« 作品広場に登録しました | トップページ | レンピッカ展のこと »

2010年7月22日 (木)

行ってきた物語

海の日の19日神戸灘にいちばんしたの子とお出かけ、ひとつは県立美術館の「レンピッカ展」に、それから近くのHAT神戸内のシネコンで映画を観てきました。

******今回は順番を飛ばして映画のこと
「レンピッカ展」のことは後に書きます。******

作品は子どもが見たいと「宇宙ショーへようこそ」、兵庫県内での上映はここだけです。それも日に二回、15時20分から。それに合わせて遅めに家を出て美術館でゆっくり見てもまだ14時です。お昼を食べてチケットを買ってももまだ上映時間にならず、外は猛暑、広いヤマダの店内で時間つぶしました。15時に上映スクリーン10/2番に入りました。三連休の最終日、ジブリが公開されたばかりもあって子どもたくさんで映画館は賑わってました。

感想です。「ハガレン」の15秒CMをみただけではちょっと平凡な作品かな。。。でも期待以上思ってたより楽しめましたhappy01。物語が親しみやすく良く出来てます。あとで気がついたのですがナルニア国「ライオンと魔女」に似ています。欲をいえはもうちょっと話を整理して尺を短くすればワサビのが効いたのにな。ボチdogカッコいいです。

|

« 作品広場に登録しました | トップページ | レンピッカ展のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/48946378

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきた物語:

« 作品広場に登録しました | トップページ | レンピッカ展のこと »