« 平板電脳の林檎 -ケース編その2- | トップページ | モヤモヤしているイギリス絵画 »

2014年10月30日 (木)

平板電脳の林檎 -ケース編その3-

次は裏表の各表紙を作んで。張り合わせた厚紙に型紙通りに切り出しや。穴開けはパンチャーを印位置に正確に合すために底蓋を外し逆さで使うんや。カメラ穴も両方に開けとこ。

Pc0268

ほとんど隠れてしまうけど裏表紙に面白したいで。雑誌の切り抜きでデコパージュ、最近盛り返してる。糊買うてたんや。タブレットの写真でそんで貼って埋めてニスで塗り固めてしまう。乾いたら端を裁ち落しやで。デコパで塞がった穴も開けてヤスリで整えるんや。

Pc0269

100均の下敷きから作った自作ホルダーを両面テープで貼り付けるで。養生に貼ってたマスキングフィルムを剥がしご本体に仮装着した状態で裏表紙に貼り付けるんや。

表紙は裏にコルクシートをグルーガンで貼り付けたった。蓋が止まる位置に磁石とカメラ穴塞ぎに端革も貼っとこ。

Pc0270 表紙はチョークボードや。

はじめ100均のボードマーカーでやったんやけど買ったマーカーの顔料が固まってるんか白が出てこん。。。オイルパステルに変えて描いた。昔のPOPの仕事してて手書き文字書きはプロやで。絵描くんもプロやったっけ。普通オイルパステルのチョークアートでは指で色の間をこすってなじませる。ここでは図柄が細かいんで綿棒でブレンドした。

Pc0271色止めにフィクサチーフをスプレーや。それが乾いたらトールペイント用のサテンニスで3回乾いては塗りのコーディング。

トールもプロ講師の資格と資材にイロイロ持ってるねん。

Pc0272

ダメ押しのドライヤーでニスを乾かして市販のルーズリーフで綴じたら完成やで。うち書けても綴りには自信がない雰囲気でこらえてな。

Pc0273

表紙を裏に回して立てて使えるようにしてんねや。

裏表両方にカメラ穴開けたんはこのまま閉じても撮影するため。仮組みでテスト撮影でケラれた(写真角端に陰の映り込み)。そこで表紙の穴はルーターで削ってケラれる分大きくせなアカンかった。

 

|

« 平板電脳の林檎 -ケース編その2- | トップページ | モヤモヤしているイギリス絵画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60568664

この記事へのトラックバック一覧です: 平板電脳の林檎 -ケース編その3-:

« 平板電脳の林檎 -ケース編その2- | トップページ | モヤモヤしているイギリス絵画 »