« GIMPですぐデキる!をやってみるぞ | トップページ | はじめての幹事 »

2008年9月 3日 (水)

ハートいっぱい効果

Cocolog_oekaki_2008_09_03_09_20
前の記事の続きです。

9月になって記事作成のツールが増えてる。顔アイコンをクリックしそこなってお絵かきツールを押してしまいで気が付きました。簡単な絵ならこれで間に合いそうですね。さっそくGIMPくんを描いてみました。そのまま貼ると大きすぎ、HTMLの編集画面でwidth="**px"と書き足せば大きさ変えられます。

画像加工、CGの楽しいところはフィルターです。OK押したらコンピューターがどんな結果を描き出してくれるかわくわくです。
Presaaion1 練習でGIMPreaaionistを使いました。この場合、白地にランダムに●を散らして水滴のモトを描くことに使いました。本来はブラシがモトの画像に落ちた時、その下の色を拾ってブラシが染まるようになる仕組みのよう。写真にマチエールを付けるのに使うようです。

こんなの好きだから、いじりまくりです。でもGIMPreaaionistに入っていたブラシは私の好みではなんです。自作ブラシでやるにはどうしたらいいだろう、また試行錯誤…。クレースケールの画像を白黒反転、GINPプログラム内のPreaaionist Brushesファイル内に.pgmと拡張子を変更してほり込めばいいんです。

これがその結果です。

Presaaion4 フィルター結果を分かりやすくするためにグラデーションに塗りました。

Presaaion3 影付きの□のブラシをランダムに配置するように設定したら、紙吹雪です。

Presaaion2

いい感じなので設定を保存しました。
そのままで自作のハートブラシにしたらハートパンチでいっぱい切り抜いたみたい。

写真でやってみたらラブリーな画像になりました。これはかなり使えそうですよ。
Presaaion6Cocolog_oekaki_2008_09_03_11_05 Presaaion5_2

GIMP

|

« GIMPですぐデキる!をやってみるぞ | トップページ | はじめての幹事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/42365862

この記事へのトラックバック一覧です: ハートいっぱい効果:

« GIMPですぐデキる!をやってみるぞ | トップページ | はじめての幹事 »