カテゴリー「タブレット」の記事

2016年9月25日 (日)

とりあえず以上のカメラバッグ その3

自作したインナーバッグは底を背中側にしてリュックに詰めるんや。そんだらクッション無い側はどうするんやというと。

Camera0066 カメラの入る部屋の前に薄い部屋にクッションを詰めるねん。それも2枚の間にタブレット端末を入れられるようにしてんねんで。

Camera0067 それに横はベルト通しを付けて三脚を安定して取り付けられるようにしたで。

Camera0069

製造元から直接仕入れのウレタンシートはまだまだある。最初に買った小さいカメラバックは付属のカメラ風呂敷で包んで入れる式、この勢いでこれにもインナー作ってん。これにもiPad入れられる。

Camera0068

そんで100均BOXみたいに折りたためんねや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

とりあえずカメラバック

カメラストラップのリング買い足しにイズミヤに行ったん、そんだら入り口あたりの一角でカバンのバーゲンしとったんや。なんや仕事もんの黒カバンばっかし。。。

Camera0054 でもなんか引かれて中に入ったらカジュアルな四角いリックが半額の2800円。

近々伊丹スカイパークでニコンカレッジの撮影実習があるんや。とりあえず自作のインナーパックいっぱいに入る。けど主役の80-400mmのレンズケース入れんなん、そんだら潰れて収まり悪い。そんで1台入れるだけのインナーを作ることにしたんや。

まずはまだまだ残ってる端切れの山から適当なん探す。。。

Camera0055

中のクッション材はお中元の桃のパッキングのウレタンシート、しつけ糸で綴じ合わせ。

Camera0056

クッションを型紙に布を裁ち縫うとこうなる。

Camera0057

子どもにキルティング代に500円払うた他は手持ちの手芸材料で済んだ。

Camera0058

それからメインの袋の他にノートPCにタプレットしまう部屋がある。そこは100均で工作用やわらかシートを2枚買うて糊付きフェルト貼ればええやん。

とりあえずこれでいける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

大きいIPad Pro に貼っとく絵

Illutration0067

今年のはじめ中古で12.9インチ iPad Proをお迎えして今は下敷き熱曲げて作ったケースに収待ってる。ログインとホームを自作の絵に着替えて自分のもんに。それがやっと出来たんや。

Howto0410 ラッキーな画題で先にお迎えしたAirにはちと馬っぽい龍にしたん。それに対して鳳凰や。下絵をiPad Proと林檎鉛筆、それをメインPCに移してArtRageを画材にチョークボード技法で描き込んでんで。

iPadの画面に設定時に位置調整するんで画像サイズは大きめに2300X3200pxやな。

Howto0411

写真では細かうて写ってへんが金箔を散らしてん。はじめPhotoshopの長方形ツールとテクスチャで描点にする.png透明背景画像を作るんや。

Howto0412

それをArtRageのステッカーに読み込むとステッカーブラシの描き散らせるようになるねん。ブラシの調整はひと癖あるが慣れるなかなか使い勝手がある。

正倉院より古くからある花喰い鳥にちなみ綴り石を持たせたんや。石球はAir画像からコピペで配置、その他はトレースから描き起こしや。


これからはフォトショに書きだして更に仕上げてく。

Howto0413

背景は宇宙空間や。

灰色で塗りつぶし→ノイズを加える→4倍に拡大→レベル補正でフィルターで星の瞬きが作れる。

その上に乗算モードのレイヤーで星に色付け、さらにその上のレイヤーはスクリーンモードで空間に色を乗せてる。

Howto0414 Photoshop CCの新機能ぼかしギャラリーで動きを動きを付けてん。

Illutration0068

そんで背景はそのまんまでホーム画面はこうなってる。紐の前後関係描き上げるんが意外と大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

林檎を売る店のワークショップ

前の日記の続きやで。

二人で連れもて岡崎公園に行った帰りは一駅歩いて三条駅からやねん。手前のなじみのうどん屋でお昼するからや。今日はこれから心斎橋に用事がある、京阪特急で行くからこの駅でつれあい君とお別れや。

Reach0165

早う終点の淀屋橋に着いてしもたんで次の目的地まで時間潰しで歩いていく。そんでも早くついてしもたとこはAppleStore心斎橋店や。

14:45からiPadでスケッチしたり絵を描いてみようのワークショップに参加するねん。どうせ林檎の直営店とやらに行くんに色付けたいやん。

スタッフに声を描けるとワークショップは1階のProの展示機が置いてあるテーブルに案内されてん。見てるだけの客人の中でするワークショップは使い方のデモになってるんやろう、講師も店のスタッフがする。

やっと時間が来てテーブルを見渡すと参加者はうちも入れて5名、うちの他は殿方ばかり、3人はここで初めてのお絵かき体験なんや。そんでハードやソフト、レイヤーについての一般的な説明からや。

Illutration0064

持ってきた自分の板で机の上に既にあるデモ機どっちを使うてもええんやな。けどお店の事情でペンはお絵かきアプリPeperに作られた専用ペンになるんやね。

Illutration0063

そこで隣の縁のおっちゃん、Macbookまで参戦させて挑むんやけどやっとこすっとこ。。。うちのこと羨ましがってたな。うちはそれを取り出す道具に選んだんiPad Proと鉛筆と共にデジタル以前長いこと描き続けた経験を持参してる。

他の人は道具が先で何をしたいのか探すために席に着く。うちは案内のメールには「熟練者の方もぜひ参加して、初心者のみなさんにテクニックを披露してください。」とあったんやから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

プロクリブラシのお引越し

大型平板電脳 iPad Proは外に持って行くんはたいそうやお絵かき用にしょ、そんで今までのAirは売らずに外持ち用にすんねん。だからAirのお絵かきアプリProceateのブラシをProで使うために引っ越しするねん。試し描きしんもてブラシの調整は手間かかるんやもん。

Howto0404

まずはAirのProceateを立ち上げ新規でキャンパス創るなりそこにある絵を何でもええから開けるねん。そんで引っ越ししたいブラシのあるアイコンタップして一覧を出すんや。その一覧の中から移したいブラシを左にスワイプして[共有]をタップやで。

Howto0405 このアプリはicloudDropboxに保存出来るようになってる。バックアップとしても使えるんや。

Howto0406 そのクラウドに保存したブラシをProのOProcreateで読み込むねん。

Howto0407ブラシの引っ越しが出来た。友だちに公開してるならワケワケ出来るな。

Howto0409

そんでProと林檎鉛筆でボブロス風景画描いてみたで。ちとはうちの芸を乗せて冬景色や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

林檎大板ケースを作る -やり直し編-

ああやり直しや。

Handcraft0203

スプレーボンドで貼ってしもて絵を剥がせん、描き直すにも用紙が無い。そこで100均のB4黒3枚入りの黒厚紙に水性黒板ペイント塗って作ったんや。ローラーでエッグシェル仕立て、こうするとさらにオイルパステルの色乗りが良うなるんや。ちなみにローラーはカーテン金具をまげの自作やで。

Handcraft0204 オイルパステルを乗せる前にハイライトのある下絵を白のダーマトグラフで描いとくねん。より発色と立体感のある絵になるんや。今まで同じ図案で3枚も描いた分ムダにはせん。

実は前のはニスが古すぎて白濁、それならと貼り付け兼用ペーパー用デコパージュのニスを使ったんやけど接着力不足で剥がれ。。。

Handcraft0205 今まで使うてた水性やけど油絵の具の上に塗れるニスを3度塗り。今回フィクサチーフ無しでも最初のひと塗りそっとすれば絵を壊すことなく塗れたで。

Handcraft0206 大阪お出かけを待ってニス買うて塗った次に100均のリネン柄のシートを張るんや。綴じ穴をひとつづつ手と根気とやすりできれいにするんや。液晶側にはグルーガンでフェルトを貼ってん。

Handcraft0207 いよいよご本体を下敷き熱曲げのホルダー介して張り付けるで。

Handcraft0208

なんか今回はことが上手く進まんのや。カットに失敗したんはもったいないし前に作ったのは古くなったのでAir用に作ってん。

Handcraft0209

表紙がちょっと反ってしまう。黒綿棒の軸、メタルビーズ、合皮、ビーズ通しの細ゴムで「止め」を作り足したん。これで林檎鉛筆とめ置くことも出来んな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

林檎大板ケースを作る -うまく行かん編-

うちはデジタルもんお迎えした次は手作り、ドレスアップのためのお金無うて手持ちや100均材料の中から出来んかが始まりや。で今では既製品には無いオリジナルを作り出んが楽しみになっとる。

Handcraft0200 今度もiPad本体を固定させるパーツを100均下敷きをヒートガンの熱曲げで。A4よりわずかに大きうなったProや、A4用から作ったん。

Handcraft0201

曲げを決める木型や。そこら辺にあった6mm厚の木っ端で目測でカッターで削り、面取りした薄板を貼てん。その2枚の合わせた曲がりで外れんようにするんやわ。

Handcraft0202

最初手芸店で見つけた袋の底板に貼ってみたんやけど分厚過ぎてルーズリーフの綴じ具ははまらんかった。それをひもに代えて綴じては見たもんの立てて置けんし重くなってしもた。。。

しょうない作り直しや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

最新林檎電脳板お迎えやで

Pc0425

画像はアプリで書いた決意の書初め。

そんで早くも13日予定の2枚のうち最新林檎板iPsd Proを中古でお迎えしたんや。最初は来月大阪出たついでに心斎橋のApple Storeまでわざわざ買いに行くつもりやったん。

でもな、さきおとといふと見たSofmap.comで早くも中古あるやん。お値段はおNEWのタイムセールぐらい安なった程度で、星が5個やからポチしてん。

Pc0426 フイルムはかかってなく開封の儀は住んでるようやな。付属のケーブルはほどかれてないし電池の残量は70%台やから1・2度基盤に電気通しただけのようや。去年お迎えしたAirと比べてこんなに大きいんや。

お絵かきするには「林檎鉛筆」要る、これはさすがにAppleからやな、いまだに在庫追い付かずお楽しみは来月になるんやと。

Pc0427 今度もカバーは自作するんでカバーになるキーボードは要らん。OS何でものタブレット用キーボードある。でもこれは11インチまでや、横置きでは溝が短うてはまらん。

Pc0428

そこで100均材料のお出ましや。ダイソーで買うたスチレンボードをカット、下の支えとクッションに車のぶつかり緩和材を一筋分貼ってん。これを溝にはめて背板にするんや。

Pc0429

思い付きでちゃちゃっと作ったけど案外安定してるやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

絵のカラオケやわ -iPad Procreate編-

今度はProcreateでボブロス風景画を描くねん。

これは前のんより機能が多くブラシのカスタマイズが出来るんやで。Jot pxcel pointいで筆圧効くスタイラスペンでお気に入りのアプリやねん。

Howto0399 まずスティプルブラシを作るねん。最初に既存のブラシの中に不規則な点の描点があるか探す。ブラシ設定の[一般]のスタンプレビューで確認できるんや。でもなかったんでArtStudioから拝借や。

Howto0340既存の円ブラシを複製したんをカスタマイズや。

まず上で作って白黒反転した描点を読み込み、試し描きしんもて設定を根気よく調節するんや。使いやすいように名前を付けとく。

スティプルブラシは用途に応じて数種類作ったんや。

Howto0401

次は今度はグレイン画像で岩肌ナイフやで。グレイントはブラシと画面の間にあって絵の具の付き方をより複雑にコントロールする幕のようなもんやな。これを石の素材写真からArtStudioで作ったんや。

Howto0402 ナイフは硬いやろ、カリグラフィーブラシからカスタマイズやで。今度は描点、[シェイプソース]ではなく[グレインソース]に自作の画像を読み込むねん。

Howto0403

今回はブラシ作りにちと簡単とは行かんかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

絵のカラオケやわ -iPad ArtRage編-

今年のお正月はどっかに行くことなく家籠り、TVは撮りだめやお笑いばかりでつまらん。そんな時はスマートTVでYoutube、ボブロスの風景画の描き方動画をダダ流し。。。

80年代終わりごろ有名やったらしい、アフロのおじさんが描き方説明しながら30分で仕上げる素敵な風景画。同時期流行り始めたトールペイントでバラの描くのに躍起になってたんでうち知らんかったわ。

まあ描く対象は違うても色とレシピとスキルを誰でも描けるようにマニュアル化して再現と描けたを共有する趣味として同じやろう、言わば描くカラオケ。

でも動画通り誰でもとはいかんやろ。画面からちょっとしたコツを見出す眼力と油絵の具と筆の扱い方の経験が多少無いとあんなには描けんで、「簡単でしょ!」に突っ込み。そんでふと思た、デジタル経験に置き換えて再現したろ。そんでiPadアプリで描いてみたわけや。


ペインティングのアプリで定評のあるArtRageで描いてみるねん。

Howto0396 木の葉は筆先の絵の具をたたきつけるように描くステッピリングで描かれてるんや。これはオイルブラシの調整だけや。

Howto0397

山や地面はペインティングナイフの画面上のブレンド技。そんなナイフこのアプリには無いんでローラーとグリッターとぺナイフと消しゴム、そんでレイヤー使いの合わせ技や。

Howto0398

描けたやん、ほな簡単やろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧