« MY GIMP2.6 | トップページ | Plug-in で遊んでみるぞ »

2010年1月26日 (火)

はじめてのアナログ水墨

Sumietiger2

Sumietiger1

今日は太極拳の後はフリースクール、来月2月のプログラムの予定を頂きに。いつものこと、まだ出来てなかった。その代り試作で作ったパンフを仕上げることになりました。


ここでは学院長の魅力か人脈かいろんな人が講師で来ます。今日は水墨画。大テーブルにが汚れないようペーパーパレットと同じコーティング巻紙を敷くのを手伝いました。私は生徒が描くのを見るだけかなぁ、ところが、紙があるから「いっしょに描いてくださいね」。

本番前に少し線を描く練習、書道用の太い筆でできるだけ細い線を描くんだって。これはペイントの丸筆の先をほんの少し平たくしてチズルエッチで描くのとおなじです。

本番の用紙は半切(34.8×136.3cm)、見本はあるけど下書きなしのいきなり。子どもたちはなかなか筆を下ろそうともせず文句タラタラ。私は絵描きだartsign01タラタラしない、いきなり鼻ずらから描き始めました。

墨の滲みを体得してないので、白く塗り残すことが出来ず、それよりにじみの軌跡がぬれてもこんなにはっきり残るとは…。それが面白くて形より滲みで遊ぶ。濃い墨でアウトラインを入れて何とか形になったけど、肩より後ろはエネルギー切れでイイカゲンです。

なんだかうちのネコに顔が似てるなぁ。講師さん曰く、何となく自分の顔か自分のネコcatに似てくるそうです。ひとり生徒でなんで「下書きなしでこんなに描けるん??」と私にしきりに聞いて来ます。頭の中で下描き出来るから、これは自分でたくさん見て描いて体得するしかないの。

|

« MY GIMP2.6 | トップページ | Plug-in で遊んでみるぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/47397714

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのアナログ水墨:

« MY GIMP2.6 | トップページ | Plug-in で遊んでみるぞ »