« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月30日 (月)

NotePCを買いました -袋編-

Pcbag_reform 持ち歩き用に買ったPCだものバッグも欲しいな。いつもの古着屋さんで服を買うついでにバックも物色。ほとんど新品、カラフル、目測でぴったりそう、値段は580円、買います。PC屋さんでPCバッグは売ってはいますがビジネス仕様の黒ばかり。

うちに帰って試しに15.5インチのPCを入れてみる、ファスナーに引っかかって入らない。寒冷紗のような頼りない中袋がなぜか外袋よりずいぶん小さいサイズて取り付けてある。。。買い間違えた??、イヤイヤ私は使えるようにリフォームするぞ。

いろいろ手芸をしてきたので布の在庫は困るほどあります。ミシンも使えます。その中からフリースの端切れを探し出し、クッション性のある2重の中袋を縫いました。その端切れの端切れでペンタブ袋も作りました。もとから付いていた中袋は思い切って切って捨てます。最初ファスナー付きで中袋をつけてみたのだけど、まだまだ入りにくい。解いてファスナーを取り、見返しを切り直し。ついでに持ち手付けをミシンで補強しました。分厚い中袋はミシンでは針が通らないので躾をかけて手縫いで付けました。。本体用のクッションケースは近くの電気屋で、袋に合わせてオレンジ色ものを買ってきました。びったり袋に収まるようになりました。

買ったとき付いていた共布のポーチには一昨日買ったばかりのトラックボールがちょうど入ります。もとから裏と表にもファスナーが付いてるので書類・小物等を入れて使うつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NotePCを買いました -トラックポール編-

私はトラックボール派。

Hp_probook2 PC付属のマウスは重すぎる、梅田ヨドバシ試用マウスの全てを時間をかけて試し、軽く小さめのを選んでしばらくは使ってました。それでも肩に来ます。歯が痛くなるほど。他のポインティングデバイスがないものかと調べてトラックポールを知りました。ちょうどその時、発売予定だった赤大玉のKensington Slimblade写真右に一目惚れ、高かったけど発売日に買った次第です。

描画には右はペンタプ、左はトラックポールという体制。絵を描かない時もトラックポールはそのまま左手で使ってます。今では一文字選択も左手で。快適で手放せなくなりました。

そこでこのサブノートにもトラックボール。このPCの受け取り待ち時間に展示品に触って品定めしてたんです。慣れた左手で使用するので2台めも左右対称のモノを探します、機種はかなり限られます。試用で置いていたLogicool Trackman Marble写真左をくるくる工合はなかなかよろしい。もう一つ、Kensington OrbitTrackball with Scroll Ringはどうかなと思ったけれど持ち運びにはちょっと大きそう、でやめ。来週は太極拳が休み、PC買ったポイントを足してネットで購入しました。

使い心地結構いいです。たまたま中国土産で貰ったピンククォーツの珠がびったり入る、替え玉したら中の三点支持点が擦り切れてしまうのでしないけど。初期のトラックボールはビリヤード玉で替え玉したそうです。ついSlimbladeの癖でスクロールしようとひねってしまいます。初期設定では左の小ボタンが上下スクロール、もちろん付属ドライバーで変更可能。でも遅い、だから今まで通りスクロールバーをドラッグしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

NotePC買いました -セットアップ編-

Hp_probook1

電車乗って持ち帰ったいよいよ箱を開けます。もしもの買取り査定に出すことも考えて開けた時の状態を写真で記録。付属品も写真に撮っておきます。もちろん揃っているかも確認です。

「コンピューターの準備」の小冊子を参照したのは別々に箱に入っていたバッテリーを本体にセッティングすることだけ。5台めPCだもん、あとは大体わかります。パッテリーに充電させるため最初の電源はコンセントから、充電のためこうせんといかん。

最初だけのだけのどんな画面が拝見できるのか楽しみ。最初のスイッチオン!!
OSが先かと思ったけどハードドライバからみたい、ビジネス用だから楽しみのない画面を眺めながら入力画面を待つこと20分。PCに名前をつけなくっちゃ。

付属のランチャーからさらにオブションのドライバををインストール。アプリとサービスはビジネス用で使いそうもない、個人使用での製品登録はとうとう出来なかった。。。付属のランチャーは捨て、メインPCで使い慣れたフリーのMAC風ランチャーにすることにしました。マカフィーが入ってましたが、月額版ウィルスバスター2010に入れ替え。

メインPCのHDDにまとめて有料・無料まとめてアプリを保存してます。メインPCを立ち上げ、Win7同士ワークグループを設定、メインPCからお好みのアプリをインストールしました。最後に外に持ち出してデモ、フリースクールで持ち込みするかもしれないのでAdobe Web Premium CS4をCDよりインストール、一時間かかります。正規版はメインPCと同時使用しなければ違反になりません。

家庭用日本メーカーPCは初心者対象で親切にソフトてんこ盛り、いらないからと付属アプリを捨てると不安定になりますのでご注意を。そのかわり海外のメーカーは自由があります、でも知識と失敗に負けない根性いります。

Hp_probook7 トールペイントにしても、日本のデザイン本はご親切に紹介された絵の具・道具・素材の通販ページが必ず。海外のデザイン本ではあっても販売店の連絡先があるだけ。ここも日本の気質が現れているのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

NotePC買いました -購入編-

直感で外れなしの私、心のなかの「欲しい」が一週間後消えてしまったら買うのやめます。家でさらにこのPCのことを調べるとなかなかのコストパフォーマンス。ビジネス仕様なので黒濃赤メルローもあります四角四面のデザインはそっけないですが、テンキー付きキーボードはお茶をこぼしたって大丈夫ののが嬉しい。外持ち出し用に少々丈夫作ってもあるようです。「欲しい」が「必要」になりました。ポイントのいい現金払いで次回の太極拳のあとで買うことに決めました。
確か4の数字に?印で消してある POPが貼ってあったなぁ、来週まで在庫あるんやろか、売り切れなら次回入荷まで待たんと。。。大きい買い物は悩ましい。

8月26日、いよいよ買う日。

太極拳しながら頭の中は「在庫は残ってるやろか」。。。
さっさとフードコートで食事を済ませsofmapに直行、そして「これ、頂きたいんですけど…」と指さしたのは。。。
HP ProBook 4215s

多少Vistaより少食になったWin7とはいえ、1GBでは物足りない。プラス2GB増設の値段を聞くとAdobeを買った時のポイントでいけそう。これはキーボード側を開けてパーツを取り替えるタイプ、家での増設は難しい、だから店にお願いすることにしました。店員さんはあとで発送しますと言ってくれたのですが、1時間後、サーピスカウンターで商品受け取りにしてもらいました。お支払いは47700円、予算内で購入。

しばらくは店内をうろうろ、半時間で一回、まだ半分。喉が乾いてきたので外に出でお茶してあとの半時間を潰しました。だって明日送ってもらうより今日電車に乗って持ち帰るほうが「買ったぞ」の実感にひたれるもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

NotePC買いました -動機編-

今までひとりでデスクトップPCに向かい、CGしてるよと言っても、なかなか近くでは理解してもらえなくて。。。半年前、新婦人の事務所に味噌豆を買いに行ったときの話がきっかけで総会でシェイプアートを紹介。ふーんだけで声をかけてくれるとうとうひとりもいなかった、正直ちょっとへこみましたね。やっばり話だけより実際やってみんと分かってもらえないのかな。weep

だったら持ち出しのできるPCが欲しいな、探してました。先週のコンピューター・アート展の成功も背中を後押し。居間でテレビ見ながらページのコード直しも出来たらいいな。

そこで求めるNotePCは

  1. スペック、HDD容量はそこそこ、軽くて丈夫なスタンダードタイプ
    メインPCはお仕事用にも使えるように少しづつカスタムメモリ8G HDD2TB近くもある、普段はそっちを使う。
  2. 画面サイズは15インチ
    もっと小型のモバイルPCというのもあるけれど、絵を描いて見せるためそこそこの画面の大きさは必要、文字が小さくいのは早くきた老眼でいやだし。。。
  3. OSはもちろんメインPCと同じWin7
    Win7同士だとワークグループの設定が簡単。ルーターの回線が一つ残ってるのでLANを通してデーターをやり取りしたい。
  4. ホームユースのPCは要らない
    余分な機能、ソフトは要らない。初心者卒業、自分仕様に設定、インストールできますもん。
  5. 予算50000円以内
    新品、中古こだわらない。中古でもいいものは結構高いです。

先週火曜は神戸で太極拳、予定がないので午後からSofmap神戸店でいつもの技術書の立ち読み。ふと振り向いたら…中古と新品の中間、アウトレットPCの棚にピッタリなのがあったんです。直感でこれだと思いました。lovelyクレジットでその場で買えないこともなかったんだけど、現金のほうがポイント大きいし、スペックと評価を確認してみたい。買うのは来週。。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

コーヒーわらび餅

ひと月前、魚の棚商店街で買ったわらび餅粉があります。

基本通り粉の5倍、50ccの粉に250ccの水を測って小鍋に入れ、小さめの日にかけます。ダマにならないようにキベラでかき混ぜ続けます。はじめは白く濁っていた水が突然透き通ってきてねっとりしてきたら、もうひとガンバリよく練ります。それを水に浸したスプーンですくって水に落とすか、型に入れて冷やせば出来上がり。簡単です。

Coffee_warabi

普通はよく冷えたところできな粉と砂糖でいただきます。でもちょっと変えてわらび粉にインスタントコーヒーを入れました。生協さんで缶練乳を買ってきました。かき氷シーズンで今はたくさん店頭に置いてあります。砂糖なしの練乳なので砂糖もかけました。コーヒーわらび餅です。

これは2作め、最初は味か薄かったので小さじ3杯と濃くして調度良い味になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

"売り絵"始めました

ココログのアルバムでは物足りない。そこでギャラリーサイトを別に作り一年半以上になりました。いままでに数回、作品が気に入って売れたり、制作依頼があったりしました。つい最近にもでじたる切り紙作品の一つを売って欲しいとの依頼、出産祝いに使うそうなのでご祝儀でタダにしました。

そのうち、Twitterから作品を委託販売するサイトからお誘い。そして、PCトレンド情報サイトに写真画像の販売サイトでイラスト画像も売れると分かり、やってみることにしました。登録してみるだけでもプログのネタにはなります。

いくつかのサイトのうち、簡単そうなPhotoliblaryに挑戦してみます。まず普通に買う人で連絡先などの普通な登録、それからイラストレーターとしてプロフィールなどの追加情報を登録しました。

画像を登録して販売するには審査が、ヘルプに審査基準がコマゴマと。。。写真画像販売が主なので、写真の質、著作権・肖像権に関係した注意が多いです。売るための画質は厳しく、ピクセルサイズは小でも縦+横1500px以上、シミ、ゴミ、ピント外れは少しでもご法度です。

ここではイラストは2割有るか無いかぐらい。写真はもういっぱいなようで審査投稿に制限がかけられているみたいですが、うれしいことにイラストはいくらでも投稿無制限です。

雑誌の仕事は半年先の季節先取り、だから年賀状にも使えそうなうさぎのイラストを3点描き下ろして審査投稿しました。通るかしら。。。悩んでるヒマがあったら描けと人にはええカッコしい。でも一週間かかるとかいう審査期間中はなんどもコンテストに出品してきた私でも落ちるかも…の気持ちは消すことは出来ません。Twitterでつぶやくとフォローしてる子どもから励まされるいまだに情けない私です。

そして、
めでたく3点とも審査通過しました。

数万の中のまだ3点、この画像をみてくれたアクセスがあるだけでも大したものなのに、売れるのかな。そう悩んでるヒマがあったら描いてアップせいでしたね。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、他のサイトにも挑戦します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

コンピューター・アート展最終日

今日はいよいよ最終日です。今日は洗濯を早く済ませ、10時から17時までほとんど時間いっぱい会場に居りました。

最初にいらしたのは竹を削った自作の筆で水墨画を描いているおじさん、いったん会場に出たあとわざわざ作品写真を取りに行って披露してくださいました。描き上げた絵の筆のタッチを水で洗い流すなんて驚きです。CGは最初からフラットなんですけど。。。定番の風景画の他に似顔絵もあり、画力ありでしたね。

わたしの短大時代、描かないのに居たマンガ・アニメ部の部長さんがsign03 ペイント講師デビューのきっかけを用意してくれたとき以来15年ぶり、「お互い白髪あるなー」が第一声coldsweats01。彼女は今仕事でちょっとWEBを作ったりしてるそう。PCで話しアイます。「手打ちで子どものサイトまで作ったことあるから仕事あるかなー」と問えば、Excelが使えんとダメだって。私これあんまり使わないんだけどなー。

主催者さんは地元放送局の元重役さんだったのです。友だちのカメラマンさんが会場をお昼すぎにかけて丁寧撮影、編集までしてくれるそう。もちろん私の作品もです。

Conputer_art2

Conputer_art3 会場の隣には加古川観光案内のカウンターがあり、そこで毎日入場者をカウントしてくれてます。9日の始まりから入ってくるのは200人前後そのうち6割以上は展示へとのことでした。最終日だからかな、今日はちょっと少ないな、でも黙って熱心に見てくれるひとが多いです。そのせいか搬出までの一時間眠さとの戦いでした。搬出といっても100均額をピンにかけてるだけなのであっという間に終わりました。

みなさん会場に足をお運び下さいまして、
ありがとうございます。

PCの初級は卒業してその次。絵でも描いてみようかなでも描き方が分からない人が多いんだなと感じました。まだまたPCで絵を描く事は一般的ではなくてPC教室ではおまけのようなものなんでしょうか。それから何かしら絵を描いてる人も、手法は違えど気になるのでしょうね。もしかしたらペイントのように人に教えるチャンスがあるかもと会場を後に思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

コンピューター・アート展 5日め

今日は朝一番に洗濯うちでは懐かしき2層式、あと干すだけにして家を出て、会場には9時頃に着きました。

午前中だけ居ようかと早く行ったので、まだ主催者さんは来ておられませんでした。自分の作品が落ちてたのでテープを貼り直して修復するのが最初の仕事でした。そして一時間後ようやく主催者さんが到着。

そもそもここでははCGをたしなむ遠くのメンバーからメールに画像データを添付して送られてきたものをプリントして展示してます。CGならでは。グルーブ展だからといって搬入でメンバーが顔を合わせることはありません。でも今日はその遠くから展示会場に数人わざわざ来るそうです。

お昼前に遠くは電車で5時間かけて3名到着。わたしと主催者さんを含めて出品者5名集まりました。これで立派にオフ会が成立します。出品作品以上にパワフルて面白い人たち。。。持参した作品・スケッチブックを見せ合ったり、グラフィックソフト談義でおおいに刺激を受けました。作品から感じてたとおりやっばり何かしらみんなアナログも描いてましたね、やっぱりはじめは紙と鉛筆なんでしょうかね。

お昼はもちろん加古川の「かつめし」。火曜日お休みで行けなかった地元人の恩師おすすめの「プチトマト」に行きました。かつめし、サラダともにテンコ盛り、でも頑張って完食。もう晩ご飯はいりません。二次会は近くの紅茶喫茶で、もう少しおしゃべりしました。

わたしだって近くでCGの話しても「ワカラナイ」で終わり。聞くだけでもずいぶん楽しい時間を過ごすことが出来ました。主催者さんが素晴らしい場を提供してくださったことにとても感謝をしてます。ありがとう。

Conputer_art1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

コンピューター・アート展 4日め

今日は昼から
電車が遅れたので13時過ぎに会場、そして17時まで会場に居りました。

今朝の神戸新聞の地域版にこの展示のことが載ったとのこと。会期内何処かの新聞に載るだろうなと思ってました。でも、わたしの住む場所と地域版が違うので知りませんでした。インターネットの時代でも、まだまだ新聞の力はすごいもの、記事を見ましたとやってきた人が多かったです。なんとなく主催者さんはかつてスゴイ人で退職後もずいぶん顔が広いこともウスウス分かってきました。それで訪ねてこられる人も結構いらっしゃいます。

「どこに教室があるのですか…。教えてくれますか…。。。」どこかのPC教室・サークルの発表かと尋ねる人もしぱしぱ、インターネット→word・excel→写真の取り込み→PCで絵が描けそうだ、と思っていても一歩踏み出すきっかけが欲しいひとが多いんだなと感じました。ここでますます感心する人を見ていると毎日ふつうにCGをしているわたしは気恥ずかしくなりました。わたしの作品は若い人に受けがいいそうです。

油絵や写真を嗜むおおくの人、三畳の大ダコづくりの名人さん、WEB作成を勉強中の人。なかには自作の仏画シェイプアートを披露してくれたおじいさん。かならず会期内にやってきます、展示作品をネタに妙に他の人に熱心に解説をする人。展示作品以上に来場者のさまざまさがまた楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

コンピューター・アート展 2日め

きょう午前はコンピューター・アート展の会場に居ました。

きのうの会場滞在中にわたしの短大の恩師から電話、きょうのここで10年ぶりにお会いすることになっていたのです。

トマトがゴマンと取れたのでそれを持って実家に寄るとまんなかの子かヒマだからとついてきました。主催者さんのと恩師の分のトマトはいっしょに。会場に着くともう先にいらしてました。ついてきたわたしの子がちょうどわたしが在学中の年齢なんだ。

恩師とは卒業後も結婚式、子どもの不登校のことで来て下さったり、ときどき電話したり、年賀状以上の付き合いをしております。つい最近陸上の写真家として神戸新聞で紹介されました。カラーマネージメントとシャッタータイミングが合わずでいまもフィルム派だそうです。

そんな長い年月、アタマはすっかり白く
わたしは前髪の一部なられてますhappy01。 
実技ほったらかしでこの恩師とデザインのこと??しゃべってばかり。。。会えば長い年月はなんでなくなってました。でも中身は半分コンピューターの話、こんなハード・ソフトな話が出来る人は周りに居ないのでうれしかったです。子どもにとってもいい機会になったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

コンピューター・アート展始まる

いよいよコンピューター・アート展
今日から15日まで開催中です。

参加しますと手を上げたのは半年前。参加申し込みにはまず3点作品を登録せよというので手持ちの冬っぽい作品の画像を送りました。その半年間の間に開催季節の夏に合わせた描きおろし新作を持参、搬入するつもりだったのです。全国的なSNS内での募集なのでわたし以外は県外、持ち込み出来るのはわたしだけです。

でも残念、主催者さんがさっさと作品目録を作ってしまっているので差し替えは無理だとのこと。展示案内ハガキに一部分プリントしてしまってるしなぁ。しょうが無いといったん辞退、でもスペースに余裕アリで一点新作を無理に入れてもらいました。このメールのやり取りで主催者さんの気を損ねたのかと気をもんできのう一日落ち込んでしまってました。文面の間を読むのは難しい。。。

Computer_art_ex1ボードに自分でプリントした作品4点とちょっと浮かない気持ちを持って行きました。夏休みで暇だといちばん下の子がついてきました。会場のJR加古川駅構内の市民ギャラりーに午前10地ごろ到着、改札の向かいの北側すぐでした。壁に掛けているところ。まずは初めましての挨拶、普通でよかった一安心。

Computer_art_ex2 わたしは絵を定位置にピンを押してかけるだけですぐ終わり。でも、わたし以外は主催者さんがプリント・額装、その額は100均で展示費用は安くするということ。でも自作も含めて30点近くもあるのでだいぶ持ち出しでしょうね。作品は写真の加工からソフトからバラエティです。

Computer_art_ex3

会場設営後、ちょっと横のペーカリーでお茶している間にわたしに電話、またかけるというので13時頃まで会場にいました。キャラリーの横は市の出先事務所のようで図書返却に来る人が、ぼちぼち。だからずっと詰めていなくてもいいとのことのようですが、できるだけ午前中は会場に居るようにしたいなぁ、明日は居ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »