« 顔合わせし直しに行ったんや | トップページ | 飛ばしてLANラン »

2011年12月 5日 (月)

カタチのない本にする

Pcclub05

むかし、西洋の本屋さんでは本文が印刷された紙の束がおいてあるだけ、買って自分で製本するのが高尚な趣味やったんやって。 今は製本された本をバラすのが趣味になってるらしい。きのうの神戸パソコンくらぶ第8回研修会での話や。なんでバラす必要があるのかというと、この紙の束に戻したものをスキャナーに通し電子書籍化するんや。そしてタブレットに入れて何百冊と持ち歩き、本棚は要らん。なんでか自炊と言うんやて、コミケから来た言葉らしい。

自炊は画像で保存やから容量が大きい、検索出来ない、栞が付けられん。その代わり、レイアウト、フォント、残したければ自分の書き込みもオリジナルのまま置いとける。文字データーに変換するOCRもあるんやけど精度がまだまだ、一冊修正するには膨大な手間がりそうやな。

著者が50年前にお亡くなりになり版権が消滅していればタダで文字情報が頂ける。だけど間に翻訳、編集を挟むとその著作権が発生し出来んとのこと。つれあい君の絵本・児童書のコレクションも入れて居間とこの部屋が天井までの本棚に囲まれるほどの本がある。絵本は製本されたものが作品やから電子書籍化するのは失礼やな。うちのはイラストの資料で雑誌・MOOKが多いから出来なさそうや。

ちなみにうち、スケッチブックを電子化するのにタブレットPCが気になってるんや。外に持ちだして思いついたらスケッチできたらええやろな。。。今んところ使い慣れたソフトでWinタブレットを考えてるが性能がイマイチ。来年の今頃「8」が出そうやから待つことにしようか。

|

« 顔合わせし直しに行ったんや | トップページ | 飛ばしてLANラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/53411505

この記事へのトラックバック一覧です: カタチのない本にする:

« 顔合わせし直しに行ったんや | トップページ | 飛ばしてLANラン »