« やや早めの久しぶり羊の切り紙 | トップページ | 平板電脳の表面 -待遇編- »

2014年10月 4日 (土)

熱して諦めへん

Surfece Pro 3、静電誘導方式止めてデジタイザペンで手を付けて描くんはええ。でも如何せん横使いすると右にスタートボタンが来る、そこに触れるとスタート画面が起動してまう。。。そこで商品バッケージのプラ版でボタンカバーを作ってん。でもちょっと頼りない、クリップが弱い。そこでもうちょっと分厚いプラ版のようなもん無いかと100均で探したんやけど無いし。。。

そやあるある、今は壊れてないPCの修復ディスクやら外付けHDD付きのNASに移行してるのにあんのに無駄なバックアップCDやら捨ててもええんがようけある。このケース切りちゃんこに出来るやん。

Pc0247

はさみで切れるは切れるんやけど亀裂が入ってとても。。。糸鋸盤を出す程でも無し。切る前に養生としるし付けのために両面にマスキングテープ貼ってバイスに挟みブラ鋸でジコジコ切る。そのまま熱したらマスキングテープの糊が取れんようになるんで剥がしとこ。

Pc0248 それを木型に挟んで熱をかけて柔なった時を見計らって曲げるんや。木型言うても押し入れから探しだした木っ端。Surfeceは端が斜め、同じにナイフで削ったんや。厚紙で厚みを足してる、この厚みがクリップ力の元になる。

Pc0250 素材が分厚くなったので加熱する道具は前より強力、車の内装に息子が買ったらしいガンヒーターや。うちの押し入れは何でも揃てる、ホームセンターに負けてないかも。

Pc0249

写真のように曲げたい位置に切り出したブラ板をはさみ、変形しないようにじわじわと加熱やで。このようになるまですでに数枚失敗してるんや。

Pc0251

裏返してはさみ直し再加熱でもうひと曲げ。加熱し過ぎで曲がったり、反対に折れてしまったりでなかなかうまく出来ん。。。でも失敗から改善のヒントを読み取りケース3枚めバーツ切り出し11枚めで多少歪んだけどやっと出来た !!

Pc0252

次に厚紙なしの木型にはめてもうひと加熱のひと押し、これで本体にクリップして外れ難くなる。切り端は熱で多少滑らかになるんやけどもっと滑らかにヤスリがけ。イヤホンジャックは出っ張るんでこれで石を付けることに決めてストラップ紐通す穴を開けたんや。

|

« やや早めの久しぶり羊の切り紙 | トップページ | 平板電脳の表面 -待遇編- »

コメント

コメント入ってたん気が付かんかった、
ゴメン。
でも曲がりに不満
改良の余地ありで
次の記事で作りなおしたんや。
みんな出来ることにガンバらない
自分のことにガンバる
こっちのほうが楽しいし実になんの。

投稿: ひとみ | 2014年10月 9日 (木) 15時58分

成功おめでとう~
ひとみさん、もうプラ職人さんですねー
完成した時の嬉しさは格別だったでしょう(^^)
石のストラップがひとみさんらしい~

投稿: カントリーおばさん | 2014年10月 5日 (日) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60422141

この記事へのトラックバック一覧です: 熱して諦めへん:

« やや早めの久しぶり羊の切り紙 | トップページ | 平板電脳の表面 -待遇編- »