« オイルペイント 最後の補習 | トップページ | ふたりが探していた本 »

2008年9月21日 (日)

手書きにいたす

始めて作る自分のホームページ。
レイアウトやページの構成をラフに描いてみることからはじめました。そしてIllustratorでダミーページを描き、
色(#○○○○○○)と各要素のピクセル寸法を割り出します。このプログをカスタムする時もダミーページを描いてます。本屋さんでレイアウト例を見てみたのだけどおしゃれすぎて参考にはなりませんでした。

Tegakiweb それからHTMLやCSSに書き起こしています。なんと今は紙と鉛筆で格闘中、PCではないんです。タグやファイル名を省略しないでイチイチ書いてます。
今思うに私の独学は手書きみたい。20ちょい前のプログラマーはコードは手書き、それを外注でパンチャーさんに入力してもらってたんです。だからかな、手書きといえども案外早い。
身につけるためにはまず手書き、古いと言われてもこれが私のやり方です。

|

« オイルペイント 最後の補習 | トップページ | ふたりが探していた本 »

コメント

一カ月ぶりのコメントだ、嬉しいね。
鉛筆と消しゴムと5㎜方眼用紙、文具屋にあるのは今も便利だから。
まず電気が要らない、書きながらの方が私にはレイアウトの新しい発想が出やすいみたい。それと一番の理由は目がしょぼしょぼしないwobbly
そのまま移植して動く、ほとんど手書きで作るつもりです。いまどこまで、いつまで出来るか予想がつかない、気長にお待ちくださいね。

投稿: ひとみ | 2008年10月 2日 (木) 14時04分

あ~解ります。
私もHPを作る時は、まず手書きです。
デザインを簡単に描きあげて、私は難しい理屈は全くわからないのでsweat01シンプルなHPしか作ることが出来ないのですが、EMエディターにHTMLでこつこつ組み立てていきますcoldsweats01
HPビルダーなどの支援ソフトを使えば、もっといろいろな技が使えるようになるのでしょうが、何事も「自分でやってみたい」わがままな私は 取り合えずHTMLでやってみたわけですsweat02

お粗末なHPではありますが、自力で作り上げる楽しさが味わえたので まぁ良しnoteとしていますhappy01

ひとみさんならきっと素敵なHPが出来ると確信しています(ハードル上げちゃった?!)bleah
頑張ってください。

投稿: みい | 2008年10月 1日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215806/42551212

この記事へのトラックバック一覧です: 手書きにいたす:

« オイルペイント 最後の補習 | トップページ | ふたりが探していた本 »