« 帰って早くも次回の用意 その2 | トップページ | お迎え板の裏表 -お迎えと前面編- »

2017年3月13日 (月)

地で創るお人形の服

前はまんなかの子に付いて行き、そんで次はいちばんしたの子。

12日の京都ドルパでお人形の服を販売する手伝い、ここに出店してから再就職したいと言うてたんや。前の職場は舞台衣装の仕事やったんでお人形の服やってデザイン、パターン引きに縫製の腕があるんや。

それに行く前からお人形自作しとった。むこうで職についたらフルチョでお迎えしてコレクション増やしてるんやな。うちもかつてオリジナルのカントリードール作ってたん。ひょんなことから専門誌に載るぐらい凝ってた。まんなかの子はBlythe doll持ってるしこれは血筋と言うか環境なんかも知れんな。

Reach0221 そのいちばん下の子自体エスニック好みのおしゃれさん当然お人形やて民族風やで。9:00にデーラー受付口から入りコーディネート組んだ包みを並べて長机一つ分のお店が出来た。

初めてと値段と親子で接客苦手と不安と緊張して10:00の開場を迎えたらtwitterのフォロワーさんにいきなり!!

Reach0223

Reach0222

ドルパ会場で発表される新作の撮影も頼まれてんねや。

Reach0224

昼からちょっとお買い物とお茶会参加が落ち着いたところでひと回り。

Reach0225

Reach0226

ドールの嗜みやてサマザマや。フルサイズ機の頭にごっついデフューザー付きのフラッシュ付けた人形撮りの方々をちらほらお見受け、でもうちは子どもから「記録でええで」というんで会場の光を拾うだけの軽装備。

終わりには4組を残して予想以上結構売とう、エスニックはニッチなんやで。ふたりもて人形界のマライカ目指すでと意気込みだり満足たりで店じまいしてん。

|

« 帰って早くも次回の用意 その2 | トップページ | お迎え板の裏表 -お迎えと前面編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/65011714

この記事へのトラックバック一覧です: 地で創るお人形の服:

« 帰って早くも次回の用意 その2 | トップページ | お迎え板の裏表 -お迎えと前面編- »