« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月27日 (水)

なんやろこの夢

うちが見るのは色付きの夢や、まあ言語よりイメージ処理仕様の脳なんやろ。最近はミョウに鮮やか、こないだはスゴいことになってる夢をみた。

あるシャッター商店街で突然テロなのか戦争か手榴弾が投げ込まれ爆発。うちはそこから必死で逃げる、アーケードで光を遮られ薄暗い空間から飛んで逃げた、なんと鳳凰に変身して青空を飛んでるやん。はっきり羽ばたいたという体感が妙に残って気になる。。。

あんまりスゴすぎるので何かのお知らせやろかと夢判断や。本屋で立ち読み調べしても゛「鳳凰に乗った」あるんやけど「なった」というトンデモは書いてないわ。そこで家でキーワード合わせ技で検索してみた。

  • 戦争
    隠れた抑圧、それが解消しつつあること。
    周りが激変していくことの暗示。
  • 鳳凰
    大きな幸運・援助、乗れば立身出世。
    ただし手に止まれば母親の病気に注意。
  • 変身
    魂・霊性・意識の変化とその後のその人の本質。
    何かに変わりたい気持ちの現われ。
    実生活での変化、
    好ましいものであれば良い兆し。

ということは心理学・スピリチュアルで近々大きな変化が自分に訪れるん??

Illutration014

うちは龍は水と大地と空気流れ、地球の命。鳳凰はその地球上に住むすべての生き物の象徴と思ってるんや。どちらも一時でも循環が滞ると汚れてしまう、両方居なくっちゃ星として成り立たない。金儲けが過ぎて龍と鳳凰の守る調和を人が狂わせてるんは悲しいと思ってる。そんでうちが社会に対して付き合いにくいんも鳳凰が象徴する本質のせいやろかなとも。。。

ArtRage Photoshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

いじめっ子のその後 まとめのつづき

いじめは根がふかーいんでまとめにならん、つづきや。

自分がされたことしてきたことを丁寧に見ていくといじめるほうが可哀想に見えてくるねんな。作られたものでしか評価されて来なかった悲しさを感じるねん。そのままの自分見せるの怖いし幸せちょっと分けてと言えへん。うちならいくらでも分けたんのに。だから弱いものをからかい、支配して満たされなかった負の感情を埋めてるねん。

いじめは麻薬と同じや。人からひったくったからかいは手にした途端消えてしまうもの、そして乾きもっとひどくなる。もっとたくさんからからないと借りでも満たされなくなってしまうんや。そして奪われた方は辛さの余りもっと弱いもんから。。。こうなったら負の連鎖や。

こうして不満・怒り・悲しみの負の感情を投げ合ってるうちに何処かで吹き溜まり不可解な事件として私らに降り掛かってくるねん。別の形で金や物、ホントの麻薬に依存して身を滅す事やってあるやろ。負の感情はもっと固まっての最終形のテロや戦争に巨大化する気がするんや、おお恐。

だからうちはサバイバーを讃えたい。痛みに耐え愚直に踏みとどまって必死で考えぬいて浄化してきたんや。負の連鎖をたって世界をこれ以上汚さないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

いじめられっこのその後 つづきとまとめ

NHKハートネットOurViceで去年11月に放映されたサバイバーが語るいじめ反共編の再放送を見たんや。こんところ躾や指導で逃げてたDV・体罰・パワハラの奪うだけの暴力の数々が続きと暴かれてるやん。いじめに後遺症があるって言えたことだけでも弱いモンには大きな一歩、言えるようになっただけでも救いや。

番組の感想を言うと、同時者枠内でがんばったねで終わり、もの足りんかった。そりゃ表に出たのはほんの数ヶ月前で仕方ないけど。紹介したメールは苦しんからこそ掴み取った希望で感心するな、うちより偉いわ。

そこでうちは思った。発達の遅れのサポートナシ、不登校という逃げ場のないなかでいじめられた苦しさをやり過ごし、その後も自分であり続けるために凄まじい負の感情が感情にならんまま塩漬けのままになってたんや。悔しい、悲しいとかの感情にするにはあまりに大きすぎCPUが暴走してしまうと心のBIOSが封印することを選んだんやろ。

うちはある飲み会で指摘されたことがあったけど他人に怯えを持ってるなんて全く自覚は無かった。これが長いこと人間関係に暗い影を落としてたんやな。その半年後トンデモヒーリングでその感情に無理やり対峙させられ、いっぱい泣いてトラウマを退治となったわけ。

自分の弱さを取り出しそれを愛おしいと思うだけでもホントの心の強さの現れや。うつにならずにここまで生き抜いてきた自分を愛おしく思うし褒めてあげたい。そして強がりたちが恐れているのは奥にしまい込んでる弱さが暴かれること、隠すために体罰やいじめで手っ取り早く相手を従わせようとするんやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

宇宙から石が降ってきた

杞憂が青天の霹靂でホントになってしもたわ。みんな知ってるおとといのロシアの隕石降下のことや。

うちはTwitterで知りお昼のNewsでYouTubeからの落ちてく画像を見たん。天文ファンのノリでスゴ~と眺めてたん、衝撃波の被害でようけの人がケガしてるのにゴメンしてな。今は悔い改めて内陸部の極寒の季節にガラス窓のない暮らしは過酷やろ、被害にあった人と街の早く癒されんことを祈ってる。

隕石はもちろん宇宙からの力を直にもたらす、繫がる媒体としてパワーストーンでは珍重されてるんや。人によっては近寄りたくないと感じさせるぐらいバワーを持ってる。宝飾品としても鉄隕石で結晶の美しいものは値打ちが高いで。仮面ライダーフォーゼで高校生やのに高価なギベオンのプレートネックレス、「へんし~ん」せんでもパワ降るやん。

なんで宇宙から来たんやろ? 直前にチェルノブイリの石棺が雪で壊れ、落ちたチェリャビンスク州には核処理施設があるというんや。北朝鮮が地下核実験をしたばかりやしこの日本は懲りずに原発再起動をさせようとしてるわ。

「お~い人間、力とお金と奪うだけの支配の最終形、核は終わりにしとき、これからは分かちあいやで。」とお知らせに来たんやわ。

去年の夏行った明石天文科学館にもあった、手で触ってそばにおいてある磁石をくっつけて鉄隕石体験ができるような展示をしてたで。今日落ちたとみられる湖に潜ってみたものの泥に紛れて見つけられなかったそうな。もし鉄隕石ならこうしたらええで。

Mylife013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

自分のもんになった

win8をいじって覚えつつし過ぎて3度リカバリー。。。ひと月半でだいたいカスタムが出来たわ。もう自分のPCの印に石付けたらんとな。

このUltrabookは去年の今日には買うでと決めてたんで石もず~と前に買っておいてたんや。うちはいろんな人の立ち寄る店で吸った悪い気の浄化と結びつきを待ってから組むんで買ってから静かに休ませてるねん。守り石は影でガンバってくれた現れで壊れた時も、不思議に壊れてるんに気ぃつく、今まで落として見失った石はひとつもないな。

Powerstone015

どこに石を付けたらええんやろ? 前のんは使わんマイクロフォンジャックに取り付けるようにしたけどこれは入出力兼用、ヘッドホン使う度んびに外したら無くしそうや。ダブルヒンジの僅かな隙間に紐が通せそうやけど画面をひっくり返しタブレットモードにする時戻す時石を挟みやすそうやん。。。

そこで両側面に1つずつある2つのUSBのどっちかを使うわ、タッチパネルやからマウス使わんし2つ同時に繋ぐことめったにないやろ。そこで三宮のドスパラで買うてきたUSBの蓋に穴を2箇所開け、アクセ用ワイヤーでアーチを作りストラップ紐を通せるようにした。接着、傷を付けずに取り付けられたで。

使った石は下からアクアマリン・エンジェライト・ブルーユカナイトジャスパー・アクアオーラ、青石で揃えたん。青い色石はコミュニケーション、うちの苦手助けてもらお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

弱さの裏側

Illutration012

「弱いんか強いんか良う分からん」、
これはなんかの時母からよう言われた言葉や。

うちには2つ違いの弟が居るねん。運動は出来るし黙っていても周りに数人の取り巻きが居る。うちの欲しくてたまらまいもんをたくさん持ってるそん弟は中学入学すると同時にバレー部に入部したんや、器用と腕が長いとでセッターとしてチームの要でそこそこ活躍してたな。

うちは風邪になれば一週間は学校を休み、高校生で腹痛で医者にかかれば自家中毒症や。体も心も弱かった。もちろん体育は不器用が度を越して全然アカン、逆上がりなんか出来ずに小学校卒業してもたわ。それに運動部に入ったとしたら先輩後輩の上下関係が気色悪い、よけいにイジメのネタ増やすだけやん。。。だから心と体を守るのが一番と授業が終わればさっさと帰宅部。

そんなうちが両親が弟の試合を応援についてった時の事や。セットの間何が原因か知らんが顧問が逆上して何かを叫びながら選手にパイプ椅子を投げつけてるやん!!  ヤワなうちはそれを見て完全にビビってしもた。理不尽な怒りと暴力が許されることが不思議でしょうなかった。そしてこれが将来社会で生きてく時に必要やと大人たちは言う、ヤワなうちはその言葉ですっかり挫けてもた。。。

でもどっこい生きてるで、こうしてプログ書いてるやん、絵を描いてるやん。Artがうちを救ってくれた、自分の芯に正直なことがホントの強さと教えてくれたんや。イジメとその後のPTSDを生き抜き、3人の不登校を守り切ったのも世間の本当を見抜く直感につながる感性のお陰。今は狭い枠の中から外へで軽やかやわ。

そう、弱いの裏には強いがあるねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »