« 水冷ましから風冷まし -付け足し編- | トップページ

2017年9月 2日 (土)

水冷ましから風冷まし -検証編-

前の記事で外付けファンの上にTVPC取り付けた。

ほんま冷ましの効果あるやろか?

ファイナルファンタジーXIV「 紅蓮のリベレーター」のベンチを回しもって検証してみるで。

このASUS Vivomini UN65HのグラフィックはCoer i7 6700U内蔵のインテルグラフィックス520や。テストはある夏の朝の9:00前、気温は29度やな。

Pc471_2

はじめに外付けファン無しでの結果はスコアは3073で「やや快適」やった。最小の画面サイズ(1024X720)と設定で回してなんとかゲームが出来るみたいやな。終盤CPU Pacageが80℃に上がりそうとう熱なる。

次に40℃以下に冷めるんを待って外付けファンを回してのテストやで。

Pc472

スコアがの3544で「快適」や、思ったよりアップしたやん。最高温度は78℃に抑えられとるよってブレーキかからんかったんやろう。

そのままアイドリングでファンを回し続けたら7分程で30℃に冷めよる。空気の通り道に合わせた簡単空冷やのになかなか効果あるやん。

|

« 水冷ましから風冷まし -付け足し編- | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/65741838

この記事へのトラックバック一覧です: 水冷ましから風冷まし -検証編-:

« 水冷ましから風冷まし -付け足し編- | トップページ