« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の記事

2015年9月29日 (火)

早めにやっとこお猿のシェイプアート -その2-

今回は前の記事で作ったお猿の顔の応用編。これを参考に自分なりにオブジェクトの入れ替えてオリジナル度アップデート。やり直しきくんがデジタルの利点や、これを参考に自分らしさに怖じけず挑んで欲しい。

Shapeart0054

片目ウインク
まぶた
基本図形:
線: 無し
塗り: ユーザー定義: R 240、G 146、B 82
基本図形: 円弧
線: 黒 0 2p 線の先端: 丸
☆まぶたの月下の凹んだ方に目の線を重ねる。
開いた口
基本図形: 円/楕円
線: オレンジ 4 太さ: 1.75 p
塗り: オレンジ 3
基本図形: 円/楕円
線: 無し
塗り: オレンジ 4
☆口の上に舌を重ねる。

Shapeart0055

目に線: 黒 太さ太さ: 1.75 p 線の両端: の一本まつげ、前髪を基本図形:雲に入れ替えや。さらにお花で女の子やね。

Shapeart0056

上に顔を出して星とリボン:下リボン基本図形:円弧 線:太さ14p 終止点: 中サイズ丸 の手に持たせる。リボンの中に年号入れて年賀状に使えるやん。でも75pの大文字は入らん。。。上に塗り・線: 無しのテキストボックスに入れた文字を重ねてん。

Shapeart0057

もうちょっと手間、まずフロチャート:表示 基本図形:大かっこ 線:太さ14p 開始点/終止点: 中サイズ丸を重ね 基本図形:円弧 線:太さ14p 塗り: 無し 色: ミカンのヒモを持たせるねん。両端は同じ色の線:曲線コネクタ

Shapeart0058

その上にワードアートの文字を重ねてみたで。

顔だけでも使いよう。次回は体を描き足してみよかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めにやっとこお猿のシェイプアート -その1-

前振りが長なった。。。ここから本番、今回は顔の作り方や。お猿はうちらホモ・サピエンスに近いだけあって顔だけで様になるんやな。

うちのポリシーは最初からある図形とテーマの色を出来るだけ使い頂点の変形やグラデーションやら効果は最小限にしたいねん。初心者向けの図案作るは簡単なほど難しいもんないで。

Shapeart0059 注〉今回から色指定の表記を 「基本色+○%」から分かりやすいやろうかと明るい方からの番号に変えたん。上の列は”0”やな。

下の標準の色は右から

濃赤--ミカン--黄緑--シアン-青--

にしとこか。

Shapeart0053

ほな作り方下にあるオブジェクトから順に紹介や。

基本図形: 円/楕円
線: ゴールド 3 太さ: 8 p
塗り: オレンジ 3
☆やや傾けて反転複製、上下を合わせる。
ベース
基本図形: 円/楕円
線: ゴールド  5 太さ:20 p
塗り: オレンジ  2
☆耳をコピペして拡大、塗りと線の太さを変更し耳が覗くようにその上に。
ハート部分
基本図形: ハート
線: 無し
塗り: オレンジ 3
☆ベースの上に重ねる。
前髪
線: 無し
基本図形:
塗り: ゴールド 5
☆月ふたつを重ねて顔のベースの線の上端。
ほほ
基本図形: 円/楕円
線: 無し
塗り: ユーザー定義: R 240、G 146、B 82
☆ハートの下側両脇に少し重ねて。
口先
ベース
基本図形: 円/楕円
線: 無し
塗り: オレンジ 2
☆顔の下ベースの線に半分かかる。
はな
基本図形: 円/楕円
線: 無し
<塗り: ゴールド 5
☆口先の上辺に小さな楕円を乗せる。
くち
基本図形: 大かっこ
線: オレンジ 4 太さ: 2.75p
塗り: 無し
☆半円に変形、せんの両端は[丸]にする。
基本図形: 円/楕円
線色: 無し
塗り: 黒 0 / 白 0
☆縦長の楕円の黒目にハイライトの小さい白丸を重ねる。

次はこの顔の応用してみるんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

早めにやっとこお猿のシェイプアート -そん前の2-

うちでは Illustrator が文書作成用 Wordはお楽しみのお絵かき用やねん。ソフトやって周辺機器に続き道具だけのことやん。使うて現す物事は自分にある。外に習うは最初だけで作るに決まりはないやん。現状ほぼお絵かき専用に Word そのもんをカスタマイズや。

Pc0397

2013で後から自分なりのメニューを集めてタブが作れんで。リボン状で右クリックで[リボンのユーザー設定…]で出てくるボックスの右の道具箱に図形に関わる機能を入れてくんや。

Pc0398

こんで Cintiq の設定と合わせてさらに快適にシェイプアート出来るかと思うたら。。。オブジェクトを作ったり、いじる度にタッチキーボードが持ち上がりうざい。どうやら他のタッチ機能付きのPCである不具合なんやと。

Pc0399 調べるとマウス操作モードでの現象やとタッチモードで抑えられる。そんでクイックアクセスバーに[タッチ切り替え]を置いて切り替えや。

Pc0400

ほとんど文字打ちすること無いんやけどキーボードは欲しいで。Cinteq EK Remote で呼び出せんかいな。。。

そんで windows 内[C:\WINDOWS\system32]に隠れてるWin7からのスクリーンキーボード[osk.exe]を起動させるようにしたんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めにやっとこお猿のシェイプアート -そん前の1-

思えば今年も100日残ってないんや。そんで来年2016年の干支「さる」のシェイプアートの紹介やで。もちろん個人、PCサークル等での使用OK。作者のうちは後画像検索、どうパクられてるんか楽しみやで。

今まで世間に習いマウスで使ってきたんやけど今回は WOCOM Cintiq 27qhd でする。Word用に初めて使うためにカスタマイズや。

Pc0394

まず手持ちで使うExpressKey Remoteからやで。他のソフトと出来るだけ関連するように設定したんやわ。それとWin10 の新機能、仮想デスクトップの切り替え出来るようにしたで。

Pc0396

ペンのサイドスイッチはIntuos から引き継いでほとんどのソフトにはペン先側はCtrl、手前がデフォルトの右クリック、イラレだけはaltキーにしてる。

でもWordは曲者でオブジェクトの設定をその場で呼び出せる右クリックで最も使うんや、Ctrlは殆ど使わん。そんでペン先側のサイドスイッチを右クリック、次によく使うShiftを割り当ててん。

そんでわざわざ27インチもある大型液晶ペンタブレットでするシェイプアートは。。。

ペン先からオブジェクトにこんなにも素直に操作が伝わりほんと使いやすい、さすがお値打やん。でもまあこれに使てるんうちだけやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

Photoshop Age

Reach0154 先週のことなんやけど

京都市美術館

マグリット展に行ってったん。

連れ合い君と行こうとローソンで買うた前売り券使わな。この日あいにくの雨模様、そんでうちは秋バテの腰痛が残ってる。でもシルバーワークの人では避けたいで、ちと無理してお出かけしたんや。

着いたらなんか様子が違う。。。マグリット展は左側半館半分、右半分は風俗画の名品を集めてのルーブル美術展なんやな。何十年とここには通ってるがこんなん初めてや。

Reach0153 グルっと回ってまん中で鉢合わせ中央のショップにご案内になってた。

やっぱりシュールな絵を前にして悩むより周知の現実を的絵を確認するほうが楽やん。向こうのほうが倍人多いで。

こっちやってこの時代切り貼りで面白みを描くにしても手描き、現実の真を捉えた描写駆使してるんや。今やパーソナルコンピューターなるもんにフォトショを入れて誰でもこのオバちゃんやて出来るんやわ。

ありきたりを小粋な妙味に変えるはこの人が根源、他のシュールリアリストにくらべりゃ分かりやすい。知らずにどっかで見知っていてこっそり借用してるんや。そのありさまをあの青空にふわりと浮かぶ綿雲の上から覗いてはほくそ笑んでるかも知れんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

PC部屋の座椅子直し

前の記事にあるようにデジタルもんは座卓の上、もちろん床に座って操作することになる。なにもなしで長時間座ると肩腰に負担になるから座椅子や。粟島で子どもと海村留学してた時通販生活で買うた。

Handcraft0165

それから10年以上経つねん。通販生活に問い合わせたら中綿を有料で取り替え出来るらしいがヘタったそのまま、上に低反発クション置いてるぐらいで使い続けてた。カバー汚いしファスナー壊れとるしそこの山崎ミシン買うたとこやしこの際自前で直そ。

Handcraft0166 背もたれのヘタって減った分は手芸店にあるクッション材を厚みに裂いてしつけ糸で止めつたん。前に綿入れ半天直した時と同じやな。さらにニット生地を形に縫って被せたん。座面は今まで置いただけやった低反発クッションの中身のウレタンを入れ込むことにする。

カバーを新しく作らな。クッションと同時に特売で厚手のニット生地を500円で買うた。そんで前の剥がしたカバーを解いたんをもとに型紙を起こし、ミシンで中合わせで塗って作る。前の同じに包んでファスナーやと作るんにややこしい。袋にして端はルーズに入れ込むことにしたルーズ座面が厚くなった分勘で足すねん。多少型紙ズレてもニットの伸び縮みでなんとかなるやろ。

Handcraft0167 空いた袋の口を止めるんに面ファスナー鍵棘の方だけ縫い付け。やや起毛してる生地やから相手のループ側は無うても止まるんや。

Handcraft0168

もとは高かっただけあって中の骨は丈夫、こうして直してまだまだ使うんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭いとこで使えるもん

半年前液タブの大きさには迷ってたんや。腕で描くスロトークワークには大きい方ええ、だけど机においてどうなんか分からん。連れ合い君の後押しでエイっと27インチのデカイのをお迎えしてもた。

もともとこれはうちがペイントのお教室を始める時連れ合い君が作った2台の座机のひとつもとから描きやすいよう広く作ってある。ひと月前ヨドバシで実機をお試しに行った時持って帰ったカタログにあるサイズで測ってみるとまあ置ける。

Pc0391

ポスティングデバイス左手で使う、そんほうが何かと便利やから。メインモニター使う時液タブ使う時いちいちトラックボールマウスを移動させてたんやが面倒や。そんでメインモニター用にふつうのマウス、でもキーボードと液タブの間は操作には狭すぎる。。。

そんならメインPCがWin10になったしタッチパッドや。それもオサレなガラス製、ドスパラに置いてある。販売開始2・3日で売り切れた人気の品やからあるうちにポチしとかな。

Pc0392 手にすると思ってたより案外大きいで。PC本体へはmicroUSBの有線接続するとガラスの縁が光るど。タッチすると青に変化するギミック付きでサイバー気分、点いたままか思うてたがしばらくほっとくと自動で消えた。

Pc0393

Surfeceはほとんどタッチパッドで操作するんで慣れてる。それよりは数倍大きい面で使いやすいで。でもガラスやから残した指紋も光る。操作履歴隠滅にこまめに拭き取らんとあかんな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

試しに書き味 あえて手書き

WACOM Cintiq 27qhdをお迎えしてしもた。セットにフイルム貼り済んだら使わねばならん。

まずは筆圧や。精度が形に現れやすいハンドレタリングでお試し、お手本はレタリングマスターやで。

Howto0383

使うグラフィックソフトはPainter 12、うちの手持ちで試した中で最も筆らしいもんな。使うんはベタ塗りペンを30%平たく潰し角度をつけた平筆風、ペンの芯は多少筆圧の幅広げるバネ入りストローク芯に替える。

Howto0384 これは筆の押し抜きの筆圧でコントロールで描かれる文字のエレメント、これらをつなぎあわせ文字にするんはアナログと同じやで。うち筆書きPOPとトールで鍛えられた腕あるんがありがたいな。でもいきなりは無理、ちょっと準備運動しとこ。

Howto0385

ガイドラインを引いた用紙に角度をキープしながらストロークを重ねていくねん。アルファベットにかぎらず線の間を均等を意識するとキレイに見える。

Howto0386

繋ぎのひげが付く分難しゅうなる。。。

Howto0387 厚み100%の丸筆で違うスタイル。うち今月誕生日や、これちょっと先取りの自分へのご褒美やな。

やっぱり画面直にはスラスラ書きよいわ。ハンドレタリングは線は肩と腕、手先は筆圧で描いてくんや。27インチの大画面はおもいっきり腕振り回せて気持ちがええ。でもリアルは筆の腰と絵の具の粘りで形のブレが抑えられるんやけどバーチャルやとそれが無い。より腕が求められる。

Howto0388

お手本通りにひと綴り書いて

Illutration0053

Artregeで描いたイケてるおじさまの背景に使うん。ものは違えど身の程知らずの大型お迎えするんは同じやで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

風邪ニモマケズ、猫の毛ニモマケズ

コウユフモノニ ワタシハ貼リタイ。

最初微妙に色変わりするしええかな思うてたん。でもうちのネコが設置直ぐさま液晶の上を歩いて行くし。。。ヒヤヒヤするんなら液晶保護フィルム貼っとこ。

Cintiq 27QHDリリースされて半年、それ用保護フィルムを探したが見つからん。そこで最初27インチ液晶モニターあたり探したんやが待てよ。器用なうちやけどこれだけは苦手や、12インチのSurface 2枚使てもた。。。

Pc0385 ぴったり貼るんが出来ん。。。そんならこれコントローラー置く幅の縁あるやんズレても液晶画面をカバーできる大きめや。居間に置いてる32インチREGZA用をamazonで買うたん。

Pc0386

そのまま貼るも中途半端に縁にかかるんで

Pc0387

1センチの貼り代をとって余分をカッターで切ったん。切れ端は何かに使えるやろで置いとこ。

Pc0388

失敗したら5500円のプレッシャーでガンバった。でもカッターで切った端、浮いて空気を追い出せんのが気になってしょうない。。。

Pc0389

そんでコクヨのマイクロギザ刃のこのはさみ

Pc0390

端を2ミリ切り戻しや。荷造りテープで再び浮かせては真っ直ぐは切れん、だが空気は抜けた。

この方がマシや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »