« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月28日 (金)

起動出来ない、さあどうする?

26日、Pratition Masterでの内蔵HDDの仕切りが出来たのは27日、丑三つ時の2:00。付き合いきれないので寝てました。出来てるだろうとPC部屋にパジャマに半纏、モニターを付けました。やれやれと再起動させるとWindowsの起き方がなんかヘン。これはヤバイ、リカバリーになるかもと起動できる今のうちに4:00前まで緊急避難作業や。

翌日、カンがあたりWinが機動出来ん。そんな時はインストールディスクから起動、この修復ソフトでHDD構成をOSに覚えなおしてもらう。それでも「正常に機能してます」と修復もしてくれん。BIOSをいじっても、SATAケーブルを繋ぎ直しても、クリーンインストールをしても !!

これは困りました。気分転換に歩きついでの買い物しながら対策を考えます。

このPCにはこれからリカバリーをする620GBHDDとあとから増設したSSDに64bitWin7版とのディアルブートになっている。それがブードソフトの設定を狂わせるのではないかな。そうだ、Mr.PC創刊号の付属Upundoディスクがあったな。このリンクス系のOSに付属しているパーティション作成ソフトでSSDのWinを捨て、ついでに上手くいかんかったデーター用1TBHDDを仕切り直す。そして念のためこの増設したふたつのドライブの接続を外し、もとからあったHDDに32bitWinを再びクリーンインストールすればいいかも。昼からじっくり取り組んで思惑通り直った、良かった。

もちろん、仕方なく壊したSSDのWinはあとで入れ直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

1TB 仕切りなおし

つれあい君がHDDはいつ爆発するのが分からんと言うので外付けHDDそっと付けました。

外付けだから増設ほどじゃない。
だのに一週間後の今になってトラブル発生とは。。。

26日23:00、ストックフォトイラスト描くのは終わり。ふとサブモニターに置いてあるモニターガシ
ェットをみてなんか変、ドライブの数か少ない。あれっと半年前前にポイントで買った1TBの内蔵HDDがエクスプローラに表示されない、無い。ナンヤカンヤしているうちに2時に布団に入ることになってしもうた。

きのうになってしまった27日、自分は遅く起きてスイッチオン、BIOSを起こしてみると認識されてるのでハードが壊れてないみたい。Win7のせい?? なら一週間前に「復元」や。ながーい起動なんか変だなと思いながら4分後、やっとスタートしました。今度はエクスプローラにドライブの表示が、やれやれです。これは直った、でもgoogle日本語壊てるのに戻してしまったことになる。そこで入れなおして再起動、ありゃまた1TBがどこか行ってしもうとるで。

それでも私はねちこくガンバる。

箱を開けてコネクターを差し替えを試み、クグった断片を寄せ集めから推理すると、BIOSはサイズが大きすぎるHDDは無視されることがあるらしい。そこでこのHDDのBIOS設定を[AUTO]から[BIG]に、この入れ物は大きいデと教えておけばいいんや。でも実はホントはBIOSのキー操作あまりした事ない。何度も再起動、[F2]キーでBIOS何度もお越しいただき、やっとすっとこで設定、それを保存してWinを起動させる[F10]を押しました。またながーい読み込みの後、どうにか元通り認識させることに成功しました。でもな、SSDから起動させる意味が無いで、「ようこそ」まで時間がかかりすぎるやん。

やはり入れ物が大きいいと起動に時間が取られるみたいです。容量を使う分だけ小さくすれば起動が早くなるのではと今Vista側でpartition Masterさんに仕切り直ししてもらってます。あとちょっとの93%完了、今夜はいつ布団に入ることが出来るんやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

フリースクールの作法

おととしの秋のTさんの電話で呼び出されてから、神戸自由学院のグラフィクを任されてます。今は来年度の学校案内のパンフの製作中です。

今度はtwitterをまねてつぶやきで紹介したらのわたしの提案が通りました。つぶやきの背景写真を選んで欲しいとひと月前から頼んでおいのにまだだの、のびのび。きのうにはCDで手渡せるということで2時頃行きました。

行くと「まだ、一時間待ってくれ」。多分そんなことだろうと本を読みながら待っていると気が付けば誕生会に混ぜられてます。それも写真選びはほったらかしで。。。いつも想定外ばかりや、変更ばかりや。。。

ここではみんなとはちょっと違う、非効率だ、考えすぎだと弾かれた人たちのつながり直しの作法があります。もし今まで道を外れず真面目ぇな人がここに座っていたとしたら、不条理、不効率極まりないとむかつくやろうな。金と時間に結びつかない価値でここはうごいている。それを理解出来ない人にはここでは務まらんだろうなと思う。

「すぐ出来る」「みんな同じ」の学校価値観から弾かれた辛い経験が私にはあります。自分では納得してから動き出すまでのタイムラグがちょっとだけ長いだけのことなんだけど。そのハンディがあるから許せるのです。効率信仰をここに持ち込めばフリースクールでなくなってしまうもんな。

そんなら、いつまで経ってもパンフは出来んやんか。ご心配なく、変更は慣れました。私がみんなが出来ない部分を担ってちょっと力を出せばいいだけのことや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

私こころのあるところ -自己研究編-

なぜこんなキツイ本を読むことになったんか。神戸新聞夕刊での記事もある。だが一週間ほど前、twitterに小学高の教室によくある標語「みんななかよし」に心がザワていたのも理由のひとつ。私は小学生の入学式の次の日から高校卒業まで班作りではいつも最後のひとりに残されるハミ子だった。その古傷を疼かせたのだろう。いつもおいてけぼりの私、この本を含め、100冊の読書経験と子どもに育てられ経験からおいてけぼりの「自己研究」をしてみる。

私はどうやら群れで動くのが出来ない、知らん間に周りに人がいなくなる。今ですっと移動できるのかよく分からない。

分からないのは分からない、なら反対に自分はこうだ。

私は意識するエリアが狭いし細かい。とくに視覚的に入ってくる情報量が多いので今ここで起こっていることの理解するのに時間がかかる。まるで高画質画像のフイルタ処理に時間がかかるように。次に何をするのかの優先順位を考えるのに時間がかかり、別の思いに飛んでしまってる時もある。その間みんなどっか行ってしまうのだ。自分はこれでも一生懸命考えているのに、周りからはボケーとしてるだけののろまに見えてしまう。モニターガシェットがあればててんやけどな、だだ今、CPU100%使用中。

少しづづ自己研究と年齢を重ねノコノコとオフ会に行けるようになった。その時は移動場ごとに誰がどの位置で何をしているかを把握、声掛けで置いてけぼり対策をしている。ムリに自分の意識エリアを広げるのは疲れる、だから疲れる前に2次会に行かずにさっさと家に帰ることにしている。それでも付き合い悪いと言わなれないのがありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

私ごころのあるところ -当事者編-

「つながりの作法」-同じでもなく 違うでもなく- (綾屋 紗月/熊谷 晋一郎共著 NHK出版生活人白書)を読んだ。他人とどうやってゆるく繋がるかのハードなハートの本。かなり読むのがしんどい、これから読む人覚悟。

ものごころついてからなんとなくフツーになりきれずしんどい私、12年前子どもまで3人不登校になってしんどさ10倍。行き着くところ10年前から4年間、転地療法でしまぐらし。このプログもここでの暮らしをA4のコピー用紙に手書きのFAX新聞がモトになっている。しぶとく生き残るため、気持ちをそらすめそりゃ、不登校・心理学・レポートなどなど100冊は読みましたよ。

そのなかで読んだ一冊、「降りていく生き方」-「ぺてるの家」が歩む、もうひとつの道-(横川 和夫 太郎次郎社)。そのキーワードは「当事者研究」=自分のことは自分が良く知っている。これと私のマイノリティ経験値を合わせてやっと読みきれた。

ひとりは外からの情報受け過ぎるため自己処理がいっぱいいっぱい、人と繋がる余裕のないアスペルガー症候群の綾屋(あやや)。もうひとり繋がりすぎる身体感覚(脳性麻痺)を抱え、親子でリハビリにがんじがらめで家のソトと繋がらない経験を持つ熊谷。

フツーでないふたりのソトと適当なゆとりのある心地良いつながり方を心理的経験値から探った「当事者研究」が書いてある。もちろん、「当事者研究」とことは第4章に書いてあるけど、予習として「ペてるの家」の本は読んだほうがいいと思う。フツーの人たちの人間関係、社会関係にも固まって動かない困ったことがゴロゴロある今、その問題をほぐすヒントがここにありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

年賀状とお飾りでおめでとう

2011年
あけましておめでとうございます

今年もパフォーマーをしているまん中の子にバルーンでお飾りを作ってもらいました。年末年始ずっとバイトだけどオカンの威力で、ムリ言ってごめんね。ウサギはミッキーマウスのバリエーション。ニンジンがシマシマに見えるのは三つ編みリース台に膨らまさなかった端切れのペンシルバルーンで留めつけだからだそう。去年玄関の外に取り付けたら風に煽られて割れてしまったので今年は下駄箱の上に飾ってます。

Newyear20112


そして年賀状。布団に入って寝る前にうかんだ「うさぎとカメラ」、それをちょっとおちゃらけで押し通しました。最近女子でカメラ流行ってるんだってこともいれて。。。イラストはお手の物、Painterで。デジイチ買ったもん、背景写真は神戸ハーバーランドの観覧車、自分で撮ったものです。

Newyear20111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »