« ハウステンボス夜景撮り | トップページ | モニターを後ろに置きたい長机 -作る編- »

2015年4月19日 (日)

帰りは乗り鉄の旅

そんでハウステンボスを出たんは閉園の22:00、お泊りは駅チカ徒歩一分のローレライ。翌日早よ起きて露天の朝風呂、中国からお越しのオバちゃんようしゃべるな。ハウステンボスは隣の国からのお客も多いんやわ。

予定より早くチェックアウト、電車到着のアナウンスで子どもとの見送りすっぽかして長崎行き8:10発シーサイドライナーに飛び乗ってしもた、昨夜約束したのにごめんやで。

Reach0126 この日は帰りがてら連れ合い君のお付き合いで乗り鉄の旅や。行きし特急みどりのライトのサビ隠し、テープにペンキ塗ったんを面白がってた。

今日はスッキリ晴れて風もなくベタ凪、結構海岸近くで箱メガネで覗いて漁してるんや。何獲ってるんやろ。

Reach0127

諫早で信号待ちむこうには白くないつばめ。

Reach0128

快速で行ったんで1時間滞在時間が増えたやん。

Reach0130

行き先無しで路面電車に乗るんや。

Reach0129

名盤を見ると昭和37年製。乗り鉄は運転台のレトロなブレーキにスイッチ類、内装のビスの位置に形状、台座や空圧ブレーキのコンプレッサーから伝わる振動に音まで微細に愛でるんや。

うちの連れ合い君は乗り鉄が講じて昔アルナ工機(現アルナ車両)で設計してたん。宝塚衣裳フリークのうちの子がハウステンボス歌劇団の衣裳部に就職したのと同じ、好きが講じて仕事になった。

Reach0131

途中車庫に本社建物あれば降りてホームから眺める。駅から外に出ん、それが乗り鉄の作法なんやな。

Reach0132

でもイロイロあって今は別の職や。これはその後導入されたリトルダンサー、ほんとはこれの連結部に立ってて急カーブを体験したかったんやと。

Reach0133 次に乗りに行くんは筑豊電鉄や、まず博多まで白いので行く。

Reach0134

そんで旅の楽しみ駅ビルで鯨カツ弁当と彼杵(そのぎ)茶買うた。

すり身文化長崎の食パンで巻いて揚げたハトシを近くで売ってるやん。数ヶ月前うちが行ってるコープさんの九州物産市で気になってたん。

Reach0135

博多から直方に行き筑豊直方に乗り換えや。小さい終点駅が結構歩く距離に離れて突然あるんはうちにとって珍風景や。この車両が転職する前の最後の仕事、試運転にしばらく行ってたん覚えてるわ。納品した時そのままの塗装が連れ合い君にとって懐かしく嬉しいんやな。

後は黒崎から小倉、18:00発大阪行きのさくらで姫路乗り換で帰ってん。

|

« ハウステンボス夜景撮り | トップページ | モニターを後ろに置きたい長机 -作る編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/61463419

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りは乗り鉄の旅:

« ハウステンボス夜景撮り | トップページ | モニターを後ろに置きたい長机 -作る編- »