもその絵の味わいは正反対。作品のほとんどがモノクロのペン画でブキミにオカシくジワジワ来るんや。。。

家をかき回す突然の来客、あっさり殺される不幸な子どもたち、どこから舞い降りて来るんか意味深な紙切れ。ビレッジバンガード好みの不条理ばかりやん。見かけもちょっとダークやけど受け取るもんは不思議と明るいんや。

人にいたずらして笑いをとるクラウニングに似ている、不思議と嫌味が残らん、不条理に遊び笑い飛ばす心地よさがあるんや。

そもそもうちら人間が地球上ではわけわからんもんやし、ツギツギと襲ってくるわけわからんを身に受けて生きている。今はもっと分からん人工知能を作り出して自らの仕事を奪うとかで騒いでいるんやから。

見かけ明るい顔して近寄ってくる「理」は自らの有用のしきい値を上げ、理解出来る範囲は狭くさせて辛いもんがある。それを中和させるに無用のナンセンスが求められるやろうか。


その帰りの途中JR元町駅から商店街へ抜ける通りでインフォラータをしてたん、ゴールデンウィークはすぐそこや。

Reach0169

もとはといえばこれも神戸ルミナリエと同じ震災後の魂鎮めと賑わいを取り戻すためにはじめられたんやと。急きょ熊本の震災を慮るものになってた。人は自然の不条理に翻弄され、そして落ち着いた頃お祭りをする。これも心のバランス取り戻すためやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

殺し合いの大地 天空から見下ろす女

きのう明石市文化博物館で5月29まで開催されている「生頼 範義展」に行って来たん。うちの気になる絵描きさんのひとりなぜかというたら。。。

80年台のはじめうちが短大生の時、土日は駅前の書店でバイトをしてたん。当時ミクストメディア戦略で「カドカワ」意気盛んな頃やった。なんでこの人の各表紙ばかりなんやと文庫の補充をしながら思うと同時にこの濃い絵柄に不思議と魅力も感じてたん。

Reach0168 もちろん画集を買うた。じっくり見て再び画力に驚き、解説読んで驚いた。

弟の同級生でその名が居る、その縁で母同士でともたち。そんで元からの地主で山陽新幹線の建設の土地買収で大金持ちや。やはりここにルーツがあったんや。

それともっと前の子どもん時学習図鑑のあんなにみずみずしく命が巡るさまを描いた組織図に魅せられてたん。それも彼の筆から生み出されたもんと初めて知った。

その初期の原画無いんやろか今回紹介が無いんが残念。

Reach0167

去年天に住まい替えされた。
で明石の縁で回顧展が開催されてる。

西洋古典絵画の天才ミケランジェロを敬愛しそれに迫るスゴ腕職人なんや。戦いと破壊、同時に女と体内の性と生、想像力と構成力は宇宙を自由に飛び交う。日常に降りてはスポーツに政治になる。男のロマンの具現化てんこ盛りや。

そんで履歴では10才の時明石大空襲に追われ家族ともども薩摩川内市に疎開したとある。目の前で実際紙くずのように命が焼かれたことそれがその後一生の絵のうらにあるんやろう。彼のおかげで殺戮は絵空事に昇華されてるのかも知れんな。

Reach0166

1回の展示は撮影OKや。でもこの原画の迫力はぜひともカメラでなく目に焼き付けて欲しいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧