« 日食とネコ | トップページ | GIMPで太陽系を描いてみる vol.2 »

2009年7月29日 (水)

GIMPで太陽系を描いてみる vol.1

    宇宙空間編

皆既日食sunで子ども図鑑を引っ張り出してきました。子ども図鑑は良い図と写真が沢山なのでイラストの資料として重宝します。子どもは大きくなり、ぼろぼろだけど私が見るので置いてます。
その本を見て、太陽系をCGで描いてみようと思いました。それも使い慣れていないGIMPでチャレンジ。シリーズでプログで紹介します。まず始めに背景となる宇宙空間を描いてみます。

① いちばん下の背景は遠くでかすかに光る無数の星です。

  • まず背景を80%のグレーでべた塗りします。
  • [フィルタ]→[ノイズ]→[HSVノイズ]で遠くの星々を作らせます。
  • [色]→[レベル]でグレーのペースをまっ黒にします。

Spacem8 Spacem9

Spacem10

Spacem4

② この背景に下からこんな風にレイヤーが重なってます。

  • 雲模様でマスクしたほんの少し明るい空間レイヤー。
  • ブラシと移動ぼかしで描いた星間ガスレイヤー。
  • 星間ガスを乗算で着色するための[フィルタ]→[下塗り]→[雲]→[プラズマ]レイヤー。

③ そしていちばん上のレイヤーに自作の恒星ブラシで明るく輝く星を散らします。

  • 100px程度の新しい白い用紙を用意します。
  • その上の新しいレイヤーに輝き付きの星を黒で描きます。モーションぼかし、グラデーションを使いました。
  • 白の背景レイヤーを目アイコンで消します。
  • 『可視部分』を.gbrでユーザー/.gimp-2.6/brushes/ファイルに保存します。
    そのままだと用紙の白が反転色の黒で描かれてしまうため、透明にして保存することになります。

Spacem11

Spacem12

④ 完成した画像です。

Spaceo

GIMP

|

« 日食とネコ | トップページ | GIMPで太陽系を描いてみる vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/45775808

この記事へのトラックバック一覧です: GIMPで太陽系を描いてみる vol.1:

« 日食とネコ | トップページ | GIMPで太陽系を描いてみる vol.2 »