« 殺し合いの大地 天空から見下ろす女 | トップページ | トールペイント事情定点観測 »

2016年4月26日 (火)

意味不明杉を笑うて捨てる

Illutration0066

先週の土曜日続けて連れ合い君と美術館、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展に行ったんや。

今まで壁は天井まで連れ合い君の児童書のコレクションで埋まる居間に埋もれてた。日曜美術館今週のギャラリーでこの伊丹市立美術館(5月15日までその後全国を巡回)であるんを知るまでは。

前のスーパーリアルで迫る生頼範義氏と同じで数多くの書籍やポスターの仕事をした人気作家さん。でもその絵の味わいは正反対。作品のほとんどがモノクロのペン画でブキミにオカシくジワジワ来るんや。。。

家をかき回す突然の来客、あっさり殺される不幸な子どもたち、どこから舞い降りて来るんか意味深な紙切れ。ビレッジバンガード好みの不条理ばかりやん。見かけもちょっとダークやけど受け取るもんは不思議と明るいんや。

人にいたずらして笑いをとるクラウニングに似ている、不思議と嫌味が残らん、不条理に遊び笑い飛ばす心地よさがあるんや。

そもそもうちら人間が地球上ではわけわからんもんやし、ツギツギと襲ってくるわけわからんを身に受けて生きている。今はもっと分からん人工知能を作り出して自らの仕事を奪うとかで騒いでいるんやから。

見かけ明るい顔して近寄ってくる「理」は自らの有用のしきい値を上げ、理解出来る範囲は狭くさせて辛いもんがある。それを中和させるに無用のナンセンスが求められるやろうか。


その帰りの途中JR元町駅から商店街へ抜ける通りでインフォラータをしてたん、ゴールデンウィークはすぐそこや。

Reach0169

もとはといえばこれも神戸ルミナリエと同じ震災後の魂鎮めと賑わいを取り戻すためにはじめられたんやと。急きょ熊本の震災を慮るものになってた。人は自然の不条理に翻弄され、そして落ち着いた頃お祭りをする。これも心のバランス取り戻すためやろな。

|

« 殺し合いの大地 天空から見下ろす女 | トップページ | トールペイント事情定点観測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/63538897

この記事へのトラックバック一覧です: 意味不明杉を笑うて捨てる:

« 殺し合いの大地 天空から見下ろす女 | トップページ | トールペイント事情定点観測 »