« 大都会でキラキラ探し その1 | トップページ | そのサンキャッチャー1号 »

2012年11月25日 (日)

大都会でキラキラ探し その2

だって次に大阪国立国際美術館に行く時間のうなるやん。来月24日まで「エル・グレコ展」してるんや。石と同じでほんもんの絵の放つ氣は濃いんや、近くにあるうちに行かないと。

歩いて15:15分ぐらいに着いたん。前売りは早よ終わってしもた、行く前に買っても同じ値段なのでここで買うた。休みでもこの時間ならあまり混んでなく傑作作品が充実、満足の鑑賞やった。

Daytrip0024 なんで日本でグレコは人気がある??  うちの勝手な解釈で独特の洗い筆のタッチ、水墨のモノの捉え方に通じるとこがあるんやな。荒いようでピタっと質感を掴んで描き分けてるとこ。そこが東洋の日本人の心にビタっとくるんじゃないやろか。

色の重ね方もどころどころ独特で全く古さがないねん、これは後の印象派の画家さんたちに遠く影響してるんやって。宗教画に時折紛れ込んでる自画像を見るとナカナカ芯の通った頑固そうな顔してるやん。

国立とあって厳格、閉館の17時には外に放り出されしもた。まだオフ会まで2時間あんのに。。。

Daytrip0026

そうや時間潰しに全館オープンしたばかりの阪急があるやん。また中之島を横切ってきた道を歩いて戻ってん。川面に映る街の灯の揺らめきはええ素材写真になる。川べりの遊歩道には秋バラが残って咲いてた、試しに撮ると日が暮れて街灯の下で撮ったバラはオフ会の会場のある新地のママさんのように怪しく写るな。こうゆうキラキラは全く縁がないうちには別世界やで。

Daytrip0025

これが祝祭広場や、9階から吹き抜けの円形劇場の作りになってる。写真の右上にあるんは調整室やろか。ミラーボールがあるとはさすが歌劇を傘下に置いてるだけあるやん。どこ行っても人だらけ買い物疲れ付き合い疲れで客席は満席や。10階でクリスマス雑貨を見て回って来たん、今は北欧雑貨が人気やな。クリスマスオーナメントかなんかでこれから作るサンキャッチャー2号のパーツになるもんないかなと探したけどこれというもんなかったな。でも見るだけでもイラストの肥やしになるし楽しいしわ。

|

« 大都会でキラキラ探し その1 | トップページ | そのサンキャッチャー1号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/56192093

この記事へのトラックバック一覧です: 大都会でキラキラ探し その2:

« 大都会でキラキラ探し その1 | トップページ | そのサンキャッチャー1号 »