« シェイプアートでもうひと作品 | トップページ | まだあるゴールデンウィーク »

2009年5月 4日 (月)

江戸時代のカワイイ

きのう、大阪に行ってきました。

今、したの子は学校で私のジャケットを本縫いしてます。仮縫いの試着の時、ボタンをなんばのとらや に買いに行く約束をしてたのです。その前にせっかく大阪に行くのだから…。
前日のお昼前、TVのCMでこんなんやってるんだちょうどいいや。天王寺だからなんばに近いということで、

Osakamuseum 大阪市立美術館
江戸のオートチュクール 小袖 展
       -5月30日まで-

今度は日本のファション展です。江戸時代初期淀君がお召しになったという小袖から後期までの小袖のコレクションです。みて最初に思うのはサイズが小さい、今の14、5歳ぐらいの感じです。昔の人は小さかった、七宝美術館内の台所のタイルの流しも低かったのですから大きくなったのはつい最近なんですね。

同時のファッション誌と言えるひな形本とそれに近いデザインの着物と同時展示もありました。それを見ておしゃれにわくわくするのは今と変わりありません。多くは季節の花々、松竹の植物模様でした。文字や障子まで取り入れたシュールで大胆なデザインも。技法も友禅、絞り、筒描きにさらに刺繍と手がはいった贅沢なものです。だからお上にタビタビお咎めが出されたようです、年表によると。着物は直線縫いでパターンは今もほとんど変わらない代わりに柄で違いを見せようとするのは当然でしょう。

ほんとにさまざまなデザインですが、今のもりもりのカワイイと同じものを感じます。日本人の奥に流れる感性は変わらないんだなぁ。


市立美術館の帰りはいつも植物公園の中を通ります。美術館の入館料に入っているので。ここは南側にバラが多く植えられています。まだ3分咲きと言ったところで少し早かったようです。

Roseandbee
やっぱりムシがおります。

|

« シェイプアートでもうひと作品 | トップページ | まだあるゴールデンウィーク »

コメント

こんばんは。
行って見てソンはないですよ。
江戸時代のデザインは遊びと色と形と行く度に感心です。
お天気が良ければ、公園でバラの花見でお弁当はどうでしょう。
近くのABCクラフトによってくのもいいですね。

投稿: ひとみ | 2009年5月 4日 (月) 23時27分

こんばんは、ひとみさん
いろいろなイベント、見てらっしゃいますね
江戸のオートチュクール小袖展
私も昔のものが好きなのでとっても興味が
湧きました、30日までとか、
行きたいですね(^^)
ゴールデンウィークたけなわ
私は巣篭もりしています
ひとみさんのブログを見て
外に出かけてみたくなりました

投稿: カントリーおばさん | 2009年5月 4日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/44892847

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代のカワイイ:

« シェイプアートでもうひと作品 | トップページ | まだあるゴールデンウィーク »