« お待たせ うさぎの切り紙 | トップページ | おとなの遠足 »

2010年11月24日 (水)

父のカメラと再会

F22

F21

今日実家で親子の気軽さ、「こないだのバッグにカメラ入ってへんな。」と言ったら「何十万したんやぞ」と、父が屋根裏でなく押し入れから出してきた、思い出のカメラNikon F2。山登りの時につい最近まで持って行ってたそうですが、今はほとんど使ってない。「もってけ」と言われてもこちらも使うことない、ブログのネタにとお借りした次第です。

"Nikon"ロゴか微妙にレトロ、手にして思うのは重い。私のD3100の倍の重さかな。「鉄の塊やで」と父。私が小学生だった40年前からある、昔の製品は丈夫だ。塗装の剥がれ、ミラーの劣化はしかたがないがフィルムカメラとしてまだまだ使えます。几帳面な父のこと、扱いがいいので子ども時の記憶そのままのとても良いコンディションです。カメラはやっぱりお飾りでなく手や気持ちをかけながらちゃんと使ってあげたいものです。

F23ついでにNikon AF NIKKOR 24-120mm 1:3.5-5.6Dがセットされていたのでそれを拝借。取り付けると画面に「絞りを云々、、、」。分からんなりに絞りを開け閉めしてる家にメッセージは消えた、どうやら最小にすると使えるらしいデス。

F25 もちろん手でピント合わせ、たまたま息子が車をいじるためにフスマを開けていたので道具箱の文字にあわせ撮ってみた。いかんせん、ど初心者、ピンぼけ。なら120mmAPS-C換算1.5倍すると180mmでずーっと先なら∞でピント関係なし。下がその写真、120mmでこんな大きく写るんだど実感。このレンズは私にはムリ、カメラと共にお返します。AF、手ぶれなしの望遠一本、欲しくなってきました。

F24

|

« お待たせ うさぎの切り紙 | トップページ | おとなの遠足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/50123116

この記事へのトラックバック一覧です: 父のカメラと再会:

« お待たせ うさぎの切り紙 | トップページ | おとなの遠足 »