« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月31日 (土)

月の滝行

絵を描くにも描けるように描き方のレシピがさまざまあるんや。最初の一歩を出す方向を示してくれたら二歩目に進めるやん、読書感想文的に感じたようにしたらええやんがいっちゃん困る。YouTubeでハワイのペインターさんがファンブラシのストロークで滝を描いてるのを見たん。あちらにはトールペイントのように「あなたにも描けます」が風景画にもあるんや。

自分なりにイチから描くもマニュアルにそうにしても無心にしてくれる、瞑想と同じメンタルの薬とペイント友だちが言うてたな。うちはいじめの痛手を描くことで救われて来た、いまさらながら描くという賜物に感謝してるんや。

そんで瞑想でもひとつ。離れて暮らすまんなかの子、2年前から滝行に行ってるそうや。こないだのブログにも書いてた。話しに聞くと結構遠く、時間は月夜に滝行に行くんやそうな。まじめに修行してるんや。滝行はけっこうお腹が空くんやと、その後修行仲間で行く直会がまた楽しいんやそうな。

うちは色々苦しいこと滝で洗い流そうなんて思いは全くなかったな。悪いことを呼びこんでしまう自分を修行で変えるなんて考えたこと無いな。そのまんま受け入れて不自分なりにかっこ悪く不器用に片付けて来たん。これからもたぶん。。。

それにうち自然と仲良く出来る霊性やからわざわざ滝に打たれに行く必要もないんかも。反対に人間関係の感性はないんで経験で補う修行をせいということなんやろ。でも一度どんなもんか見に付いて行きたい気もすんな。

Illutration015

Painter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

デジタルで墨流ししたる -Photoshop編-

画像編集の大御所Photoshopにはブラシはないけど代わりにゆがみがあるな。6から搭載されたフィルター、うちのバージョンはCS5であるやん。まえと同じペーパーマーブリングのピーコック描いたらどうなるやろ。

Howto0100

散布幅をめいいっぱいにしたプラシで色を散らしゆがみフィルターを呼び出すんや。でもガイドなし。。。そこで方眼紙をモニターにのせて代用やで。

Howto0102 ステップ3で波波に引っ張るには方眼紙は難しい。。。そこでIllustratorで波のパターンのガイドを描きコピー用紙にプリント。この厚さまでならポインターが透けて見えるんでガイドに出来る。

Howto0101このフィルターには格子の裏がある、最初に置いた色の位置をこの講師のゆがみに当てはめてるんやな。ゆがみ自体をファイルとして保存も出来るんや、だから工程ごとに保存しとこ。

Howto0103

Howto0105

順番通りにゆがみを適応したら出来上がりや。はじめにゆがみを作るとこが手間やけど後はクリックだけや。先細にするためブラシ密度10、筆圧100にしたんやけどPainterのリアルさには負ける、抜きがちょっと甘くなるな。花を描いて作品にするにはもうふたつや。

Howto0104

でもゆがみが保存できるから別の色のバリエーションがどんどん大量生産、写真にしたらこうなるで。

Howto0106

描きながらIllustoratorにも同じ指のアイコンがあるのを思い出したん。イラレもちょっと抜きが甘いけど出来たわ。オブジェクトを全選択してから指でこするCPUとメモリに負担かかりそう。。。写真もPainterと同じ直接変形させるのでいちいちこつこつ描かんと出来ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

デジタルで墨流ししたる -Painter編2-

もっと辿ってくとペーパーマーブリングで垂らした絵の具を目打ちのストロークで花を描く動画もあった。知らんかった、カプチーノアートとちょっと似てるやん。

Howto0098

そんでストロークの向きと描き順で出来上がってくる形をパーツにして組み合わせて描くところがトールペイントと通じるで、筆圧と筆軸の向きのコントロールがない分簡単かも。これは講師資格を持つ腕で見ただけで出来ると思うわ。

Howto0097

平咲きの花を描いてみたらこんな感じ。同心円上に色を重ねると歪みブラシの効果の見える絵になるみたいやね。

Howto0099花びらギザギザのカーネーションはよく描かれるみたいや。それにチューリップも。バラは今んところ見たこと無いんやけどトールのストロークを応用したら出来るかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルで墨流ししたる -Painter編1-

連れ合いくんにはメッタに無い三連休やのにこんところの暑さ続きで夏バテ、どっこも行かずじまい。うち人の描いてるとこ見るの好きやねん、Youtubeで絵画技法を眺めて体休め暇つぶししてたんや。はじめはうち風景描くの下手やし夏やしで海の描き方を流してたん。でもそれも飽いて次々動画を辿って行くとマープリングのデモに行き当たったんや。

壁を大理石に偽飾するフォーフィニッシュというトールペイントのペース塗りにも使われる塗りの技法があるんや。うちもいくつか技法知ってる。でもこれはPaper Marbring、古い洋書の見返しや小口の装飾で見たことあると思うで。日本では墨流し、かな書道の料紙にしてあったり。小学校の工作でもする古くからどっかである紙の装飾技法なんやな。

ヒマつぶしのついでにデジタルで再現してみようとと思うねん。
今回はPainterでやで。

Howto0092 用紙は1000X1000pxや。最初に飛沫スプレーで数色の絵の具のつぶを散らすねん、このままじゃ細かすぎるん拡大や。

Howto0093

特殊ブラシの中の歪み系ブラシを筆圧ナシにして左右に振って絵の具のつぶを流すんや。

Howto0094

今度は縦一方向に細かいピッチで流す。レイアウトグリッドをガイドに使うとええやん。

Howto0095

鱗模様ができたところで大きい波を縦方向に引くんや。これピーコックと呼ばれる技法なんやて。

Howto0096

アナログでは串、目打ちの流す方向でさまざまなもようを作ることが出来るねん。でじたるならサイトの壁紙に使えそうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

PCのご機嫌伺い 顔見世

ゲームにグラボがセットで売られてるぐらいゲームグラフックは年々緻密、それに凡用がぶっ飛びそうな緻密なスペックのマウスにキーボードなどのデバイス。。。どや効果を出すだけ金かかる。ゲーマー保ってくの大変みたいやな。

でもうちのPCはお絵かき用や。だからグラボは Geforce GTX650 Ti 、中位。ゲームせんけどんぐらいのグラフィックならいけるんやろ、ものは試しや。PCショップでデモで入れてるソフトで試してみるで。

ドラゴンクエスト

Pc149 すごく快適  11033p

ちゃんとストーリー仕立てになってる。買ってもらってあるもん使うお子さまがターゲットなので低スペックでも動作できるレベルにしてあるんやろな。おばちゃんのPCではとっても快適、うちに遊びに来てもええで。

モンスターハンター 【大討伐】

Pc148微妙らしい 7265p

この数字について調べ見ると微妙に足りないらしい。でもうちからしたら充分きれいにコマ落ちせんと動いてるやん。モニターは動画用でないのでほんの少し残像が残る、これがかえって幸いになってるんかもな。

ファイナルファンタジーXIV

Pc150非常に快適  19105p

これもきれいや。うちの子がこれ見て懐かしがってたわ。サボテンまだ居るんやな。

3D Mark

Pc152画像の密度により3場面に分けてあるんや。ゆるい順に

1 ICE STORM  118219p
言うことあらへん、快適によう動く。

2 CLOUD GATE  15512p
これもなかなか充分行けるやん。

3 FIER STRIKE  3210p
動きの激しい殺陣のシーンで激しくコマ落ち、グラボがとても追いつかん。

Pc151

総合評価でゲーミングノートに頭の差で追いぬかれてる。

 

という結果、ソコソコ遊ぶのには大丈夫みたいや。でも間違って本格的にゲームしたくなっとしてもGTX670位上、4・5万円クラスのに替えるだけでゲーミングマシン出来るな。マザボードはZ87、電源は余裕の750Wなんやもん。

使用環境

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCのご機嫌伺い 全部で

パーツを買い集めての自作PCになると出来合いの製品より保証が少ない、どうなっても自分の責任、それは自由と体験代自分で解決し支払う覚悟や。人から作られた楽しみからは卒業してるんや。

グラボが壊れの交換修理とOSが読み込めず修復ディスクで直したほかは順調に走ってる。もうそろそろ初期不良保証のひと月が過ぎようとしてる、安定したとこでこの初自作のPCは性能的にどんなもんやろ? ベンチマークソフトで性能を測ってん。ベンチとは基準点と言うんやな、それより性能が上か下かをPCに負荷をかけてどれだけガンバったかフリーで使えるベンチマークソフトで数値出してみようという訳や。

Windows System Scoa

Pc150

他のPCを数多く見てへんからちゃんとした評価は出来ん。でも長く使うことを考えて3割オーバースペック気味にパーツを選んだのは良かったんちゃうかな。

CPU-Z

Pc145 評価というよりPCの動作状態や情報を表にして見せてくれるソフトみたいやな。

HWM Black Box

Pc146

構成パーツの情報の表示とそれらの評価を測るソフト。結果はWindows7で測ったんと同じや。

CrystalDiskInfo

Pc147

これはディスクの読み書きの速さを測るんや、なかなか早いみたいやな。

PCMark

Pc153

ブラウザレンダリンクテストで文字化け、書き出すWEBの宛先を探し出すことが出来ず途中で止まってしまう。3回めでそこを飛ばしての点数は出してくれたんやけど。。。

 

フリーソフトにご注意 !

アドウエアのフリしたマルウェアがひっついて来る。安易に手を出したらアチチや。あんたのPCは危ないと脅し、慌てふためいてクリックさせる、皮肉にも風邪頂くことになるで。うちWindowsの回復ファィルを消去してしまう悪質なもんに引っかかってしもた。また修復ディスク入れなアカンなるやん。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

終わりまでこの場所

今年自治会の役員やねん。きのうの晩この地域で最も早くうちの自治会の盆踊り、これが済めば全部のうちの7・8割はお役目終わったようなもん、ヤレヤレやで。

昼暑いから朝のうちに役員総出のの会場作り。毎年世話になってる電気屋さんが来ての放送や提灯の配線してくれた。

古い地域なので緑地部はくじ引き、防犯部は見回りなど部によってすることは決まってる。前回6年前役員した時も企画部長でマイク持って曲を流すMCしたんや。今年もするんやろなと開始の挨拶のつかみを考えてたんやけど。。。

Mylife0021今年は違た。会計部さん地域のお店、事業所の名前と頂いたお花の金額をその場で書く仕事や。それをすぐさま会場のベニヤ板に貼り出してお披露め、TVのCMみたいなもんやな。

会長さんがうちが昔POPの仕事をしてたと会計さんに言うたみたい。早く持ってくる人があるんで日の高い4時からテントの長机にB4のコピー用紙とマーカーを用意してお花の受付開始や。

MCの方はいつの間にか別の人。去年まではカセットテープやってん、長いこと使いまわてたから切れたと前の定例会で言うてたな。CDなっただけでもここでは進歩なん。

Mylife020ここも少子高齢化で去年と同じことするのさえ大変になってる、うちの子が小学生やった昔、土日にかけてふた晩してたんやで。子ども会で子どもが描いて後年クラブが貼って作る灯籠も今は3分の一に減って提灯のほうが多なってしもたな。

Mylife0022

でもこうして子どもたちが楽しみにしてるんやもん、普段の小さな分かち合いがいざという時の支えになるんや。出来る人ができる事をするそれでええやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

カメラ座学の時間やで

Camera0020もうぼちぼち時間やろニコンブラザ大阪内のセミナー会場に着くとドアが閉まったままやん。カウンターの人に聞いたらうちが一番乗りやっただけ、待ち合わせ申し合わせが苦手なうちや一瞬間違えたかと思た。

Camera0018セミナー会場はショールームに続くドアの奥中は長机と椅子が並んで前にホワイトボードとモニターが置いてある、カルチャー教室と変わらん。ちょっと違うのは机ごとに小さな安っぽい造花と奥にも造花のアレンジメント、それに机にあるシャッター付きの小窓は何や??

受けた講座はデジタル一眼入門一日講座、独学試行錯誤の方が性に合うからわざわざ行くこともない。でも場所と時間を設定しないとひとり篭もりになるし、他の人のカメラとの付き合い方気になるねん。

担当の講師はNIkonの社員の倉持 永(ひとし)さん。体育教員免許お持ちでバレーを長くしてはるんや。得意は流し打ちではなく流し撮り、動く絵に惹かれてしまうのはスポーツマンやから。うちは体動かすんどんくさいから動かないものそっと撮るで。対象が違うんは自分の生き方の反映、当然の事やね。

生徒さんは1人お休みの19名、男性3に女性1の割合や。最初の出席取りで持ってるカメラの機種を聞かれる。D3000-D5000系エントリー機が13人、うちと同じD7000系中級機 3人、後は2桁がちらほらといったところやな。カメラは机の上に出して置くんやって。

Camera0016講義のほとんどはレジュメに沿った基本の操作の仕方やった。シャッタースピード、絞り、そして感度の組み合わせで適正露出の仕組みが難しいみたい。うちは経験からは露出優先、普段使いスピード1/300、f 9-11あたり、後はその場の気分と感性で操作やな。

Camera0017 合間に自分の持ってるカメラで言われた通りの設定をして撮ってみることもする。そのための被写体に花が置いてあったんやな。D5100はモニター動かせるようしてるため左の操作ボタンの列が無い、生徒さん持ってる機種さまざま、うちみたいに半分冷やかしで行ってるのんもあり経験値もさまざまやから教えるんも大変や。うちトールペイントの講師してたからその大変さよう分かる、初心者に教えるんは難しいこと。

もひとつ思たんはみんなマニュアル読まもんなんやな。うちメーカーサイトからマニュアル落としてひと通り操作の流れを見てから買うか決めてる。読むんに気力が要る、眠たくなる。でもこの操作どっかであったなの気付きが後にじわりと効いてくるんや。

取っ掛かりは教えてくれるけどそれからは自分で見つけてくしか無い。ホントは何がしたいんか対話し続けて道具は熟し、失敗や下手までまるごと受け入れ愚直に探してオリジナルを育てていく。それからは孤独で地道な作業や。

Camera0019急いでも15分オーバーしてもた、もとは2日に分けての座学を3時間に頑張って詰め込んでるもん仕方ない。帰りの昼特切符に間に合わんついでやヨドバシに寄ってこ。とうとう机の窓の使い方わからずじまいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »