« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月30日 (土)

雲から月が…

Fullmoonrabbitあんなに暑かったのに、オリンピックの終わる頃にから涼しくなってきて知らんまに、季節の入れ替えが進んでます。
季節の狭間はいつも雨、降れば異常に激しい雨、雨災害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

そしてうちも壁紙変えないまま2月近くになってしまいました。だから秋らしくお月見をテーマに描き下ろしです。

先週の太極拳の日の午後、ジュンクでGIMPですぐデキる!2008を買ってきました。ヘルプが出てこんし、機能一覧出来る本が欲しかったのです。フリーの解説本は製品ソフトのマニュアル本に比べるとほん少ないのです。あっても実例ばかりで、そう全機能網羅されてもなく…雑誌の立ち読みでかき集めてくるか、イジリ倒すしかないみたい。

その銀河鉄道を描こう106pの月の描き方にへぇ~と思ってマネしました、ダイタイの。使い慣れたPhotoshopで私のイメージする月を描いたので、操作は違ったものになりました。


Makefullmoon9 Makefullmoon1 Makefullmoon2300×300pxのキャンパスと背景+レイヤー2枚計3枚を用意します。

  • 背景 ダークミッドナイトで塗りつぶし
  • 中レイヤー 雲模様で塗りつぶし→クレースケールのノイズをかける
  • 上レイヤー レイヤー複製ではなく雲模様でノイズ→拡大してきめを粗くする→ぼかし→レベル調整で明るく→スクリーン25%で下の画像とレイヤーと結合

Makefullmoon3フィルター>変形>球面に画像を歪めます。
○選択で球面を選択→選択範囲反転→消去します。

Makefullmoon7選択範囲を保存します。
画面いっぱいいっぱいなのでそのまま縮小します。

Makefullmoon4縁を明るくするために明るさ・コントラストの調整レイヤーを作り、マスクをこのように作成します。
縁はほんのわずか2px選択範囲をぼかしました。

Makefullmoon6下に新しくレイヤーを作成します。
背景のミッドナイトを明るくした色を円形のグラデーションで塗ります。
スクリーンモードの適当な透明度に調整した光彩を入れて出来上がり。

今回はこのまま、着色しませんでした。私なら昇ったばかりの満月なら黄色っぽく、月食なら赤金塗りますね。

Illustrator+Photoshop

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

いいにおいがするゾウ

たいてい買いモンは新幹線西明石駅を過ぎて県道をずっと北に、おおきいコープさんに行きます。毎日生活の中で歩数を稼ぐためにです。後いくつかほかのスーパーを回ると8000歩になります。

Anand1 半年前に私の主治医のいる譜久山病院の道向かいに新しく小さいカレー屋さんANDND-アーナンダ-が開店しました。買いモン帰りにその前を通るとカレーのいいにおい。食の安全性を嗅ぎわけるこの鼻センサーからすると、本格的本場インドカレーのようです。かなりうまいと判断しました。でも一人で入るには気が引ける、インドのおっちゃんだし…なかなか行けずじまいでした。でも今日、夏休みも後少しだから近くで何が食べようかということで、いちばん下の子とやっと行くことが出来ました。

Anand2 店にはインドのおっちゃんが2人、席は12席あるかどうかです。歌って踊るインド映画名場面集のDVDが小さいモニターに映ってます。日本語は通じません。注文は指さしとボディランゲージで。マトンカレーがないと理解するまで3分かかりました。日によってメニューにないのがあるようです。インド旅行気分で楽しみましょう。私はチキンマサラ+ナン1180円を注文しました。

ナンは注文してから釜の内側に貼りつけて焼きます。大きい、長さ40㎝以上はあります。カレーは野菜がしっかり煮込まれてして、意外とあっさり、そんなに辛くありません。鼻が見込んだ通り、おいしいものでした。リピーターになりそうです。

Illustrator・Painter

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

花・花 描きました

花・花の出品作品、昨日筆描きでダイタイのところ描き上げました。しばらくこのまま置いといてしばらく眺めます。時には描き足したりして。板の厚みは6㎜ほどですが、もっと和風に銀箔を貼る予定です。

イラレで描いたデザインそのままプリンターでトレぺに印刷、それを板に移して描きました。初めは花びらをフィルバードのテッピングで描いのですがどうもうまく描けません。思い切ってサンダーで削って下地から描き直しました。デザインも少し変更しました。大菊はベタ塗りしてほとんどサイドローディングです。小菊はストロークです。中央は白大菊です。色彩計画には含まれない無彩色を周りの赤小菊以上に目立出せる、難しいことしてます。ジェードからハイライトの明度差を深くして目立たせてします。アクリルではひと筆で色の差を描くには限度があるので、何重にもかき重ねて手間がかかりました。

Hanahana4 描き上げた作品はあまり彩度の強い色を使わなかったのに、思ったより派手になりました。和の配色はオイルペイントで習った配色のセオリーと全く違います。こんなことしたら先生に怒られます。だのに完成する違和感なく仕上がるとは配色は奥深いものですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

バックダンサーだって

ばあちゃんちに居るまんなかの子、帰ってくるのはStage21のレッスンのない土曜日、それも「精霊の守人」が始まるかぐらいの頃です。バタッと来てはメールの確認、mixiのお手入れ、携帯プレイヤーに音楽をほり込んで、ひと踊り。そしてバタッと去っていきます。

今日はmixiに今年の出演予定をの書き込みしていました。
そこでプログにも「載せるでぇー」です。

出演情報

  9月6日(土)

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2008 Paradiso
~夏のハラペーニョ~

※毎年恒例☆TUBEの甲子園ライブにバックダンサーとして参加させていただくことになりました☆☆

  10月26日(土)

~宅原浩一TapDancer60周年記念企画~
タップ&ダンスワークショップ第15回公演
『KEEP ON RHYHM』

時間/17:30開演
会場/メルパルク新大阪
チケット/前売3200円、当日3700円

  12月4~6日

ミュージカル『チンチン電車と女学生』広島公演
会場/アステールプラザ

  12月27日(土)

G・E-JAPANクラウン・アドバンス・クラス卒業公演
会場/ピッコロシアター中ホール
料金/未定
時間/昼・夜2回公演を予定

24日、衣裳の白スニーカーを頼まれて買いに行ったことをつれあいに話しました。そしたら、「スクールメイツやなぁ」。懐かしいですね。かつてのつれあいファンだって始めて聞きました。だから自分の娘がステージで踊るようになってまんざらでもない様子。父も応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

勘亭流がない

このPCを買って一年半とチト足らずちっとも気がつかなかった。

Vistaには
Kanteiryuganai

XPには標準で入っているそうなんです。そう言えは、これを買う前の中古富士通ノートPCでお正月ペイントのデザインをした時、使ったなぁ。普段使いしないけど、時に日本テイストの味付けには重宝する文字なのにVistaiないのは困りモノです。

そこで今日、神戸に行く機会があったのでいろいろ調べてみました。

  1. はがき作成ソフト「筆ぐるめ」に入っている。
    買ってもいいけど、イラレがあるし、だいいちイラストは自分で描けるのでいらん。
  2. お店でたくさんのフォントが入っている
    パッケージとして売ってる。
    最低1万円台、何百もフォントはいらん。
  3. メーカーさんのHPから
    そのフォントだけダウンロードで売ってる。
    1書体に付き安くても2100円。もしかしたら買うかも…。

家に帰ってもひとつ考えてみました。もしかしたら、中古富士通ノートPCは息子にやったので家の中にある。そこのコントロールパネル内のフォントから移せるんや、息子はゲームかマンガの蔵書管理にしかPCを使わない…。で、USBメモリー経由で移植に成功。お金を使わずに済みましたです。


あわあわcoldsweats02、Photoshopの文字入力が出来なくなってしまったぞ。完全インストールし直してプログラムを修復、あっふデートし直してやっと直しました。やれやれと時計を見たら、明日になってしまってます。お盆休みだからいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

花・花・花 出品作品製作開始

今年の11月下旬に日本手芸普及協会ペイント部門5周年記念展「花・花・花」が東京で催されます。講師資格をまったく行使しせずカトいって何もせずの私です。教室はいくらガンバっても生徒さん次第なのですが、これなら「参加します」の意思表示で出来ます。罪滅ぼしで申し込みました。

素材のハートの板が思ったより早く送られてきました。完成作品を送るのは11月なので製作時間はたっぷりあります。ほっといたら、ほっといたままになりそう、久しぶりオリジナル作品のため久方ぶりに筆を持ちます。

Hanahana2_2 Hanahana3

塗りを消したら
実物大図案

とっても、初めに持つのはペンタブのペン。Illustraterで図案と配色をデザインです。あんまし得意ではないけど画面の80%花モチーフでないとアカンそうです。そこで、こんどの作品のテーマは和風。去年の秋、大阪市立博物館でひとめ一万円で買った東方出版「和装下絵集」が資料それに紋切り紙をプラスして構成してみました。

Hanahana1 今日はベースの下塗りをしました。ベタ塗り一色では面白くないので私はよくぼかし込みをします。とはいえ最初はベタ塗り一色した後、霧吹きで表面に湿らせた後sun今日は特に暑くてすぐ乾きそうなのでリダーダーを薄く塗っておきました、クリアークレンジングメディウム遅乾剤を絵の具と2:1に混ぜたものをぺぺっとのせて、刷毛ですばやくなじませていきます。
Hanahana このとき使うは柔らかい羊毛の刷毛、短大のデザイン科を卒業する時、ロッカーに残されていてもったいないなと持って帰ったもの。もっと柔らかくなってグットなぼかしにしてくれます。手放せません。

次は、図案を写してほとんとフィルバードのストロークワークで描くことになるでしょう。だからプログの更新はしばらくお休みです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

フリードローソフトを使ってみるぞ    Inkscape編

artお絵かきソフト体験記、まだ続きます。

パソコンで平面の絵を描くのにはふたつ方法があります。今までは塗り塗りペイント、マウスやペンのカーソル下の仮想画用紙レイヤーならアニメの仮想セルに色を落としていくだけというアナログ的な方法です。使う側にしても理解しやすいですね。でも、縮小から拡大とその繰り返し、設定を間違えると絵がぼやけてしまいます。そうなるともとには戻せません。

もひとつ、描き描きドローと呼ばれる方法があります。描きたい線や面の輪郭の鉄道の駅のような向きが変わるポイントの方向と強さから計算してパソコンが描くものです。そうして描いたオブジェクトを切り紙絵のように組み合わせて絵にします。拡大縮小してもくっきりです。独特の方法で描いて行くので練習と慣れが必要です。人を選びます。そして、買うには高いcoldsweats01

これにもフリーソフト、Inkscapeというのがあります。

いちおう日本語対応インストール時に設定、でもHELPと半分は英語のまま。ポイントと線と塗りの編集方法がIllustraterとかなり違うのでこのソフトの練習にはならないなぁ。オブジェトの重なりはレイヤーはあっても見ることも、それだけ選ぶことも出来ないので不便です。
Cactuschan2 完成作品を書き出そうにも、私の知らない使わなそうな形式ばっかりです。試しに.pdfで書き出してみたら対応していないグラデーション、透明は消されてヘンな絵になってしまいました。
色に直接透明度が設定できる、ぼかし、グラデーションの後からの変更がやりやすいのがちょっといいです。

お金を稼ぐほどの立派な絵を描くこともないし、ちょこっと体験ならこれでいいかな。Illustraterに慣れた私にはちょっと使いにくいですね。

Cactuschan

Inkscape

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

フリーペイントソフトを使ってみるぞ   Paint.NET編

続きますぞ、ペイントソフト使ってみたぞレポート。
今回はPaint.NETです。

ワシントン州立大学とMicrosoftの共同開発、だだ今生長中だそうです。だから画面やショートカットなどはWindowsのおまけに付いているPaintから引き継がれてます。だから馴染みやすく、使いやすいです。Vistaの上では強制終了せず、よく走ります。
Sttestpaintnet 特に筆が今までのフリーソフトの中では最も素直にきれいなストロークが描けます。写真の修正にレベル補正などの定番フィルタもそろっています。あまり凝ったことしないのならこれで足りるでしょう。
筆やバケツの塗りつぶしにパターンを指定するとスクリーントーンを貼ったような絵になります。重ね張りしたようにするには、上に作ったレイヤーに貼って白色を選択して消します。

ちょっとモノ足りないのは、Paintで網ゴシゴシだけどもあったエアブラシがないことです。ベース塗りにジェードとハイライトを描き加えるのに困ります。後でフィルターでぼかせば出来ないこともないのですが、結果を予想しながらべた塗りするのは難しいです。だから、この作品では、マスキングしながらほとんどグラテーションで描きました。珊瑚の点々はパターン塗りを重ねてます。

Coralreef

~海中から見上げた波はこう描いてみました。~~~~~

Makecoralreef1 上のレイヤーにグラデーションで全面塗り。
Paintでは出来なかった透明度指定が出来ます。中央の白い部分は背景の白が見えています。

Makecoralreef3 上半分の海面に筆で白を塗るか、消しゴムで白く消してゆらゆらと描きます。
さらに、ベースの青い色より濃い色を青く残った部分におなじょうにゆらゆらと描き加えます。

Makecoralreef2 水平方向移動ぼかしフィルターをかけます。
モノ足りなければ、さらに角度を少しだけ変えてフィルターをかけます。

Paint.NET

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »