« パフォーマンス撮影旅行 -静岡電気鉄道編- | トップページ | 帰って早くも次回の用意 その2 »

2016年11月22日 (火)

帰って早くも次回の用意 その1

出演したまんなかの子の雇われカメラで第25回静岡大道芸ワールドカップ行ったん。さすが日本で最大の大道芸のイベントや、フリンジ部門だけでも堪能したで。やけどちょっと撮影で心残りあるねん。予備バッテリー全部落としてもた、ナイトパフォーマンスをもうちょっとマシに撮りたいねん。

そんで来年も行くで!

  1. 投げ銭とわさび漬けに100円預金。
  2. ショルダー紐を取り付けられる折り畳みの踏み台を探す。
  3. 明るいズームレンズのお迎え。

Camera0070

現地ビジネスホテルのWi-Fi使て良さげなん押さえといたんはAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRやで。こんなら明るうてちょうどエエ画角やろう。

次はレンズ慣らしやで。最も近いところで市の園芸学習園やけど今回はニコンカレッジの猫カフェ撮影会、夜講座やからついでに夜の街撮りできるやん。

Camera0072

まず広くもなく遠くもなくで38㎜(57mm)で梅田スカイビルを撮ってみたんや。

Camera0073

次にこのレンズで最広く16mm(24mm)や。当然ビルは遠く担って斜めに傾く。うちは絵で風景描かん、ブログで行った場所を説明するんに撮るぐらい。でもこんなもんと覚えとこ。

Camera0071

JR大阪駅構内SutationCityでイルミネーションを3/1ずつ絞りもて撮影するで。

こんでレンズの準備運動終わり、次は慣らし本番猫カフェ撮影会や。

|

« パフォーマンス撮影旅行 -静岡電気鉄道編- | トップページ | 帰って早くも次回の用意 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/64529788

この記事へのトラックバック一覧です: 帰って早くも次回の用意 その1:

« パフォーマンス撮影旅行 -静岡電気鉄道編- | トップページ | 帰って早くも次回の用意 その2 »