« 量より早弁 -引っ越し編- | トップページ | 水冷ましから風冷まし -付け足し編- »

2017年9月 2日 (土)

水冷ましから風冷まし -交換編-

自作PCのええとこはお迎えした後もパーツをとっかえひっかえ長く使えることや。

Pc463

CPUの知恵熱を冷ます方法は今んところ3つや。そのうち媒体なしに電気で直に冷やすペルチェ素子は退けといて一般的に熱を運ぶ媒体に水か空気が使われとる。

Pc149

4年前の夏このPCを組んだ当時簡易水冷の出始めで目新しさとよう冷えるとのことで組み入れてん。ひとめぼれのAbeePCケースの前側にラジエーター入るやんで初自作でいきなり高価な水冷にしたった。しばらく満足はしとったんやけど。。。

案外ファンの音大きい。ファンの位置がうちの耳元に近いこともあって起動時、知恵熱上がった時の風斬り音が気になってきてな。

Pc465この際CPUクーラーを空冷式に交換することにしてん。

次のはファンの回転数を抑えたい。そんでラジエーターはケースに入る限り大きいんScythe 忍者四やで。生産終了品やけど在庫残りでお迎え出来た。

その巨大な手裏剣の重なりを箱に収めるんは難儀しやった。上の電源が控えとるんで先にファンのピンを差し込み下のグラボは外したんやけど。。。付属の長ーいドライバでのブリッジのネジ止めが。。。失敗するとネジがフィンに引っかかりよる。。。

Pc466 グリスにゴミ交じらんように慎重に外してはやり直し高校野球ひと試合かかってやっと。予定外に時間がって晩ごはんは惣菜で家族にゴメンや。

おまけにSSDの電源コネクタがファンに干渉しよる。上下後ろに付け替えられんこともないがやっぱり効率的なんは前付けやろう。

Pc467 そんでSSDの取り付け金具に自作のアダプターを両面テープで貼り付けてケース底のネジ穴で取り付けられるようにしたんやわ。

Pc468

少々お高いけど長いこと使い続けられる作りで助かったで。

|

« 量より早弁 -引っ越し編- | トップページ | 水冷ましから風冷まし -付け足し編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/65741584

この記事へのトラックバック一覧です: 水冷ましから風冷まし -交換編-:

« 量より早弁 -引っ越し編- | トップページ | 水冷ましから風冷まし -付け足し編- »