カテゴリー「トールペイント」の記事

2016年6月 4日 (土)

トールペイント事情定点観測

Handcraft0215

おとといグランキューブ大阪で開催の第26回 JDPAコンベンションに行ってきたんや。1年のいこの3日間全国のトールペインターさんとその作品が会場に集まるねん。今年は3年に一度の大阪での開催されてる。

Handcraft0217

会場は入って右手にテーマ、左手に招待講師、そして地区ごとのかなりの点数の作品展示が続く。でもうちはその先セミナーブースもふっ飛ばして先に行くねん。ペイント界で名の通った先生が奥にブースを出しておられる。

まだペイント誌に載ってた顔がまだ効くんや。そんで聞いた話には忙しくて長期の予定が立たん世の中、近頃は年単位のカリキュラムでは集まらず「単発のセミナーに変えた」。日本に遅れて台湾に伝わり有名作家さんの作品買い集めに70万持って来よるらしい。。。

Handcraft0216

iPadと同じくすっかり広まり染みますます後発先発の絵画技法と混ざり合っていくんやろう。

うちやてこのコンベンションや技術認定に作品出したことがあるん。でもなまじっか音楽にたとえると作曲から出来る。お手本通りに再現する上手だけでええんかと悩み、お教室後のランチで生徒さんの奪い合いの話にうんざりもし、流行りに置いてかれる自分にウズウズしてた。

そこそこ腕も名もあったのにもっと好奇心と自由を求めてデジタルへと飛び抜けてしもた。今やアクリル絵の具は手元に一本も無いんやで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

男好みの筆書きレタリング

クーラー無くてもやってける体作りで梅雨の貴重な晴れ間に歩数稼ぎや。前前は西に前は北で次は東や。南は海の家で来たやろか海水浴場で行き止まりやねん。

どこのショッピング施設でうろうろするは石屋と書店、そんで材料探しに文房具にホームセンター的なとこに手芸店や。最後に食料品をちょこっとがうちの買いもん。

近頃石屋と書店は見てるだけやが久しぶりに資料になるしとこれ買うたん。

Books0009 Lightning別冊Mook
ハンドレタリングの指南書やで。

20年前創刊始まったころにペイントや木工のお手本に買うてた私のカントリーの男性版といったところ。そんで文字入れされるのは車やバイクのモーターk関係に革ジャン・Tシャツやらのファッション、酒場を飾るレトロな看板なんやな。

去年の秋iPadカバーを看板的なデザインしたいとYouTubeで探った時アメリカのハンドレタリングに行き当たったんや。手書きPOPとオーストラリアボードサインとも違う書体の味わいが気になってたん。文字の国境、ジェンダー超えたら面白いもんあるんやな。

昔使ってたゴジック筆と太めのライナー筆を探し出しクリアーファイルにアクリル絵の具で練習や。まったくの初めてさんならクリアーファイルにお手本入れてなぞって練習するんやで。

けどうちスーパーのPOPでハンドレタリングを仕事に、その後ペイントでブラシストローク技に磨きをかけて筆の扱いはプロや。デジタルで手書きはご無沙汰やが意地で下書き無しで直に書いたった、まあこんなもんや。

制作と作例、後ろお手本とたくさん載って税込で1000円や。女性のトールペインターさんにも参考になると思うで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

干支一回り前

他人から良心奪う悲しさを感じへんからヘイトの快感に酔ってしまうやで。創ることでホントを見分ける力を育てるお役に立てたらと思てるんや。そんでプログ画像はお手本で真似してかまわん、お金いらん。でもありがたいことにプログの画像が売れたんや。その気持を天が汲んでのご褒美なんかな。

作品を売り買い金品の移動には文書を取り交わすんが礼というもの、今日取引先に請求書を郵送したん。そのイロイロしてる時に手紙もんが入ってる引き出しからこんなん出てきたんや。

Illutration0037

12年前は香川県粟島に子どもと海村留学で正月を迎えたん。連れ合いくんと離れて世帯別れて暮らしたもんやからお金カツカツやった。当時まだデジタルもんは割高で買えへん。そやけど和プリント布のデコパージュにトールペイントとPOPやさまざまなテクニックに助けてもうてアナログで描いたんや。プリンター無いからカラーコピー出来るFAXでプリントしてたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

手芸大阪めぐり

今日は大阪へお出かけ、JDPA関西支部展に行ってきたんや。うちがしまぐらししてた時のペイントフレンドがブースを出すとプログで知ったんや。2ヶ月前大阪心斎橋大丸のブースで会ったんやけどそのブースのミニセミナーに邪魔になるとあんまし話し出来んかったんや。

うち今は休眠状態やけどペイントは長いことやってる。この支部展には今まで何度か行ってるねん。会場は今までと同じ堺筋本町降りて西、壁にボートがくっ付いてる大阪産業創造館や。

Reach0084

友だちの居るんは4階や。入り口にはクリスマスのディスプレイ、今年も早ひと月と半分なんやな。この階は講師会員のブース、会員の作品展示に日替わりでのミニセミナーをしてる。今日は猫話をいれて話が出来た、同じことで通じる友だちはありがたいで。

下の3階に下がると業者にビジネス展開してる作家さんのブースや。手づくりフェアにあったデコナップにプラ版手芸が目立つな。iPadケース自作でチョークアート定着にスプレー無くなりそうなんでホルベインさんで卸値でこれを購入や。ほかは手づくりフェア行って間もない買うもん特に無い。

Reach0086

会場を出た後は前回行きそびれた船場センタービルを通って心斎橋へや。途中老眼鏡が安かったんで持ち出し用に買うた。割引券に「当店が潰れるまで」とあるんが大阪のノリ。

Reach0085

御堂筋の銀杏はまだ緑が混じってる。今日の12月上旬の寒さで急に色付きそうや。

西梅田の改札から降りたんは阪神百貨店8階に寄るためや。「三大手芸の祭典」 のタダ券が日本手芸協会を通じて送られて来てん、1枚使ってまだ9枚も手元にある。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

鰻の頭が付いてる文化

うちのすぐ横の畑では連れ合いくんが1年分のえんどう豆を毎年作るってるんや、今や鈴生り。もう今日あたり大量収穫、豆剥きで忙しくなるやろときのうカレーを仕込んでおいた。だのに今朝なり工合を聞けば「豆ご飯1回分やな」。何も忙しいことあらへんヒマになってもたってわけや。

そんで大阪に突然にお出かけしてたん。

Reach0072

行ったんはNHKにひっついて隣にある大阪歴史博物館、6月1日まで「上方の浮世絵」展をしてる。うちは江戸美術は好みや、ボストン美術館の里帰り展など江戸浮世絵をようけ見た。だけど京都・大阪のそれはさほど知られてへん。こんなまとまった展示は珍しいん。

江戸浮世絵一見みんな同じ顔をしているやん。時代の大衆とメディアとの間を行き来しながら共感しやすい形へと収れんした結果やろうな。

今の萌え絵もpixivで票を集てるもんは平均化されて同じに見える。時代や作家のほんのちょっとした差異が見分けられるようになる通になるにはちょっとしたトリビアでたくさん見なきゃならん。浮世絵は江戸時代の萌え絵やで。

それに比べ上方はパターン化度が薄く感じるな、大衆より自分寄りやろか。役者絵ならその役者の顔立ち・芸風に性格まで個性を表に出してくる。表情も豊かで現実味ある。もちろん絵師らしさにしても際立ってる。

江戸ではウナギの蒲焼は頭無しやけどこちらでは「まむし」と呼ばれ頭付きや。頭だけ豆腐と煮たりして食べてしまう。江戸では大衆の粋に余分なもんはのけるが上方はそやからええやん。


Reach0073

梅田に戻って阪急にも行かんと。25日までペイントスクエアと題したイベントがある。ペイント友だちのコンテストに入選した作品と実際ひとり会うことが出来た。今はすっかり離れてしもてゴメンやけど、忘れんと居てくれる友だちありがたいもんやな。

それからヨドバシや。今度のうちの誕生日あたりお絵かき出来るタブレットを買うんねん。今んところこれが第一候補、そんで先代でアタリをとりにや。

それとメインPC用のスピーカーも去年から探してるがなかなか決まらん。実際に触れたり聞かなきゃ分からんことは機械もんにもあるんやわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

でじたるでグルグルタングル 描いてみるの4

前回線が切れずに描けるペン軸角度を保って描けるように物理的にカスタマイズしたん。次は使用するArtregeでのペンのカスタマイズや。

Zentangle0013

もともと筆圧で線の太さの変わらへんラインマーカー、筆圧は0%や。修行で滑らかになった分補正量を下げたん。アンチエイリアスをしないのはバケツで流し込んだ時隙間が出来へんのと細い線が薄くならないようにや。ちょっとガタガタが気になるなら仕上げにごく軽く全体をぼかせばええやろう。メインで使うペンの太さは15%~20%あたりやろな。

Zentangle0014

トラディショナルゼンタングルでは線画の上に鉛筆で影を入れて多少の立体表現をするんや。陰入れのための鉛筆も用意しとくこな。

Books008

もう一冊タングルの教本を密林から買うた。今んところ日本語訳は先のと合わせて2冊だけや。トラディショナルについてはこっちのほうが詳しく書いてる。これを見ながら描いてみるわ。

Zentangle0016デジタルの用紙サイズはタイルの幅 3.5インチ×300dpiで1050px四方になる。

まずその四隅に点を描いてその中を自由に区割りしてくんや。点を結んでいく線のことをストリングと言うんやて。その中をバターンで埋めていくんや。パターンは下描きなしていきなり描くねん。だから文字を覚えるぐらいの練習で出来るように描き順があって、識別のための名前が付いてるんや。

練習中はバケツで塗りつぶしてたんやけどさらに修業を重ねるために丁寧にマーカーで塗リ潰すな。

Zentangle012やったで、最後まで[戻す]のクリック無しに描き上げることが出来たわ。線描きしたら鉛筆で浮き立たせたり奥行きを付けるために影を入れる。この理屈は一般的な絵画表現のメソッド同じや。これでより作品を魅力的にするねん。

トールペイントで使ってたサインがそのまま使える。
くるくるしてんから。

Zentangle011

もう1点描いてみた。

快適に描けるようになると繰り返しの面白さに下手を恐れずグルグル描くのが楽しいで。トールペイントの同じストロークワークを繰り返し重ねて絵を作るのに通じたものがあるな。

今まで象徴画描いたこと無いし精神修養これなんやと思ったけどお気楽で描いてもけっこう面白いもんやな。

もうちょっと点数を描いてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

くねくね道に曲がり角、ハンドルでさばくんや -トレース編-

Howto0186 準備運動の次は曲線の特訓。トレースの練習に用意した図はこれ、ローズマリングRosemalingという北欧のフォークアートの図案やねん。短い夏の緑や花で長い冬篭もりを和らぐように部屋や調度品に描かれてきたもん。ブラシストロークを生かした伸びやかな線が曲線の練習にビッタリなん。うちはこれで3日間イラレのペンツール、ベジェ曲線の猛特訓をしたんやわ。。。

Howto0187

  • 図案の下方、雫のような象徴化された小花をトレースする。まずはじめに付け根から始まり4箇所をクリックする。5回目のクリックで最初に戻り1回めのクリックで作ったボイントに重ねてクリックすると閉じたオブジェクトになるねん。
  • 次は頂点を編集する。付け根は尖っているので頂点を基準に、他の3点のポイント位置とハンドルをドラッグして下の図案に合わせるんや。
  • ドラッグしてみて他のボイントがつられてずれたり、自動的に作られた頂点が基準になっていてハンドルが折れたりする。。。これはWordの仕様なんで様子を見ながら根気よく攻めていくんや。

Howto0188基本図形の楕円にはポイントが4点ある。楕円からトレースするんもありや。

Howto0189 後で塗った時を考えて後ろに来るようなオブジェクトからトレースや。バラのソーサーは谷底と山の頂点を拾うねん。そしてポイントの位置とハンドル調整や。頂点を中心に伸ばして合わない時は線分を伸ばすに変えてハンドルの連動無しで合わせてく。

Howto0190 先に谷底だけ拾って後で線をドラッグでボイントを作りながら合わる方法もあるな。

Howto0191

バラのカップを2枚の花びらで巻き込んでるようにする。カップをトレースしたら上にコピペしてビッタリ重ねる。重ならない部分の線分の削除ボイントの削除、そんでもって閉じたオブジェクトに変換や、そして中のS字カーブに合わせるん。↓葉も2枚重ねてトレースしてある。

Howto0192

同じようにし後ろにある葉やスコローなどのバーツをトレースしたらこうなる。次はどんだけ筆に迫って塗れるかやな。

※図案化されたフォークローズは描き方の説明でその側を囲む花びらを皿=ソーサー、中央の巻き込んでる花びらをカップにたとえられるんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

デジタルで花曼荼羅 -テンプレート編-

先週ぎっくり腰の養生の暇つぶしにTVでYoutube見てたらこんなん見つけた。無心で手を動かして描くのは瞑想と癒しになるんやな。そんでスピリチュアルアートのひとジャンルで花曼荼羅というんがあるんや。

四方八方へ広がるパターンは砂曼荼羅・切り紙ローズウィンドウローズマリングのログランドスタイルなど世界中にある。これは長い間トールペイント描いてる経験から囚われから自分を開放する心理的な効果があるなと感じるな。

そこでぎっくり腰のセルフヒーリングや、デジタルで描いてみたで。

Howto0121

描く前に型紙になるテンプレートと用紙を用意するんや。はさみで切ったようなきれいな曲線を描くんはIllutratorが得意、それで白黒で画像を作るんや。デジタルならグレーの暗さが色の濃さに反映させることも出来るし細かく切り込んでも一度使ったけで壊れてお終いにならん。うち正倉院宝物文様を抜き出して集めた本があったんで参考にしたん。

Howto0122 それをキャンパスごとに.pngでいったん書き出し、ArtRegeのテンプレートパレットを開いて[ステンシルをインポート]で読み込ませるんや。うちは花びらとそれより小さい飾りと2枚に分けたん。これでステンシルとして使えるようになる。

でもこのソフトはアナログ的でとても扱い良いのはええけどもひとつ厄介なことがある、裏返して使えへん !! だから非対称な図形は反転したもんを対で予め作っとかなあかん。

もしPhotoshopで描くとしたらパスとして読み込み選択範囲に変換しながらになるやろか。

Howto0123 用紙も用意しとこな。1000px×1000pxの正方、キャンパスの紙目はお好みでちょっとキツメにしとこ。上にレイヤーを重ねペンでガイド線を引いておくんや。出来上がったらこのレイアーは見えなくするか削除したらええ。

次の記事ではパステルブラシで下地を作り、テンプレート越しに消しゴムで消して花模様を描くで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

使わずに10年

うち講師会員なんで日本手芸普及協議会の会報が送られて来た。ここにペイント部門の講師の席を置いてる。

しまぐらししてた時にダメモトで試験を受けて合格した。ここに戻ってコンテストに作品出したりはがきやチラシを作って置いたりしてガンバった。けど一度切れた地縁を作りなおすのは難しい持っていながら使わずじまい、10年カリキュラムで教えることはいっこも無しや。つぎ教えるんはいつになるやら、古うなって使えんようになるよりかはとペイント用の絵の具は友だちに全部譲ってしもた。

Handcraft0079

Illustrator+Photoshop

会報の中に指導者のためのアドバンス・プログラム(仮)の案内チラシが入ってたん。講習料はこのPCのパーツ代のほぼ半分ぐらいや、さて内容はどんなんやろ?

  1. 作家としてのデザイン色彩理論
  2. 講師として指導してくためのコミュニケーション
    コーチングについて
  3. 教室の運営するためのさまざまなHOU TO
    受講料 帳簿 集客などの実務的なこと

1.はうち出来るもん行かんでもええ。最近感じるんにその通りに上手再現することとオリジナルを造る、イメージを取り出すって別もんなんやなって。初級クラスにあってもいきなりオリジナル各日人はほんの少ないけど居る。技術には長けていてもデザイン探しに苦労する講師さんけっこう居てるはるやろな。

2.も自分が描く事とと別もん。人の認知する物事は自分が感じてることよりもっとさまざま。自分のこんなこと出来るでのブライドから降りて生徒さんの認知にどれだけ寄り添うかや。座学よりは場数で学ぶことのほうが多いと思うんやけどな。

3.うちできる事と出来んことの差が大きい、知っててもそれを使うセンスがさっぱりあらへん。HP・プログ作るセンスはあるけどPRセンス無しや。たぶん教えてもらっても多分アカンと思う。。。どうしても出来んことは誰かに頼むしか無いやろな。

資格と12もったいないけどペイントの自宅教室をすることはもう無いやろう。でもシェープアートならどっかで教えてみたい気持ちは底のほうでくすぶってる。これも基本図形の組み合わせお手本があってストロークの組み合わせで描くんは同じ、12をそのまま使えそうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

デジタルで墨流ししたる -Painter編2-

もっと辿ってくとペーパーマーブリングで垂らした絵の具を目打ちのストロークで花を描く動画もあった。知らんかった、カプチーノアートとちょっと似てるやん。

Howto0098

そんでストロークの向きと描き順で出来上がってくる形をパーツにして組み合わせて描くところがトールペイントと通じるで、筆圧と筆軸の向きのコントロールがない分簡単かも。これは講師資格を持つ腕で見ただけで出来ると思うわ。

Howto0097

平咲きの花を描いてみたらこんな感じ。同心円上に色を重ねると歪みブラシの効果の見える絵になるみたいやね。

Howto0099花びらギザギザのカーネーションはよく描かれるみたいや。それにチューリップも。バラは今んところ見たこと無いんやけどトールのストロークを応用したら出来るかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧