« Surfacepenでタングル試しに描いてみる -BambooPaper- | トップページ | カスタムでちょい曲げる »

2014年8月24日 (日)

admitJotProでタングル試しに描いてみる -FlashPaint-

書き忘れとった。勝手連で描いてるデジタングルにはペンで描いた後ご本家の作法の鉛筆の影は付けへん。Win8のアプリにはそういう仕様なんかレイヤー機能が無いんや。鉛筆ブラシがあったとしても上描きでペンの線は隠されてしまうからや。レイヤーを持つデスクトップアプリでも描き続けてるうちにそうなってるやん。

そんなところで次は文字より絵を描くFlashPaintと言うアプリや、Win8でバンドルで入ってるで。

これはSurfecepenには全くの無反応、タッチパネルだけやん。だからJotProを使うた。タングルに細かく描かなと言う決まりはないんや。けど鉛筆の代わりに線の密度で影を描んは指では難しい描き始めの位置が正確なペンを使うことになるねんな。

Zentangle0068

これには一定の太さ濃さのペンブラシが無い、鉛筆で代用したんや。猫点はなかなかしっかり付いて来るんで描きやすい。さすが描く用アプリや用紙を反映してリアルな線になってるで。

Zentangle0069

後で手書き文字を編集できるように筆跡をラスターに変換するノートアプリならどんだけ線が入るんか気になるところ。でもこれはビクセルに色が染みこむだけのペクターやから全部真っ黒にしてもペッチョ無い。アナログで描いたのをスキャンで取り込んだんかと思うほど自然な出来やな。

|

« Surfacepenでタングル試しに描いてみる -BambooPaper- | トップページ | カスタムでちょい曲げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/60201020

この記事へのトラックバック一覧です: admitJotProでタングル試しに描いてみる -FlashPaint-:

« Surfacepenでタングル試しに描いてみる -BambooPaper- | トップページ | カスタムでちょい曲げる »