« 専属衣裳係 | トップページ | 鼻から入れる内視鏡 »

2008年11月20日 (木)

むかしからの友だち

私は小学生のころから場の気配を感じてこの団体が次にすることが読めないのです。だからいつも置いてけぼり…。だから今も友だちが少ないです。出来ることと出来ないことの差が大きことの生きにくさに悩んだこともありました。でも、5年前世間から「降ります」宣言をした今は自分を楽しんでます。

そんな私にはなぜかしんどくなった人から電話ががって来ます。私はタダタダ話を聞くだけなんですが、それか相手の安心になっているのでしょう。短大時代からの昔の友達から電話がありました。こんどは「直接会いたい」ということになって、きのう神戸でランチをしました。

彼女も不登校の子どもを抱えていました。今は落ち着いて通信制高校に通っているそうです。ということは、私のまんなかのこの子の入れ替わりの後輩になります。つらい時は休むのは当然、勉強はしたい時にやれば十分やっていけるんだから。これは断言できます。うちは子ども3人不登校を経験したのだけど、学校から離れて自分のしたいことがわかったんです。横にそれたことでかえってよい結果になっています。

どこのうちだってタイヘンなことを抱えているもの。きのうの話では彼女うちもだいぶ落ち着いてきてるようで安心しました。

|

« 専属衣裳係 | トップページ | 鼻から入れる内視鏡 »

コメント

コメントありがとうございます。
こちらも次の記事のことがありまして返事が遅れてしまいました。
私も遅ればせながらのIllustrater使い、
やりたい時がやり時だよね。
たくさん真似をすればきっと
今より上手く描けるようになりますよ。
グラフィックの基準ソフトなので指南書もたくさん、
時々立ち読みでお安く勉強してます。
また時折コメントくださいね。

投稿: ひとみ | 2008年11月27日 (木) 16時42分

アニョハセヨ..._φ(゚∀゚ )
はじめまして コメントいただいたのに
気がつくのが遅くなってしまいました。
私のブログにもお返事を書きましたので
お暇な時にでもみてくださいね。

作品を少し見させていただきました。
とてもきれいに描けていてただただ感心するやら
羨ましく思っています。ゆっくり見させていただきます。

私は60半ばを過ぎたおばあちゃんですが
イラストレーターどこまでやれるか解りませんが
頑張ってみようと思っています。

投稿: michiママ | 2008年11月24日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/43175440

この記事へのトラックバック一覧です: むかしからの友だち:

« 専属衣裳係 | トップページ | 鼻から入れる内視鏡 »