« ペンのトレース再練習や | トップページ | 早めにやっとこシェイプアートで羊 その1 »

2014年9月 6日 (土)

手作り移り変わり

Handcraft0102

Handcraft0103

大阪抹茶町筋にあるマイドーム大阪の9月の第一週金・土は大阪手づくりフェアや。今日は京都の帰りタイムアウトで残った昼得切符あるんで行ってん。

うち手を変え品を変えながーく手芸をしてる。毎年は行かんのやけどこのイベントにもなが~いお付き合いになってるんや。

今回は3年ほど開いてどないなってる? 各階の構成が変わってる。

3階    メーカー・手芸店商品紹介と体験セミナー
    展示イベントブース
2階    サークル・個人参加での販売とミニ講習
1階    手芸材料とファッショングッズ等の特売

前は1階で長机ごとの小さいブース、2階でイベントやって2・3階でメーカーや特売混じってたっけ、まとめたんや。創作の参考にとブースの商品や作品展示見て回る人、ミニセミナーを受ける人のごった返し度は変わらへん。

トールのブース無うなってもた、うちも描かん。ここ数年は紫外線硬化でさまざまなもんを封じ込めた飾りもんのレジンやな。トレンドはお絵かきでオーブンで焼いて縮めるプラ版との合わせ技やねんて。

それと近いところでプリントを切って再構成するデコバージュが扱いやすい水性ニスや溶剤に変えて復活や。ペイント知る前は紙に描いた自分の絵をデコバしてたん。別の場所で体験セミナーしたチョークアートが進出してる。名前は知らん、シリコンゴム輪をリリアン式に編んで作る手芸はアメリカのセレブで流行ってるとTVで見たとこや。

手芸と言うんは先に出来上がった作例とレシビが用意されてるん、表現よりは技術の再現が大事や。前は難しい技獲得、行使したかを競うところもあったんやけど今は簡単で見栄するがトレンドやねん。デジタルもPCからお手軽なタブレットへと人は流れる。

Handcraft0104

そんな手芸の移り変わりに関わらず手編みは手堅い。ステージでメーカー提供の手編み作品のファッションショーに出くわした。モデルは大阪芸大の若いダンサーさんたちストーリーのある振付で作品を演出、なかなか構成と振りが良かったで。まんなかの子は場フォーマーでダンスはするし下の子は夢を叶えて舞台衣装作ってる。うちは技を教えたことないけど長年手作りしる影響があったんやろうと思うて見てたんや。

Handcraft0105

そして今日の戦利品。カメラのスカーフリングストラップにと丸カンとレジンの外枠、量り売りの端革や。うちこれで試したいアイデアがあってハードタイプの硬化剤もこの際買うて来た。

ついでに帰りに紀伊國屋書店に寄ってゼンタングルの本も。ペーバークイリングはあっても全くお見かけしなかったで。かつてのペイントのように手芸に入り込んで来るか来ないんかどうなるんやろ。

|

« ペンのトレース再練習や | トップページ | 早めにやっとこシェイプアートで羊 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60272500

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り移り変わり:

« ペンのトレース再練習や | トップページ | 早めにやっとこシェイプアートで羊 その1 »