« チンチン電車とまんなかの子 | トップページ | Inkscapeで描いたクリスマス 前篇 »

2008年12月 8日 (月)

チンチン電車とつれあい君

広電(広島電鉄)は私のつれあいとも縁があります。

Tintindensya5 つれあいは現在の会社に転職する前、アルナ工機で電車の設計をしてしました。ベビーカーには会社から余りでもらってきた会社の名盤が貼ってあります。窓枠や座席などの内装を担当していたのです。初めて座席と車のバンパーにあたるスカートの設計をしたのが3500系連結車だそうです。だから、私が広島に行くといったとたん、広電乗るんかといろいろとうんちくを垂れるはずです。

Tintindensya7 広島には戦前から、日本各地から世界からもバラエティーに富んだ車体がひっきりなしに走行しているのでただの観光でも楽しめます。子どもの時、神戸にも市電が走っていて乗った記憶があります。その車体もここでは現役です。ほとんど初めてといってもよいほど久しぶりに乗ったので電車が道路信号で待つなんてヘン。市内なら大人150円均一。実際乗ってみると市民の足としてしっかり根付いているんだなぁと感じます。

行きは3900系、帰りは5000系に乗車、
どちらもアルナ工機製Tintindensya6 でした。
行けなかったつれあいのお土産に写真をたくさん撮ってきました。小鉄子してまいりました。

|

« チンチン電車とまんなかの子 | トップページ | Inkscapeで描いたクリスマス 前篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/43357744

この記事へのトラックバック一覧です: チンチン電車とつれあい君:

« チンチン電車とまんなかの子 | トップページ | Inkscapeで描いたクリスマス 前篇 »