« 重いレンズでなん撮るねん -ゲネプロ編- | トップページ | 重いレンズでなん撮るねん -その後編- »

2016年4月14日 (木)

重いレンズでなん撮るねん -本番編-

開演10分前には楽屋からホアイエに出るドアがロックされると言うんで早めに出てスタンバイや。お昼時予備電池は壁のこっそり見つけたコンセントに充電してある。ゲネプロで決めておいた三脚の立ち位置は補強で借りた養生テープで床にこっそりしるしつけてんねや。舞台の立ち位置に蓄光テープ貼るやん。

Camera0035

そんでこのG・E-JAPANの大師匠、白井先生がおっしゃるにはフルサイズ80~260mm APS-C換算120~400mmの間せいぜいバストショットでええ。

Camera0036 せっかくアップ撮れると連れ合い君がえらく張り切って資金出してくれたんやのに。。。ちとがっくり。

いよいよオーバースペックのレンズと練習不足、フツフツとした思いを抱いたまま開演突入してもた。

自分が出来る可能な限り動きを止めて撮りたいねん。明るくは出来てないレンズやしノイズはフォトショで取れるやしでISOは6400。スピード優先で場面に応じて1/120~260の間、フォーカスはAF-C 9・16点で追ってみた。そんでD-ライディングは強めに設定や。

Camera0037

Nikon D7100にAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR を突っ込でみると。。。お、ジャグリング中のクラブが止まって写ってるやん。後で知ったんやがこれはAF最速、下手で撮ってもビシバシフォーカス当たる。

Camera0038

とうとうわけ分からんままフィナーレになってもた。

その場で撮ったデーターを渡すつもりで機材といっしょにSurface入れといた。いったん芸文を出て近くにあった家電量販店で調達したSDカードにコピー移してん。

後この600枚近くの写真の評価と使いみちはどうなるんやろ。でもなんとかお役目果たせたんや。これから重い機材は楽屋から受付に預かり移して後で来る連れ合いくんとよる公演をお客で観られる。

ほんで写真みるんならこっちや。

|

« 重いレンズでなん撮るねん -ゲネプロ編- | トップページ | 重いレンズでなん撮るねん -その後編- »

コメント

モデリングの説明は難しい
何度書き直すうちに次の段階前に行く前に側面に出来た三角形の底辺にポイント足すのが抜けてたようで。。。
説明不足でゴメンな。

途中で足すより最初から20角形を掃引するほうがモデリングしやすいやろう。

20角形上のポイントに番号付けるとして

上は
1 (2 3 4)5 (6 7 8)9 (10 11 12)13 (14 15 16)17 (18 19 20)

下は
(20 1 2) 3 (4 5 6) 7 (8 9 10) 11 (12 13 14) 15 (16 17 18) 19

括弧のポイントを一点にまとめる。

これで伝わったらええんやけど。。。

投稿: ひとみ | 2016年5月12日 (木) 22時28分

こんばんは。

SHADEで作成の朝顔について教えてください。
15角形を掃引するまでは理解できたのですが”上の円のポイントはひとつ飛びでふたつを[一点に収束]、下の円は3つずつまとめてくんや。”というところがSHADE初心者でなかなか理解できないのです。
1)上の円のポイントとはどこを指すのでしょう?
2)下の円は1点に収束を繰り返すのでしょうか?
まず、この2つについてお願いします。

投稿: 泉宮幸司 | 2016年5月11日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/63484426

この記事へのトラックバック一覧です: 重いレンズでなん撮るねん -本番編-:

« 重いレンズでなん撮るねん -ゲネプロ編- | トップページ | 重いレンズでなん撮るねん -その後編- »