« しまぐらしから今のことを考えてみる その3 | トップページ | 動くものを撮る練習 »

2011年4月18日 (月)

春になると虫が飛ぶ

今日午前中近くの眼科に行ってきたで、眼底検査してもろた。

歩いて日差しの強くなってきた春の空を見てみると糸くずのようなものがゆらゆらと見えてくるやろ、これが飛蚊症や。眼球の中を満たすガラス体のムラやゴミが見えてくる現象で生理的に誰にでもある。うちにも昔から馴染みの影が幾つかある、これは気にしない。いつもおなじ位置にあるか数は増とらんか暇なときに点検しとるんやけど。

先週の15日、買いもんに一駅歩いてマイカルに行ったん。この時はちょっと気になった、右目の右下の影がたくさん増えて視界の邪魔、視点をどこに置けばいいのか困ってしまうほどや。涙まで出てくる始末。そのまままオーズタウン内の眼科に行っとけばよかったんやけどそのまま買いもんに入って帰ってしもた。

調べてみるとガラス体が縮むためにゴミが見えてくるものだんだそうや。うちはそうなりやすい齢になってきとる、残念ながら加齢が原因。今年は花粉症が酷かったし、大震災以来twitterに張り付いていたのも良くなかったんかな、反省しとります。

検査の結果、やっぱり右目のそこが少し剥がれてきとるそうな。最近では超音波でクズを気にならん程度に細かくするとか、ガラス体を膨らますopeで軽減できるそうや。でも安全確実な治療法はあらへん、少々カビの生え来たレンズをだましだまし使わなしょうないようやな。

ガラス体が縮む時、大事な網膜まで引っぱり剥がれ、亀裂することもあるので大事をとってひと月後右目だけ再検査することになったんや。大事な600万画素の受像素子まで壊れたらタイヘンやもんな。

|

« しまぐらしから今のことを考えてみる その3 | トップページ | 動くものを撮る練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/51426407

この記事へのトラックバック一覧です: 春になると虫が飛ぶ:

« しまぐらしから今のことを考えてみる その3 | トップページ | 動くものを撮る練習 »