« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の記事

2010年5月27日 (木)

GIMPでフォーフィニッシュ vol.2

今回はスポンジングテクニックを使った応用でマーブル(大理石)模様を描きます。

● ベース作り

Marble1 Marble2 Marble3

まず新規レイヤをベタ塗りします。私はよくあるような肌色にしました。70~50%の透明度のブラシでところどころを2・3色適当に塗ります。[フィルタ]-[ぼかし]-[移動ぼかし]を方向を変えて2・3回します。全開と同じ要領で上の白新規レイヤを置き、スクリーンモードに。様子を見ながらスポンジングします。これもやや濃度を下げたブラシで描くとうまく描けます。

● 鉱脈

Marble4 Marble5Marble8

ペイントならライナーや羽毛で鉱脈を描きます。でも、GIMPの多彩な技からフラクタルエクスプローラを使いました。[フィルタ]-[描画]と進んで下さいね。その中でHigh-Voltageが鉱脈っぽい、色がついてちゃまずいのでモノクログラデーションを適応させました。レベルで中間トーンを消すのと鉱脈の太さを調整しました。もうちょっと欲しいと思うところはコピべで増やします。

Marble7その鉱脈のレイヤをす凡人具レイヤーと同じくスクリーンモードにします。下のベースになじむようにこのレイヤの透明度を調節して完成です。

GIMP2.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

GIMPでフォーフィニッシュ vol.1

おっと日本ブログ村のランキングが下がってきたぞ。そこで描き方の新シリーズ。思いつきでフォーフィニッシュ(疑似塗装)のデジタル化です。だってトールペイントのペース塗りでアナログ経験を積んでおりますもん。手描きテイスト製作の参考になればいいなぁ。

Spongeing1Spongeing2

プリセットGIMPブラシの中にスポンジブラシはあります。でも今回はオリジナルでスポンジブラシを自作します。初めてさんにはザラザラ度がはっきりしたもと写真からが作りやすいでしょう。「GIMP最強テクニック2010」付属の素材画像の一つからぼかしの丸い選択範囲で切りだして新規の用紙に貼ります。

Spongeing3 Spongeing4Spongeing5

[色調補正]-[彩度を下げる]でモノクロ化、[レベル]か[明るさ・コントラスト]でくっきり。丸すぎるのが気になるなら端を消しゴムで消したりします。このままブラシに登録すると四角いままの不自然なブラシになるので[色を透明度に…]で白を透明度に反映させておきます。使いやすい100px程度に縮小して拡張子.gbrでユーザー\.gimp-2.6\brushファイル内に保存します。保存に成功するとブラシパレットの更新で入れたスポンジブラシが表示されるはずです。

Spongeing6 Spongeing7

作って登録したブラシは黒なので黒でしか描けませんねぇ。グラデーションの色でならOKのようですがGIMPのグラデーション設定はややこしいのでしたくない。その代わりバケツで好みの色のべた塗りのレイヤーを一枚用意、さらにその上に白紙のレイヤーを用意し、重ね方を通常からスクリーンにしてそのレイヤーに黒ブラシで描くとあら不思議、下のレイヤー色を反映して描くことができます。ブラシに揺らし効果を入れるとより自然なスポンジングになるでしょう。

Spongeing8 Spongeing9

さらに上に同じように違う色のべた塗りレイヤーを置き、同じようにスポンジングそしてそして一枚に統合してそのレイヤーを乗算で重ねました。2色使いのスポンジングになります。

GIMP2.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ネジネジバルーン

近日公開クラウン・ドレミのHP。その背景画像の描き方を一部紹介します。

バルーンパフォーマンス大道芸でおなじみですね。子どもは風船大好き、ドレミちゃんの話では2本の長ーいバルーンをネジネジするだけでも受けるそうですよ。それをイラレで描くとなると裏に回る部分をどうするが問題になります。

Make_balloon Make_balloon2
  1. 図ではわかりやすくバラバラにしてあります。アピアランスをこのように設定、これだけでもバルーンアート出来ますね。
  2. 直線をジグザク効果に、繰り返しは"5"、丸くします。ジグザク効果のアピアランスを分割します。
  3. 両端ははさみでちょっとカットします。
  4. 真下に青バルーンをコピー、オレンジに色を変えて光彩効果の色も忘れずに水平軸にリフレクトさせます。
  5. 青バルーンのマスクを作ります。青、オレンジ両方を上にコピー、もとのパルーンは作業しやすいように[目]を消します。塗だけにしてパスファインダーで分割、見せたい部分だけを統合してほかは消去します。離れたパスをすべてマスクて使うので複合パスにします。
  6. 出来たマスクを青バルーンの上に置きクリッピングマスクを適応します。

これを3分割後アートブラシにしてみます。線の端が丸、ぼかし、光彩効果が入っているのでこのままでアートブラシ化はできません。なかなか難しいなぁ。

1 バージョンCS2以上

Make_balloon3

もとのバルーンを3つにして右端・中・左端とハーツごとに長四角でクリッビングします。各パーツをラスタライス、ライブトレース、残っている外枠は削除しました。ラスタライズを挟むのでガタつき、つなぎ目が。目立たない程度に縮小するなら使えそうです。

 バージョンCS2以下

Make_balloon4

まずアピアランスを分割、効果を削除。ベースの先を下にコピーして光彩に使った色に変更、上のベースとハイライトの線を細くしました。すべての線をアウトライン化、3つのバーツに分割したあとプレンドでハイライト、ペース、光彩色と繋いで拡張しました。これでもまだエラーになるので前後調整と単純に隠れる部分は切って削除するしかないですね。隙間なくつながりますが少し色が薄くなりました。

IllustratorCS4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

クラウン・ドレミ近日公開

更新が滞ってます。

ご存じの通り、まん中の子のクラウン道化師、日本的にはピエロをしております。まだ仕事にはまだまた、そこでPRページを作りたいと言うのでこのオカンがだだいま製作中をしておるのです。お知り合いのパフォーマーさんは弟に作ってもろうたそうですが、母親が作ってやろうはナカナカないでしょうね。

なんたって顔のきく子です。写真の専門学校に通っていた友だちにプロフィールを撮ってもらったそうです。が、その写真がやっともらえたので現在本格的に手打ちのコーティング作業。プログの前記事にある通りWeb premiumを持ってるんですがイチから操作覚えるのも面倒。素朴に見やすいレイアウトに仕上がるエディター編集の方が好きなんです。

Doremi

ページの配色は思いっきり高彩度の全色使用、おもちゃ色にしました。まず目に飛び込んでくるのは色、第一印象は色ですからね。このページにもJavaScript、CSSの小技を入れました。主役は写真や記事なので邪魔にならないようにさり気なく、クスッぐらいがちょうどいい。もともとイラストレーターなので素材はもちろん自前です。

子どもたちにどうだと見せたら
「おかあちゃん全開や~」と言われました。

まだお写真の前書きとキャプションの文をもらってないのでそれを待ってるとこ。そこが埋まればどこかの無料サーパーにアップしてめでたく公開です。そう期待しないでしばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

グループ展のお知らせ

今回はSNS趣味人倶楽部内のコミュ、
コンピューター・アートの12人によるグループ展です。

  • 場所☆ JR神戸線 加古川駅構内市民ギャラリー
             ギャラリーのリンク

  • 日時☆ 8月9日~15日 1週間 

Computerart_ex

おととし駅舎が建て替えられたJR加古川駅、その構内に設けられたきれいなギャラリーでの展示です。私は西明石から西へは御無沙汰で駅舎が新しくなってから行ったことはありませんsweat01
お手伝いで展示のDMを製作しました。主催者さんから画像データを参加者に配布します。後は画像処理が多少出来る人たちなので各自で画像を貼るなり、文を入れるなり、プリントしてもらうことになりました。経費がないんでcoldsweats01
作者としては会期が真夏なので暑中見舞いを兼ねて使ってもらえるとありがたいです。

IllustratorCS4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »