« 身の丈ほどの暮らし館 | トップページ | 開けての掃除 »

2014年12月13日 (土)

エンタメでアート何や

Reach0092

前の展示は子どもといっしょに行ったな。また連れ合い君が行くと言う。そんでのおととい11日、美術館、神戸県立美術館で28日まで開催中のだまし絵や。

Reach0091

あれから4年経ったやろか今はお出かけは二人だけ、子どもたちが夢に沿う仕事に就くため家を出たんや。

前は夏休みの終わり頃で子どもが多かった、今回平日やけど学校から来た子どもたちを多く見た。かしこまった絵を分かったフリして見せられるんうちやってややもん、おもろいほうがええやろ?

数日前「だまし絵は芸術で無い」とのツイートを見たん。うちにとってアートに有・無名、有・無用、器・不器用などで区分けするもんちゃうん。外からインプットされて自身の生き様で処理し出力されたもんすべてやと思ってるねん。

もひとつ言うと自分にとって「有」にかられ過ぎるんはう~んとなる。だから日展、院展の類は苦手。。。

だまし絵は見てるものをからかう。でも相手を下に落とし優位を押し付けるいじわるではないで。クラウンがヘマやちょっかいで周りの変に気付かせて笑いにするよなアートの仕業のひとつなんや。だからアートの中に入れたれや。

|

« 身の丈ほどの暮らし館 | トップページ | 開けての掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60805828

この記事へのトラックバック一覧です: エンタメでアート何や:

« 身の丈ほどの暮らし館 | トップページ | 開けての掃除 »