« トールペイント事情定点観測 | トップページ | 大きいIPad Pro に貼っとく絵 »

2016年6月12日 (日)

乗り鉄が撮り鉄したいんやと

おととい10日はお出かけ。前はうちに付いてくだけのつれあい君やったけいつの間にか逆転でうちがおつきやねん。

今回行ったんは90歳を迎えられたばかりのエリザベス女王のお庭、キュー王立植物園所蔵の植物画を京都文化博物館でお借りしての展示会やで。

かつてグレート・ブリテンは日の沈まぬ国やった。船に乗ったプラントハンターたちが世界中の珍しい植物をお持ち帰り、コレクションして国力誇りたいんは人の性。出来たら持ち帰って自分の庭に植えて自慢したいが全部そうは行かん。当時は写真が発明されるずっと前、ボタニカルアートで記録したんやと。

それがやがて個人生活に広がり庭作り、アーツ・アンド・クラフツへと広がったんも紹介しとった。解説には無いが英国の児童文学にお庭は欠かせへんアイテムなんやわ。

そんでチケット一枚でこの日本の園芸文化のフロアーまで拝見出来てお得。

Reach0170今じゃこうして中庭にしつらえたイングリッシュガーデンを写真でお持ち帰り。花も回帰に合わせて終わりかけでええとこ撮りや。


帰りはお付き合いの乗り鉄、近鉄、西大寺で遠回り。

Reach0171 その途中桃山御陵前駅下車で立ち寄ったとこは澱川橋梁、宇治川をひとまたぎ古くて長い鉄のトラス橋を見に行く。それと京阪線と織りなすデルタ地帯をじみじみ確認したいやと。

Reach0172

この際連れ合い君は撮り鉄もしたいが初めや。うちがあらかじめ撮り鉄用に設定してカメラをお貸しする、にわか撮り鉄に夢中のご様子。80才のご橋体労るように特急もゆっくり走る、撮り鉄初心者に最適な撮影ポイントやな。

プログに乗せるんにこちらでトリミングしときました。

|

« トールペイント事情定点観測 | トップページ | 大きいIPad Pro に貼っとく絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/63767743

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り鉄が撮り鉄したいんやと:

« トールペイント事情定点観測 | トップページ | 大きいIPad Pro に貼っとく絵 »