« 指の延長 その4 | トップページ | 姫神とiTurnes研究 その2 »

2013年1月22日 (火)

姫神とiTurnes研究 その1

アイという音を持つモンは恋愛、IPS細胞も試行錯誤の賜物。人の知恵を使うとしてもやってみて失敗しては修正してやっと自分のHow toとなるもんなんや。うちも山中教授に並ぶ出来るまでのしつこさは一級やで。

Pc108UltraBook買うて手持ちのPC3台になったやろ、NASでホームクラウドしてるねん。Windows付属ではLinuxで別管理されてるNASのファイルはそのまんまライブラリーに入らんのでファイルを探してチマチマと再生。それにwindows8のMusicアプリでは外箱の音楽ファイルに入るんにパスを文字入力やわ、使い難くなってるやん。。。
でMusicPlayerをiTurnsに替えた。

こっちはAppleID一つに付きiPadなど端末5台まで共用出来るんやそうやて。このShattle OMNINAS KD20も入れても5台以内に入るからいけるやろ。一括で外箱に音を入れて置きたいからiTurensをインストールして音の置き場所をNASの\\(OMNINAS-仮名-)\iTurens\iTuerns Mediaに設定を変えた。それでメインPCに入ってる手持ちの音を入れてみると自動変換で難なく入る。だけどもダウンロードで買うてみるとエラーコード5000で何度やっても引っかかってかなわん、2500円はどうなるねん。

PCのヘルプはヒント程度のもの、自分のやったことその結果に照らし合わせて推測する。それが持ち主の力量、めげてはいかんのや。

Pc107マッサラからやり直しと再インストールしても設定が残って困ることがある。それはユーザーファイルの中にそのアプリのデーターが残ってるからや。誤って削除したら壊れるんで普段は隠しファイルにして見えんようにしてある。コントロールパネル→ディスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプションで見えるようになるで。そこでiTurensの場合Apple Computerとあるフォルダーを見つけ出して慎重に削除や。

こうして解決が見えてくるまでいろいろ設定を試して何度もやり直し10回近く消したり入れたり。。。

長くなったんで次に続くで。

|

« 指の延長 その4 | トップページ | 姫神とiTurnes研究 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/56599829

この記事へのトラックバック一覧です: 姫神とiTurnes研究 その1:

« 指の延長 その4 | トップページ | 姫神とiTurnes研究 その2 »