« 背番号7の監督に交代すべきか?? | トップページ | 神戸ビエンナーレに出張観賞 »

2009年10月19日 (月)

オカンがするSSDの増設

sevenにお入り頂くSSDを増設いたしました。

SSD=ソリッド ステート ドライブというのは、
データーを保存しておく最新のパーツです。

大容量のメモリーでHDDの代わりにしようとしたもの。あのメモリーより格段に大容量の黒い四角いものが中に入っています。直接電気信号でチップに読み書きするのでメカに頼る部分がありません。しかも高速。動力用電気が要らない分省エネ、だからバッテリーが長持ち。音もしません。でもまだまだ価格が高いです。

今まではHDD=ハード ディスク ドライブというもので記録していました。

レコードのアームのような先のさらに微細な先端から磁気で金属の回転板に書き込んでいく仕組みになっています。回転板は読み書きを早くできるように高速回転してます。当然回転数に限界=読み書き速度に限界があります。動力、精密なメカ部分が弱点になってしまいます。最近では2TBという限界に近い容量を持つディスクが出るようになりました。とはいっても、普通に使うのには十分ですし、ずいぶん安いです。

私の求めるSSDはVistaseven両方入れたい。容量は余裕の120GB。プログラムだけならそんなに容量は要らないかも。だけど将来性と安定性に投資ました。マザーボードへの接続はSATAで簡単に出来るものにしました。

Ssd1 そこで価格.comで物色、貯まったポイントが使えるsofmapの通販で買ったのはPatriot Memory PFZ128GS25SSDR
です。
WEB表示価格は37980円、期間限定会員価格とポイントでそれより4000円安く買うことが出来ました。

Ssd2 送られてきたのを開けてみます。思ったより小さいです。ノートにも入れられる規格だからでしょう。この小さいパーツをデスクトップの中にどう納めるのでしょう。ご安心を、マウントとネジが同封されています。
知らないのでネジを別に買ってしまいました。

Ssd3 そのままHDDの取り付け場所に入れてネジ止めします。電源とSATAケープルをつなぎ方はHDDと同じ、経験済みなので簡単に出来ました。
ただし、このマシンはHDDベイをヘッドホンジャックにつながるケーブルが横切っているのでそのままでは収まりません。前日つなぎ直す作業が必要でした。

Ssd4 次はPCをスイッチON、BIOSを立ち上げてみるとめでたく認識してくれてました。それだけでは使えません、入っていただくお部屋作り、フォーマットです。マルチブードにするため半分こにしました。すごい、スゴイ、10分少しで完了してしまったぞ。

windows7

|

« 背番号7の監督に交代すべきか?? | トップページ | 神戸ビエンナーレに出張観賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/46529699

この記事へのトラックバック一覧です: オカンがするSSDの増設:

« 背番号7の監督に交代すべきか?? | トップページ | 神戸ビエンナーレに出張観賞 »