« さくらステッカーペタペタ | トップページ | トラックボールはゴキゲン損ね »

2012年3月27日 (火)

平筆を買ってみた、使ってみた。

まだうちに来てから間もないintuos5の使い方をちょっと知りたいついでに寄り道。プロ仕様の高級ペンタブにはオプションでブラシも数種類あるんやな。取り換えると個性的な線が描く事が出来るとある、一眼レフの交換レンズみたいなことなんやろ。

Pc017 好奇心強すぎのうち、5でも使えるというintuos4 アートペンを買うたんや。高い筆やけどポイントが溜まってるのとまだ残ってる臨時収入で買える。お取り寄せで気長に待つつもりやったのに注文5日後に到着、在庫があったんやね。2本を比べてみるとアートペンか微妙に太く、丸っこい。付属にペン立てが付いてた。さ先だけ太くなってるのやマーカーの先のようにナイフエッジなってるやらの替芯セットも入ってた。

見かけほとんど変わらないのにこのアートペンに4000円分追加された機能はなんぞや。それはペンの軸回転を感知すること、つまり描く時に手で筆の向きをコントロールしてエッジのある平筆・マーカーのように描くことができるらしい。そしたらクリップペンは丸筆ということになるな。ソフトで筆を潰しで平筆風に描くことは出来るがおまかせなので機械的な匂いが残ったストロークになってしまう。

Pc016 Pc018 そしてこのアートブラシを平筆として活かすにぱソフト側にも回転のブラシ設定があることや。PhotoshopならCS4、Painterは11以上でないともったいないことになるで。そりゃ筆買う前にえらいお金かかるやん、うちかけてるやん。

Pc015Painter12ではブラシの向きが表示されるんやね。

そこで試しにどうしても描いてみたいもんがある。トールペインター憧れのダブルローでティングで描くストロークローズや。ダブルロードとは平筆の両端に違う色のアクリル絵の具をとってパレットで馴染ませグラデーションにする技法や。これがPhotoshop CS5から搭載された混合ブラシというツールで再現できるねん。見えないブラシの向きを指の感覚を頼りにこんな感じ。ストロークローズは長いこと描いてないし、勝手が違うので満足には遠い、でも練習すればちょっとはましになるやろ。

Pc014

|

« さくらステッカーペタペタ | トップページ | トラックボールはゴキゲン損ね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/54326668

この記事へのトラックバック一覧です: 平筆を買ってみた、使ってみた。:

« さくらステッカーペタペタ | トップページ | トラックボールはゴキゲン損ね »