« 「コンピューター・アート」オフ会展に参加する | トップページ | ライセンスはややこしい »

2010年4月10日 (土)

8GBのメモリーあるなら

先行投資で発売翌日に買った64bit版Win7、マルチでこのPCのSSDにお入り頂いております。グラフィックでいろいろ遊びたいので中古で買ったDDR2メモリーを4GB増やして合計8GBになりました。もうすぐ2日後にAdobeCS5の英語版の発売、日本語版も追って2ヶ月後には発売されるでしょう。CS2、CS3では認証が引っ掛かり残念、もうしばらくはVistaを主に使うことになります。
ところで、この4月から定期創刊になったフリーソフトの月刊誌「Mr.PC」にRAMディスクを作成出来るというフリーソフトが紹介されていたのです。これなら今までVistaでは使えなかった残りの4.7GBを仮想メモリとして使えるかもしれない。ソフトを挟んでいるとしても、HDDよりは高速になるハズてす。

Rammemory1

Rammemory2

雑誌の付属CDにあるRAMディスク作成ソフトGavotto Ramdisk圧縮ファイルをデスクトップにまず解凍しました。ran4g.regをクリック、システムの根幹をいじる事になるので警告画面が出できますが構わずクリックします。記事には続けてメモリーの図のアイコンramdisk.exeをクリックせよと書いてあります。そして次の画面て[Instal Ramdisk]のボタンを押す、また出てくる警告画面をふりきってしまえ、もうここまで来たんだから。次にどのぐらいの大きさとドライブ名にするかを聞いてきたが、メモリー容量が期待していたほど大きくなかったのでキャンセルしました。

Rammemory

戻ってスタートボタンからコンピュータ、中身を覗きますとRamDisk-PAEと名付けられたR:ドライブが作成されてます。これをコントロールパネル→[システム]→[設定と変更]→…→[仮想メモリ]とすすんで新しく出来たRAM.ディスクを仮想メモリに設定ました。これはちょっと難しい仕事になります。再起動させてRAM使用量をモニターしますと31%、ちょっと使用量が減っているようです。

Rammemory4

メモリー増やしバンザイ。でもその代償で電気がなければRAMはダダのシリコンの石、電源が切れればメモリーの内容ダダちに蒸発。これでは休止状態からの復帰はシステムエラーを起こすため出来ません。電源オブションの明細設定でハイブリットスリープをナシにしておく方がいいかも。これからはWin7のごとくシャットダウンで電源を切るかな、ウチのは遅くても一分半、許せる起動時間ですもの。

|

« 「コンピューター・アート」オフ会展に参加する | トップページ | ライセンスはややこしい »

コメント

Vistaで1Gはチトきついですね。
今度買い替えたはWin7ですか?
それでも2Gは欲しいところです。
Win7発売以来 64bit需要でメモリーの
価格が高かったのですが、
このごろちょっと落ち着いてきたので
買い時かもしれません。
メモリーは中古で、
こまめに探してお得に増設できますね。

投稿: ひとみ | 2010年4月22日 (木) 09時25分

こんばんわ 1GBで頑張ってます。買うときに2GBまで増やせますよと言われてたのに。
来年の決算時には買い換えたいです。

投稿: mazza | 2010年4月21日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/48050399

この記事へのトラックバック一覧です: 8GBのメモリーあるなら:

« 「コンピューター・アート」オフ会展に参加する | トップページ | ライセンスはややこしい »