« 踏み台の確かなところ | トップページ | 林檎の筆ペン -Photoshop Skech編- »

2014年11月20日 (木)

林檎の筆ペン -買うた壊れてた編-

iPadお迎えしたんはお絵かきするため、次はそれに見合うペンもや。ここ1年辺Bluetooth筆圧情報をタブレット本体に送る静電式のペンが出てきた。1日ずっとYoutubeのレビュー見てたん。動画に映らんところは京都の帰りヨドバシに寄ってみた。

そこではWacom Intuos Creative Stylus 2があってん、Banboo Paperに試用描いてみた。ペン先と描点がかなりずれる。Surfeceを選んだのも描点のズレを調整されとるからや。ストロークワークで描くためには筆圧感度よりズレの程度が使い勝手に応えるやわ。抜き良うするため筆圧半分以下にする、段階数が60以下になってしもても案外ガタつきが目立つことは無い。うちにとってはずれる方がアカンのや。

Pc0276

そんでAdonitや。先っぽのディスク曲者やけどProで使い慣れとるしその筆圧ある Adonit Jot Touth 4や。型落ちやからちと安うなってるし対応アプリ多いやろ。HDD売ったポイント足して注文したんやけど。。。

肝心の筆圧かからんやん。ガンバっても糸ミミズのままででうちの畑のミミズに成らず終いや。うちはなんでかあたりの多い初期不良、慣れたもんでタンタンとキャンセル手続き。。。

Pc0275

取引おじゃんになったお知らせのメールとサイトでポイントの返金を確認した後に買い直し。前日子どもの母校の作品展に行ったついでに店に寄ってみてこっちに気が移ってしもうて

結局うち決め手は見かけなんや。。。

今度は筆圧壊れて無うて良かった、そんで次は試し描きや。

|

« 踏み台の確かなところ | トップページ | 林檎の筆ペン -Photoshop Skech編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60685939

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎の筆ペン -買うた壊れてた編-:

« 踏み台の確かなところ | トップページ | 林檎の筆ペン -Photoshop Skech編- »