« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月31日 (金)

GIMPで太陽系を描いてみる vol.2

   太陽編

記録的に遅い梅雨明けは遠くない、今日は良い天気。当たり前にエネルギー・重力の中心、太陽から描いていきます。

① 燃える太陽本体を描きます。

Sunm1 Sunm8 Sunm7

  • [フィルタ]→[下塗り]→[球面デザイナ]を使い、(色選択モードを三角を180°回転した補色)青いで太陽を作ります。
  • 球面の縁を明るくするため、[色]→[諧調を反転]します。
    Shadeの表面材質を設定するのとほぼ同じです。空間全体の均一な光、大域照明無いようで縁は明るく出来ませんでした。そこで画像全体を反転したわけ。
  • [フィルタ]→[ノイズ]→[拡散]で表面のうごめくガスの感じにします。

② 上のレイヤーにブラシでプロミネンス、黒点を描き加えます。

③ 下のレイヤーにコロナを描きます。

Sunm9

Sunm10

  • 別の黒地の用紙を用意します。
  • [フィルタ]→[下塗り]→[CMLエクスプローラー]でもとのスジスジを正方形に塗ります。
  • [色]→[脱色]でモノクロに。
  • 正方形に[切り抜き]します。
  • [フィルタ]→[変形]→[極座標]で中心から放射している形に変形、縁をぼかし選択で消します。
  • [フィルタ]→[変形]→[対話的ひずめ]で放射の方向を動かします。
  • ブラシと消しゴムでらしく修正しました。

④ コロナの下に輝きをグラデーションで描きます。

Sunm4 レイヤーはこうなっています。

太陽の完成画像

Suno

GIMP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

GIMPで太陽系を描いてみる vol.1

    宇宙空間編

皆既日食sunで子ども図鑑を引っ張り出してきました。子ども図鑑は良い図と写真が沢山なのでイラストの資料として重宝します。子どもは大きくなり、ぼろぼろだけど私が見るので置いてます。
その本を見て、太陽系をCGで描いてみようと思いました。それも使い慣れていないGIMPでチャレンジ。シリーズでプログで紹介します。まず始めに背景となる宇宙空間を描いてみます。

① いちばん下の背景は遠くでかすかに光る無数の星です。

  • まず背景を80%のグレーでべた塗りします。
  • [フィルタ]→[ノイズ]→[HSVノイズ]で遠くの星々を作らせます。
  • [色]→[レベル]でグレーのペースをまっ黒にします。

Spacem8 Spacem9

Spacem10

Spacem4

② この背景に下からこんな風にレイヤーが重なってます。

  • 雲模様でマスクしたほんの少し明るい空間レイヤー。
  • ブラシと移動ぼかしで描いた星間ガスレイヤー。
  • 星間ガスを乗算で着色するための[フィルタ]→[下塗り]→[雲]→[プラズマ]レイヤー。

③ そしていちばん上のレイヤーに自作の恒星ブラシで明るく輝く星を散らします。

  • 100px程度の新しい白い用紙を用意します。
  • その上の新しいレイヤーに輝き付きの星を黒で描きます。モーションぼかし、グラデーションを使いました。
  • 白の背景レイヤーを目アイコンで消します。
  • 『可視部分』を.gbrでユーザー/.gimp-2.6/brushes/ファイルに保存します。
    そのままだと用紙の白が反転色の黒で描かれてしまうため、透明にして保存することになります。

Spacem11

Spacem12

④ 完成した画像です。

Spaceo

GIMP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

日食とネコ

月の影が落ちる地球には大気があり、水蒸気があるぞと思い知らされました。
日食をみようツアーで十島村の島々、中国上海に行った人は天候が悪くお気の毒でしたね。weep
ここ明石では日食の時間帯、ずっと曇りcloudでした。運よくちょうどよい曇りが太陽の光を弱めるフィルターになり道具なしでも欠けているのがはっきり見えました。ここでは最大食は8割ほど時間は11:04、太陽が三日月moon3になっていました。日が沈んだ直後ぐらいに薄暗く、地面に届く赤外線も8割になったのか涼しくなりました。 

ところで、日食の時ネコcatの目はどうなるんだろう?。光の異変を感じたのかどっか行ってしまったうちのネコ、日食中に戻ってきて写真をとることが出来ました。やたら体を舐めて落ち着かない様子でした。比較のため、最近真昼に撮った写真も載せときます。予想より瞳孔は大きくならなかったみたいです。

Eclipsecat1

最大食5分後11:10分ごろに撮影。おどおどしてます。目の様子が分かるようにちょっと明るく画像処理してます。

Eclipsecat3

晴天の真昼のネコの目は針のような細い瞳孔です。

Eclipsecat2

きょう16:30ごろに撮った写真、光が戻って落ち着いたようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

いい描けんな文字

きょうは家族でジュンク堂へ。いちばん下の子がファッションの資料に東西の甲冑の本を買ってくるためにです。家族はみんな本好き。今日の滞在時間3時間、使ったのは合計2万円、いつもだいたいこんなものです。

Tonpa 半分は歴史・人文・民俗学関係のところに2時間近くいたので、今日私が選んだのはこの本です。2年ほど前日本に紹介され、ちょっこっとブームになってパッケージデザインに採用されたトンバ文字の本です。トンバ文字とは中国奥地雲南省ナシ族の宗教、トンバ教の経典を記載するための文字だそうです。口伝えでは不安だからちょっと心覚えのために描いておこうなんでしょう。個人と意味でぶれがあるそうです。描く順番も自由、全体を見てだいたいが分かればいい、いいかげん。だけども、万国共通で分かるものがあって変な文字、絵として見ても面白く、フォークアート的な魅力があります。

そこで、私もトンバ文字をかいてみました。今のこと、パソコンはないので自分で違和感のないように創作、そばにネコがいます。

Tonpa2

Painter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

ビーチコーミング

ひさびさに壁紙の新作、お題はピーチコーミング。

Beachcombing2 海村留学で粟島にいた時、浜に貝殻、ビーチグラス、流木などを拾いに行ったもんです。生活のため時にはまな板やカゴなど生活用品までも。塩を流して干してペイントなどのクラフト材料にしていました。ここに居ても海に近く、行けばあるのだろうけど、いいものが少ないので持って帰りました。ウニの仲間カシパン殻はこっちにはありません。

Beachm2

Beachm3

素材は、そのしまで拾った貝殻、フジツボ、ビーチグラス。紙に並べて置き撮りしました。拾いものはそれぞれ切り抜いておきます。砂地はこちらの砂浜を接写したものです。砂地は覆い焼きツールでならしてパターン化しました。それらをPhotoshopで大きさとつなぎに注意しながら配置していきます。ビーチグラスはそれらしく90%の透明度にしました。切って貼るだけなので簡単です。

Beachm5 Beachm4

買いを拾う女の子は切り紙とワイヤーで作りました風にIllustratorで描いてリンクで配置しました。ワイヤーらしい線ははアピアランスで簡単に描くことが出来ます。

Illustrator+Photoshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

梅雨明けはまただけど

関東はきのう16日梅雨明けしたそうですが、兵庫はまだ、朝から雨が降っています。

Happysummer2009 今年の暑中見舞いが出来ました。今年の夏はいちばん下の子が入選したファッションコンテストの作品縫製のため休みなしです。予定は休みのしっぽで大阪に給付金でコルテオに行くだけです。のんびりゆらゆらの夏休みでくらげにしました。

Happysummer2009m1 特別な画像処理をせずシンプルにPhotoshopで描いています。パスを描くのはIllustratorの方が得意です。アウトラインはそれで描いてPhotoshopにコピペしました。それらを選択範囲に替えて白いエアブラシで描いています。ほかに自分で作ったブラシて傘の模様や触手を描きました。

Happysummer2009m2

この1日に神戸芸術工科大学の新海誠さんの講義をファンで聴講しに行って来たまん中の子からペンのことを教えてもらいました。クリップペンのスイッチでブラシの太さを買えるように設定するのだそうです。太くなるキーを [ 、細くなるキーを ] 各スイッチに割り当てます。後はショートカットを一生懸命覚えるとのこと。私もブラシで描く派、これは使いやすいですね。

Illustrator+Photoshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

約束したのは冬だった

モニターが2台になりました。

Wmonitor3今年の2月、まん中の子のミュージカルの公演後でのことです。終演後偶然におばあちゃんの友達にトイレで出会い、帰りはずっといっしょ、ずっとおしゃべり。そんなかで、デスクトップPCが壊れてノートに買い換えて余ったモニターがあると言うので譲ってもらう約束をしました。それが半年経ってやっときのう家に来ました。 Dimondcrista RDT171M、2001年製ずいぶん古い、今使っている同じMITUBISIです。右側の方です。画面は17型と一回り小さいのですが、本体は大きいですね。

私のPCのVGAはGeforce9800GT、モニターが同時に2台繋ぐことが出来ます。机2台に用紙を広げることになるので作業がしやすくなります。3Dを描く時には多くの窓を開けないと作業が出来ないのでいちいちあっちこっちに移動しなくて済みます。

Vga9

去年、DVI接続が突然認識されなくなったので、アダプターを挟んでPCに接続してます。もしかしたらアダプターなしで繋げるかもとドライバーをNVIDIAから落として入れ直してみました。DVI認識は復活しました。その代わり解像度ゆるすぎで使い物にならず…、やっばり製品についてるCDのドライバーでないとうまくいかないようです。夜中すぎたけど元に戻しました。やっぱりアダプターを買って繋ぐ方がいいみたいですね。

Wmonitor1 Wmonitor2

Wmonitor5

翌朝アダプター980円、買ってきました。繋いだ時"ボソ"と音がして認識されています。次に壁紙のどこかを右クリックでGeforceのドライブを呼び出します。モニターを付け足すことを教え、解像度が1280x1024になっているのを確認、せっかくのモニターが無駄にならずに済みました。

Wmonitor4 8年昔の物だから、眠い、淡いグラデーションは白く飛んでしまいます。でも、サブモニターで使うのならこれでも十分でしょう。ついでにメインモニターのキャブリエーションをし直しました。いちばん安もんなのでモニターを増やすと外の明るさに連動しなくなるのだけど、一度キャブリエーションしておけば別に走らせなくてもほとんど近い色に印刷出来るのでかまわんのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

J-CLICK旗揚げ公演

きのう、タップ&アイリッシュダンススタジオJ-CRICK1周年記念の旗揚げ公演にひとりで行って来ました。まん中の子がお世話になっているG・E-JAPANとはタップつながり、フライヤーには載ってはいませんが今回も参加です。

Nanba1 なんばに着きました。南座はシャッターが下ろされ建て替え前の静けさです。公演会場は大阪ミナミにあるワッハホール。小学校の夏休み、ヨシモトに行って以来のここらへん、すぐにわかるか心配です。

Nanba3 なんば駅の案内板でだいたいで行ったのに、ここだろうと頭を上げたらそこにあったので驚きました。同ビル1階から3階までにジュンク堂です。ホールはエレベーターで5階へ。

Nanba2 着いたのは16時過ぎでした。時間があるのでそこら辺のこてこての賑やかさの中をうろうろしてました。お腹もすくだろうとちょっとしたものはとあるたこ焼き屋に並びました。ここが一番安かった、8個で290円。「焼士」のおっちゃんが一人、黙々と焼いています。ソース、かつぶし、マヨネーズ等はセルフです。たこ焼きと思う味でした。となりは看板やメニューの手書き文字屋、私も独身時代同じような仕事してたなぁ。

再び戻ってホールに行ったのは17時、子どもから「混むから早めに言ったらいい」と言われていったのに待ってたのはまだ5人ぐらい、もう半時間後でもよかったかなぁ。でもめんどくさいのでそのまま並んで開場18時まで1時間待ちました。

今回の公演はIRISHバンドの生演奏付き、データーにされなかった音の響きはいいものです。踏むだけのことなのにこんなに深く心に心地よいのか、切るだけの切り紙と何か共通なところがあるなぁ。うちの子は「お祭りマンボ」と「マイムコントの泥棒」でで出演ました。昔おやこ劇場で観た、階段・エスカレーターのマイムを舞台でうちの子がしてるなんてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »