« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月25日 (金)

古くて新しいモニターを買う

友だちの友だちからモニターを使わないからともらいサブモニターで使ってました。

でも、古くて古いモニターだから色が薄いのです。ページを修正する、モノクロ原稿をつくる時はほとんど気になりません。
絵を描いたり画像を扱う時にはこの表示の差を頭に入れての操作。太さの違うスパゲッティーを時間差で鍋に投入、硬さを合わせる技でなんとかやれるだろうと思ってました。
でもね、やっぱり同じモニターが欲しいよ。

2年半たって、世の中はワイドモニターばかり。それでもスクエアにこだわるのは、横長は構図をとりにくい、ペンタブを買いかえるのがもったいない。芸術は規格外。いい作品が出来ればそれでよい、ワガママでなっちゃ。

5日前、型番を検索に賭けて2時間粘りました。中古店にはもっと古いものか、最近のものばかり。やっとヤフオクで明日になるころ「あった」、ありました。もちろん即決価格で落としました。それでも買った時の3分の1以下の値段です。これでわたしもヤフオクデビュー。

Wmonitor6 初めてでどうなるか心配でしたが、売主さんがとても良い人で取引もすんなり。あちらでもサブモニターで週に3~4時間の使用、家のよりきれい、ドット抜けは1点もなし、いい買い物をしました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

ハレの舞台

NDK 財団法人日本デザイン文化協会
講座、交流、発表などを通じてファッションデザインの向上をめざす日本で一番大きい団体。3回入選で正会員に推薦されるのだそうです。

もちろん次のデザイナー育成のための活動もあります。

今年はきのう大阪NHKホールでおこなわれた
NBKファッションショー
のなかの11:00から午前の部
ヤングダイナミックコンテスト
です。会員の宝塚造形大学、四天王寺大学、夙川学院短期大学、堺女子短期大学、などから毎年コンテストで参加してます。
今年は日曜でしたのでつれあい君と一緒、まん中の子、おばあちゃんの友達まで大勢で行きました。なんたって下の子の作品がハレの大舞台に上がるんだもの。

在学している神戸女子洋裁専門学校では高校課程2年から参加してます。専門課程を入れてチャンスは5回、人数が少ない。ほかの学校より有利な条件。うちの子は去年は落選、でも今年は3点送ったデザイン画のうち一点が見事入選しました。入選するとモデルさんによる実作品コンテストに進むことになります。ハターン起こし、仮縫い、モデルさんに着てもらって補正、夏休みもつかっての作品制作私の入院中見舞いに来た時宿題で袖をまつってました、リハーサルと忙しい。初めての大舞台の一時つぶされそうなった時もあって心配にもなりました。

舞台を見て正直入選はしないだろうな、でそうでした。だけども、本人にとって楽しそう、話からは他では出来ない大収穫をしてるんだぁと思います。好きなことしてるんだもの。来年の収穫が楽しみにいているぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

ヌカルミエ

Rfl20094

去年、場所を間違えで行けなかった夜のRFL芦屋に昨日行ってきました。
あいにく家を出る15時少し前から本ぶりの雨、私もRFLと同じ雨天決行。去年ごちそうになったお礼の手ごね手焼きのパンとタオルを持参して出かけました。

Rfl20093 芦屋から会場へは雨にも負けず歩いて行きました。会場には5時前に到着、もうすぐ開会する時間です。まずは受付でエントリー、去年と同じがん体験者=サバイバーの証、紫のリストバンドとバンダナを受け取り。すぐ横のテントでがんばってるぞの手形の寄せ書きに参加しました。
去年は手の入る余地が無くで押してません。

Rfl20092 雨はなかなかやみません、リレーウォークスタート後も降り続きました。生き抜いてきた根性で雨でも歩くのだ。リレーウォーク参加するにはどこかのグループに混ぜてもらって一緒に歩くことになります。今年は奈良から一族来られたグループに入れてもらいました。自分の中の他人『がん』を受け入れないと生き残れません、その葛藤を乗り越えた人は他人にもフレンドリーです。トラックはぬかるんでグスグズ、こけんようにゆっくりペースで5周ほどしました。

Rfl20091 そうするうちに日が暮れました。トラックに並べられて夜通し歩く道しるべの明かりが鮮やかになってきました。これは防水・難燃加工した紙袋に500円の募金でメッセージを書き、その中にペットボトルの土台とろうそくの明かりを灯すものです。気持ちのこもった明かりがたくさん集まってとてもきれい、今日の一番の目的はこれを見に行くこと。神戸の震災の鎮魂の明かりと同じ「ルミナリエ」だそうです。生き残れなかったがん体験者の鎮魂の明かりの意味もあるのでしょう。

そんなオモい話はさておき、夜は更けて雨はようやく上がり、屋台で食べたり、ハワイアンダンス、手話で歌うグループ、ひとりライブ…予定or勝手連でいろんなイベント、がんと思わせない明るいイベントです。私は夜通しは歩けないので20時半の無料のシャトルバスで帰りました。

雨でひとり参加のサバイバーが少なく、思うように動けなかったのでまた来年、3度目の正直で行くことに決めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »