« デジイチ その後のいろいろ | トップページ | いきなりのマニュアル撮り »

2010年11月13日 (土)

名玉発見。。。か。

凝り性は父からの遺伝。私が小学生の頃には家で現像をするほど写真に凝ってました。土曜日の夜、窓に分厚い毛布を被せにわか作りの暗室を仕立てたものです。現像液、私が作ってたん。私が家を出てからも最近まで山登りで風景写真を撮っていたはずです。

父が使っていたカメラはNikon F2。やり方を側でいろいろと見ていたのでしょう、イチデジを買ってからいろいろ写真の撮り方がよみがえってきて、型番まで突然思い出した。レンズもいくつか持ってたなと実家に寄って「あるんか」訪ねてみると、「やる」と言って屋根裏から探し出してくれました。

D310015 D310016

Nikon純正の古げな革のカメラバッグの中にはフラッシュ、携帯化粧ブラシのようなブラシ、ホコリ飛ばし、とっくに使えなそうな乾燥剤が入ってました。家にあったのは雲台が壊れてるので三脚も。もう一台、本格的な三脚があると行ってましたが、このVELBON CE-4で充分です。そしてレンズが4本sign03

D310018

Kenko NIKKOR-Q Auto 1:4 200mm
こういう長いレンズはカビが生えるはず、カピ天国状態、曇りまくってアウト。

D310019

Zoom-NIKKOR Auto 1:3.5 f 43~86
コンバクトなズームレンズ。先をちょっとぶつけた後がある。天国ほどではないがカビが生えてる、これもダメ。

D310021

Nikon LENS SERIES E 1:2.8 100mm
一見きれいそうだけど、よく見りゃ2ヶ所カビの塊がある。無理に使えんこともないだろうけどボツ。

D310020 NIKKOR-H Auto 1:3.5 23mm 
詳しいことはこちらへ

あと一つ、最後の望み。よかったカビなし、ヘコミがあるがコンデション良好。広角は一本持ってたほうがいいかな、頂きます。

次回はこれで試しに撮ってみることにします。

|

« デジイチ その後のいろいろ | トップページ | いきなりのマニュアル撮り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/50016881

この記事へのトラックバック一覧です: 名玉発見。。。か。:

« デジイチ その後のいろいろ | トップページ | いきなりのマニュアル撮り »