« 林檎大板ケースを作る -うまく行かん編- | トップページ | プロクリブラシのお引越し »

2016年2月 9日 (火)

林檎大板ケースを作る -やり直し編-

ああやり直しや。

Handcraft0203

スプレーボンドで貼ってしもて絵を剥がせん、描き直すにも用紙が無い。そこで100均のB4黒3枚入りの黒厚紙に水性黒板ペイント塗って作ったんや。ローラーでエッグシェル仕立て、こうするとさらにオイルパステルの色乗りが良うなるんや。ちなみにローラーはカーテン金具をまげの自作やで。

Handcraft0204 オイルパステルを乗せる前にハイライトのある下絵を白のダーマトグラフで描いとくねん。より発色と立体感のある絵になるんや。今まで同じ図案で3枚も描いた分ムダにはせん。

実は前のはニスが古すぎて白濁、それならと貼り付け兼用ペーパー用デコパージュのニスを使ったんやけど接着力不足で剥がれ。。。

Handcraft0205 今まで使うてた水性やけど油絵の具の上に塗れるニスを3度塗り。今回フィクサチーフ無しでも最初のひと塗りそっとすれば絵を壊すことなく塗れたで。

Handcraft0206 大阪お出かけを待ってニス買うて塗った次に100均のリネン柄のシートを張るんや。綴じ穴をひとつづつ手と根気とやすりできれいにするんや。液晶側にはグルーガンでフェルトを貼ってん。

Handcraft0207 いよいよご本体を下敷き熱曲げのホルダー介して張り付けるで。

Handcraft0208

なんか今回はことが上手く進まんのや。カットに失敗したんはもったいないし前に作ったのは古くなったのでAir用に作ってん。

Handcraft0209

表紙がちょっと反ってしまう。黒綿棒の軸、メタルビーズ、合皮、ビーズ通しの細ゴムで「止め」を作り足したん。これで林檎鉛筆とめ置くことも出来んな。

|

« 林檎大板ケースを作る -うまく行かん編- | トップページ | プロクリブラシのお引越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/63184634

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎大板ケースを作る -やり直し編-:

« 林檎大板ケースを作る -うまく行かん編- | トップページ | プロクリブラシのお引越し »