« しまぐらしから今のことを考えてみる その1 | トップページ | しまぐらしから今のことを考えてみる その3 »

2011年3月17日 (木)

しまぐらしから今のことを考えてみる その2

うちらの暮らしは出来合いもの上に浮かんどったんや。。。
こうして海で隔てられたしまぐらしをしてるとそう思う。便利の足りない分代わりに創る生活やった。それがなぜ自分は教てもろとらんのに出来るん??

しまに来る前からようナンヤカンヤ作っとったな。作品のデザインから技法・資料・素材・道具を探すんから始める、それから試作と試行でオリジナルな作品作りや。カントリードールでうちに取材に来た編集さんから「モノづくりの基礎が出来た人ですね」と言われたのを思い出したで。モノづくりには妙にカンが働くんや。それで不便を乗り切り、モノが無くても楽しみに出来たんやと思う。

なんで自分にそんなことが出来るんか考えてみるで。ひとつは小学校の夏休みは母の姉のところ不便な山奥で過ごしとった。自分で遊びを創らな時間つぶせんかった。山で女竹切ってきてよろずやでテグスと針を買い、小麦粉捏ねた餌をつけてよう「ジャコ」釣りしとったな。餌の付け方、アタリの取り方は自分で覚えたんや。ひとりでものごとを果たすための基本を知らずに体得してたんやな。一見無駄そうな試行錯誤のひとり時間が創作の基礎固めになるんやろう。

今回の大地震の津波は大都会の出来合いのものを引き波でさらってしもうた。今までそこにあったものが少し足りなくなっただけでも大騒ぎや。だから忘れていた創る力を取り戻そう、不便はそれで乗り越えられるで。

|

« しまぐらしから今のことを考えてみる その1 | トップページ | しまぐらしから今のことを考えてみる その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/51147179

この記事へのトラックバック一覧です: しまぐらしから今のことを考えてみる その2:

« しまぐらしから今のことを考えてみる その1 | トップページ | しまぐらしから今のことを考えてみる その3 »