« 買うの返すも話が早い | トップページ | バラを描いたり撮ったり »

2011年5月 1日 (日)

神戸新聞記事と生地

うちはずーっと神戸新聞や。10日ほど前東日本大地震の被災地へベビーキルトを贈るビースキルト・プロジェクトに布を提供のお願い告知記事を見つけたんや。ごめんやけどデジモンに投資で少々予算超過で義援金に提供するお金が無いん。そやけど15年ほど前カントリードールが流行>ってた時に、雑誌に取材・掲載され、トールペイントと合わせて個展するほど熱心に作ってたんや。その時に買い集めたコットン地がようけある、それがある。

Kobe_newsport1

Kobe_newsport2 パッチワークなどの布物を作る前準備に水通しをするんや。言葉通り水に浸けて湿らせた後、アイロンで布目をまっすぐに直す作業や。多少縮んで布目が詰んで強くなるし、扱いやすくなるんや。素朴さを活かしたいカントリードールの時は脱水したしわくちゃのままので作るで。ようけあったんで2日に分けて、こんなに積み上がったんや。

Kobe_newsport3

そして今日から3日までカルメニ2F 神戸ニュースポートで受付付けるということなんで持っていったん。ちょっと行くのが早かったので先にNikonのボディキャップを買い、11:00開館同時に入ったんや。だけど何も書いてない表示ない。受け付けて尋ねると女性の方が快く受け付けてくれた、ほっとしたで。

Kobe_newsport4

ついでに28日オープンしたばかりのこの施設を見学することにしたで。開館一番に来たんでここの神戸新聞社を定年したみたいなシニアさんに声をかけられてPCで紙面づくり体験することになったわ。ソフトはパーソナル編集長、ほとんど出来上がったテンプレートに持ってきたコンデジの写真データをはめ込み、文章を書き換え。いざプリントしようとするとオフラインで手こずる、印刷設定でブリンターが選ばれてなかったんや。使い慣れたイラレとエプソンがええわ。

ここでは神戸新聞の歴史と号外、阪神大震災、隣接のギャラリーでは東日本大地震の写真と今まで日曜日ごとに掲載された防災記事の展示や。記録と報道と作品とない混ぜにして写真を見た、シャッターを押した瞬間の心苦しさはいかほどなんやろ。まだこれは現在進行中の大惨事、うちの布はこれからたくさんの人の手仕事でパッチワーク&キルトに仕上げれてどんな人のもとに届くんやろか。

|

« 買うの返すも話が早い | トップページ | バラを描いたり撮ったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/51551751

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞記事と生地:

« 買うの返すも話が早い | トップページ | バラを描いたり撮ったり »