« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月24日 (水)

成せばナス -設定編-

設置したしLANケーブル電源繋いだ、起動スイッチ入れるで。IPアドレスを探してる、しばらくしてスイッチが点滅せんようになった自分の居場所を見つけたな第一歩は順調や。迷子になると赤い色に点灯するんやって。

Pc075

そしてPCには付属CDをほり込んでアイコンをクリック、Languageを選んでapplyのボタンをクリックするとこんな窓が出てきた、どうやらNASを認識出来てるようや。マニュアルにはこの認識したNASを選択しと言ってもひとつだけやん右のメニューから[OMUNINASへ]をクリックすれば設定プラウザをスタートボタンが出てくるはずなんやけど。。。

なんと英文で「HDDガナイノデShattle二レンラクセヨ」とshutdownボタンが出てくるやん。サイトのサポートには解決法なんて書いてないし、発売したばかりなんで検索にも掛からず困った。。。そのうち夕ご飯の支度時間になってしもた、味噌炒めの茄子を切らんと。。。

食べたら冷静になった、箱を本棚から下ろしHDDをイチからセットし直してん。もうちょっと強く押してみるともう3ミリ奥に入るやん、どうやら奥のアダプターにしっかり入ってなかったみたい。やっとパスワード入力の玄関まで行けた、やれやれ。

Pc076

データーを入れる前に入ってる2台HDDをの扱いを決めるんや。うちはミラーリング(RAID1) にする。同じ内容を同時に2台に分けて書き込むのでどっちかのHDDが壊れても壊れてない方に控えが残ることになるんで安全。でも書き込める量は半分の1台分、だから2TBを2台買うたというわけや。この設定するとデーターが消えるのでし直す前にバックアップせんといかんなぁ。

あとは共有フォルダーに名前を付けて保存すればルーターに繋いでる機器間でデーターをこの箱に上げたり落としたりして共有できるというわけや。後の使い方はぼちぼちいじって覚えることにしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成せばナス -買うた編-

調べるとNAS機器には3タイプあるみたいや。

  1. 無線ルーターにHDDを繋いで使う簡易NAS
    本体にあるUSBに外付け繋ぐだけで簡単と箱に書いてある。でもファイルシステムの制限があるし機能はオマケに付いてる程度やな。。。
  2. 見かけはUSB外付けと同じ一体型NAS
    買ってきて繋げばいいだけ、家電量販店に普通においてるのは足りん。PCショップの容量あるんはそこそこええ値段する。
  3. ドライブケースがNAS
    デスクトップ内蔵3.5インチHDD自分でセッティング。別に買っても手持ちの空いてるHDDでも動けばええみたい。

Pc072ある程度カスタマイズが出き、HDDの容量が選べるケース型がええな。使いやすそうと安いということでShattle OMUNINAS KD20に決めたん。カカクコムでやや遅いと評価があるけどうちは気にせん、GB単位で移動するのは最初だけやもん。

Pc073

合わせて2TB HDDも通販で注文や。この組み合わせで3万円でお釣りが来る、ボイント足してもっと安く買えた。起動スイッチのある側の蓋を開けて内ケースを取り出し付属のインチネジで取り付け入れなおすだけ、簡単。

Pc074

家の中心位置の本棚の上にルーターがあるのでそこらあたりに置くことにしたん。最初は落ちないように固定した本立てに括り付けた。でもこれじゃぴったり付けたら熱が溜まって良うないな、後で100均でワイヤーラックを買ってきて曲げて柵を作りその中に壁から離して通気性を確保して設置、これで落ちることないやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

成せばナス -これなんや編-

いよいよ3日後windos8解禁や、ホントはこの日に買いたい。

でもうちが狙いのUltraBookの8GBメモリー積みは直販のみで11月中旬から、しかもオレンジ色の箱になるとさらにひと月遅れになりそうや。慌てて悔いまで買いたくないんで気長に待つことにしょう。

今持ってるノートPCは家族で居間で使ってる、操作のスタイルが変わり過ぎて戸惑うやろと売りに出すのはやめや。その代わりUltraBook店頭で買うつもりで貯めてたポイントでNAS作ったろ。で、USB繋ぎのHDDとLANで繋ぎのNASはどこか違うねん??

Pc078

  • 外付けHDDは繋いでる側PCが管理してるたけ。ノートPCに外付けHDDを繋いでサーバー代わりにしばらく使ってたんやけどバックアップにいちいち起動させなアカンのでめんどくさい。
  • NASにはLANでデーターのやり取りをする専用PC付きHDD、言い換えれば小さいサーバーや。これから3台になるPCのバックアップとデーターの共用がいつでもどこからでも出来るな。スマホ・タブレットでも。これからはTVでNASに録画を保存したり再生もするようになるやろうなってるやん。

で近くの家電量販店に行って見てみたん、外付けと見かけ変わらんのと無線LAN機の中には簡易NAS付きのがあった。どれもなんとなくうちには値段の割に物足りんような。。。ネットで探すわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

レイヤー輝く描き方

自分の使い方に戸惑って描く気失せてたんやけどこのブログ書いてたらもっと描きたくなったな。やっばり外の評価より内から沸き上がってくるもの技巧で蓋しないでその形にするだけでええやんと思うんや。そこで小学校の図工の時間に戻って水彩で先に塗って黒のクレヨンで塗りつぶす、引っ掻きをArtRageで描いてみたんや。

Howto073まずは下塗り。レインボーカラーで適当に塗るんや、明度彩度は固定して色だけ替えるねん。[編集]→[レイヤーをぼかす]からどんなブラシを使ってもかまわん。

Howto074

その上に新規レイヤーを置き真っ黒に塗りつぶしてしまうんや。単純に消しゴムブラシでその黒塗りを消して削れば下の虹色が顔を出すんやけどなんか物足りないな。。。

Howto075

そこで黒塗りレイヤーに白のチョークで描いくで、落書きらしくてええやん。そのモノクロのレイヤーを重ねモードで地塗りレイヤーを透かせることが出来るんや。レイヤーバレットのブロパティから[ブレンドモード]を選ぶと出てくるリストから選んだらええんや。

Howto076

乗算

カラーインクのように重なるほど色が濃くなる現法混色になるねん、素直やね。水彩画風に塗り重ねる時はこのモード。

Howto077

シャドー

若干暗くなって色のコントラストが強くなるな、ステンドクラスみたい。

Howto078

ピンライト

せんの縁が明るく縁取られるやん、アナログ撮影のアニメで流行った透過光を思い出すな。

Howto079

ハイライト

この絵の後ろから投影機で壁に映すと思えばベースの色が無くなるんも納得やね、加法混色になる。この効果の名の通りベースの色を活かしたままより明るく描き加えたい時よく使うで。

Howto080

このテクニックを応用すると黒地に白の2色で描いただけのもと絵をファンシーに仕上げることが出来るんや。ハードライトで重ねると宇宙的やな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

京都イベント当たり日

Museum001今日はいちばん下の子と京都に行ってたんや。美術館「えき」会館15周年記念輝ける王妃エリザベート展に行こなと約束しててん。残念連れ合い君は休みにならず今日はふたりだけ。ちょっと早く会場に着いた、大階段観客席に仕立て市内中学生のブラバン演奏会があるみたい、直前の練習をしてた。

Museum005しばらく待って会場に入ると暗めの照明にワインレッドのしつらえ。喋る声が大きいと監視員に怒られてしもた、うちお上品は苦手やこらえてくだされ。

シルク姉さんに負けじと生涯すざまじい努力をしてたそうな。体重50kg、ウエスト51センチを子ども4人もうけながらもキープしてたんやって。ミュージカルの中でも美肌を保つため農民から牛乳を取り上げた歌があるな。一生とりつかれたのは死神トートではなく美貌、失うのが怖かった。うちは生まれた時から外見の美には縁がないんで気楽で良かったな。

Museum002次は地下鉄烏丸御池に移動や。「おいけフェスタ」(鴨川~堀川通)があるというのでそこら辺をぶらーぶら。2年前の今頃市立美術館に行ったことがある、今日もこの裏のカレーラーメンでお昼としよう、席まで同じや。でもここで開催中のシャガール展には行かんの、駅に戻ってそのすぐ北にある京都国際マンガミュージアムへ。

Museum004_2

入場料は特別展200円ブラスで1000円や、自販機で買うてな。きょうは中で紙芝居、おしりがじり虫・どーもくんショーイベントがあって子どもいっぱいや。外では京大生がパフォーマンスしてた。もちろん館内ではマンガの壁に並ぶコミックの立ち読み、座りよみ外の芝生での寝読み放題、自分の好き放題でええな。でも大切なみんなの共有の思い出と文化的資料やから大事に読もな。

Museum003

特別展示にちなみ、アニメのキャラを作ってみように参加したで。主人公が戦う時のメカ部門に挑戦や。うちスターウォーズ世代でSF好きやねん、普段のイラストから想像できんやろけど機械モン描こうと思えば描けるで。うちの下の子は敵キャラを描いたんや。鉛筆置いてない方、服のデザインばかりかキャラデザインも上手いやん、感心したで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

なごみの絵

うちのイラストは「和みます」、「癒されます」とコメントされることが多いな。自分でも人と自然と動物たちすべてに上下がなくなんて平和なんやろうと自分で描いたくせに後で感心してる。

ペイントクラフト章を頂いてから自分の世界そのまま、素直に描いてるだけ、ずーっと遠回りして幼稚園のお絵かきに戻ってるやん。絵は技術の上手いだけは対話にならんの、見てる方と気さくに繋がりたいんや。

で、絵を描くこと自体癒しやね。家族で不登校故の海村留学に行って間もない頃、粟島中学で美術の時間に外からアートセラピーの先生をお招したんや。学校はネコさえも出入り自由、うちも興味あるので見学させてもろてん。

それは水を張った画用紙にセラピー用のドイツから取り寄せたと言う粒子の細かい三原色の絵の具を垂らすだけ、流れ任せの象徴画を描いてた。後でどんな思い出気持ちでその色を使ったのかこんな形にしたのかお互いに発表しあう。。。そんな授業やったと思う。今思えば上手い下手と評価され難い技法と気持ちの振り返りで心を開放してたんや、それがセラピーやったんやな。

ところで今のスピリチュアル流行りの中にも絵画療法的なものがあるんやな。どうやらパステルを使うらしい。

  • 柔らかで鮮やかな発色出目を楽しませる。
  • 指で色の境目を暈してなじませるので触覚を刺激。
  • 細かい描写にやや不向き、転じて下手でそれなりに絵になる。
  • デッサン出来んならステンシルで型抜しても。
  • 消しゴム、練り消しで色を抜いてリカバリーしやすい。
  • 下手も味のうち。

上に書いたセラビーと重なるな。

それよりもっと昔、独身時代パステルで描いたことあったなぁ、ゴンドラのソフトパステルやったかな。当時ペン画を描くことの多かったうちには指が汚れるし、そのまんまやと混じって色濁ってくるしで合わんかった。保存するためフィクサチーフ吹き付けると色が変わってしまうし。。。

お絵かきに戻ってデジタルのパステルで描くのが楽しいんや。指が汚れることないし、色濁らないのがええ。こすって暈しでアナログの指や擦筆にちょっと及ばないけど。。。今自分のそのままを表現する気持ちに合うてるんやろな。

Illutration008

このなごみの絵はうちをどっかに運んでくれそな気もするねんけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

逆発達障害

今回はエラいタイトルやな。

前の記事に理由が書いてある、スピリチュアルなこと関心があるんや。今年12月22日の繋がりの世紀の幕開けアセンションを迎えるということで盛り上がってるようや。で、凸もあれば凹もあるのもこの世のならい、批判や反論も読んでみた。

一方はトランス状態でハイヤーセルフと繋がる時頭から紫のオーラが出てると言い、もう一方は色彩学の加法混色理論ではありえないと言い。咬み合わん、テンで違う方向に玉を打ってるような感じを受ける。ちょっと感度がええだけやのに簡単に嫌われこうして切り捨てられるんやな。

Illutration007

これを読んでふと頭に浮かんだのは定型発達者vs発達障害者の戦い。これは反対に集団が発する気配を読めないからと発達障害者が切り捨てられる。これもなんで学校で13年間いじめられ、また社会でも受け入れられへんのは何やとたどり着き、同じく大変気になっていることや。

仏教の考え方で「空」、哲学でイデアというものがあるねん。世界は外にあるものではなく頭の中で創られる!! うちも体の中に宇宙がインテル入ってると感じることがあるんや。そして、なんやかんやで人がそれぞれ抱えてる世界は思ったより差があるみたいと最近思うようになった。まあ群れで生きてくに困るから、ある程度の共通項は教育されてるんやろうな。

Illutration006

自分が感じた世界の中で相手を見るから理解し合うってことはムリみたいやわ。それが認知の仕方が気遣い型、外向き経済活動仕様でないと定型さんから切り捨てられる発達障害の生きにくさなんやろ。出来る人出来ん人、お互い分からんなりに自分の世界から取っ掛かり引っかかりを取り出して折り合う、知恵を出しあって歩み寄るしかないなと思うねん。

ということもあってうちはどっちも居てもええ。霊能力者、ヒーラーさんは5次元のチカラで3次元で疲れた人を癒してあげたらええやん、ぼったくりしなけりゃね。全然感じない3次元の住人もそれでええやん、お金や物をを地球さんを怒らせることないように回してくれるならね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »