« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月28日 (水)

IllutratorがCS3になりました

Vistaが5月から随時自動更新でSP1になるそうです。ちょっとは速くなるそうです。早い遅いは私はあまり気にしない、電車が5分遅れたってちっとも気にしない支障もない性格、生活です。でも少し気になることは、OSの大更新でアプリケーションがちゃんと走ってくれるかどうかということ。特にグラフィック関係は曲者でちょっとしたクリックのタイミングで強制終了されたり、フリーズ、ひたすら画像表示が縮むということが時々ありました。

時間の余裕のないときに更新されてもなんだし、あとの動作確認もしたいので日曜日にMicrosoftのHPより落としました。こんな私だから回線は安い遅い、落とすのに一時間半かかりました。それからインストールは何度も点いたり消えたり数回再起動して一時間ちょっと。

インストールはテレビを見ている間に無事成功しました。そして持ってるアプリケーションを起こしたり、終了したり。一つだけIllustratorの表示か強制的にクラシックに変更されてしまってます。アプリケーション自体はちゃんと走ってはいます。別にこれで使っていっても支障はなし。でも去年からIllustratorはUPする気でお金を貯めていたし、切り紙を始めたので消しゴムツールが欲しくなったし、いいんじゃない。

私はパッケージのをそのままインストールすることはしません。まず体験版を落として走るかどうか確認します。ソフトは返品できませんから。とりあえず問題なし、ついでにいろいろやって遊んでみます。

今回はきのうちょうど大阪に行く機会があったのと、その前に時間があったので、途中下車してSofmap神戸店大阪店はごちゃごちゃしていてどこにあるのか探すのに時間がかかりそうだしに買いに。こうすれは通販より早い。体験版を使ったのは一日だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺいんとなかまS親睦会

Marubiru きのう、日本手芸普及協会ペイント部門の講師の集まり、ぺいんとなかまSの半年に一度の親睦会に行ってきました。今回のランチは大阪丸ピルの最上30階のイタリアンレストランでした。ほかのみんなは教室を持って講師活動してます。私は教室してません。この会のセミナー、その他のセミナーにこのところほとんど行ってないし、持っていく話がない。だけど大胆にもダイタイ毎回おじしゃましてます。

今回の参加者は12名でした。全国で8名の理事会の方が初参加者今回は3人だったかなあされてました。ことしの11月25日~27日、東京芸術劇場で催される作品展「花・花・花」私は会費だけでほかになんもしとらん。せめてとギリギリエントリー申込みしましたが会員の中でも関心が薄い、ぜひ東京で成功させて大阪に持ってきたい、この会をおしゃべり会だけに終わらせたくない…その方の一人舞台でほとんど終わってしまいました。

だからサンセイで買い物したメンバーでその近くの喫茶店で二次会。このプログを見てくれると言われて嬉しい、コメントが入らないとチト残念。かなりパソコンに強いと思われているようです。

オリジナルなデザインが描け、そして自分のスタイルを持っている私に「ブラブラしているのもったいない」。こう言われても、地縁のない今のところどうにもならんです。でも、デザインが苦手な会員さんの要望に合わせたデザインを提供する作家なら出来るかなと思うのだけど。今なら手がき、デジタルどっちにしてもバケット制作可能です。次は試作品を持って行こうかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

バラの季節のでじたる切り紙

バラの季節になりました。あちこちの手入れしている庭、そうでもない庭でもいろんな色大きさのバラが咲き誇ってます。それを見るのもウォーキングの楽しみのひとつ。そしてバラの切り紙は?と検索が入るのと…そこでバラの切り紙をご披露します。


Parercut72 クオーターローズは中央分の花びらの重なりが4等分に分かれているような咲き方の日本では珍しいバラです。イギリス辺りで改良されたかなり古い品種だそうです。


Parercut73 バラは花びらが巻きながら重なるのでそれを残しながら左右対象にデザイン化するのは意外と難しいものでした。デージーは簡単なのに。


Parercut76 トールペイントのストロークワークで描くカントリーローズを切り絵化してみたら…。もともと素朴な左右対称のデザインだからすぐに出来上がり。


Parercut75 これもトールペイントでよくあるリボンとバラのアレンジメントです。線切りと切り抜きの花を行きつ戻りつ微調整して組み合わせ。


Parercut74 バラとお姫様を並べました。歩いている時に干していた布団の模様を見て思いつたんです。


Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

新しいラクガキ帳

Newsketchbook2 時折、つらつらと思いつくまま描き続けたスケッチブックがいっぱいになったので、新しいのにしました。使い始めには、裏表紙にダーマトグラフでいきなり最初の絵を描きます。使い始めた年月も書き入れて。

高校の時、ジャンルは問わずの同人誌サークルにイラストで参加してました。それから今まで楽しみとネタ帳でいまだに描き続けてます。合わせて20と数冊になるかなぁ。最初は半年で一杯になったのだけど、最近は2・3年かかってます。することがほかにあるし、いきなりパソコンで描くこともあるしでね。でも、紙と鉛筆ほどどこでも気楽に描ける道具はほかにないので手放せません。

Newsketchbook1 いっぱいになった前のスケッチブックは、ペイントの図案も等倍で描くために大きめのF6サイズ。そして今はスキャナーで読み取るようになったのでA4にしました。大きい図案が必要な時は、ソフトでいくらでも拡大、プリント出力出来ますから。ビジネスアイデア用のリング綴じのノートみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラクターJAPAN

ちょっとお待たせのでじたる切り紙です。暁斉展にいってもひとつ感じたこと。日本は昔っからキャラクター好き ! なんかのイベント、販促、商品にキャラクターがゴマンとあふれかえってます。私もペイントクラフトのキャラクターペー&クーを製作者です思えは妖怪だってキャラクターのひとつと言えないかなぁ。なんでもかんでもニンゲン化してしまう、そんな伝統的な心根がここにはあるのでしょう。偶像化禁止のイスラム文化ではどうなんかなぁ

雷の鳴ってたある夜中、雷さんを切り紙にしたら面白いかなと、ふと思いつきました。和風のキャラは意外とないかも。


Parercut69 ちょっとメタボな雷神さんです。複雑な形を切る時には、さりげなくブレンドやワープなどのコ技を使ってます。


Parercut70 風神さんは、雷神さんのお腹になりたくないとジムに通ったようです。


Parercut71 蹴鞠(サッカー)をするカラス天狗です。なぜかと言えばカラスだから…


Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

定期中検診

大腸がんで手術したので術後の定期検診に3カ月ごとに病院へ行きます。今はすっかり元気なので行く日と時間を忘れそうになります。

今回は14日に腫瘍マーカーの採血、胸のレントゲン、エコーでした。だから当日朝食抜き。前に時間を間違えておやつを食べたけどしょうがないわと看護婦さんに採血された時、しっかり血糖値が上がってました今回もたぶん9時だろうと主治医から手渡された予約表をロクロク確認もせずに行ったら1時間早すぎました。採血とレントゲンは空いてたのですぐにしてもらえたのですが、エコーは予約、順番があるので後半時間待ってください。しょうがないので時間つぶしのため「外を歩いてきます」と看護婦さんに言ったら「外で食べないで下さいね」。

エコーは内経検査室の奥にあります。水曜は検査の日になっているので、胃カメラ検査をしているのかカーテンの向こうは暗くてノートパソコンにはその人らしい画像が映ってました。この病院では去年から鼻から入れる胃カメラになりました。それを横目にエコー室に。今まで何回も受けてきているのに今回はなぜかこそばかったです。

そしてきょうは検査結果が明らかになる日。このところの気温の乱高下で少々自律神経の調子がおかしい。でもダイタイ元気だ大丈夫と思っていても正直、心配は心配です。予約は10時でしたが救急がふたり入ったそうで1時間分心配の時間が増えました。結果今回も見えるがんはなさそうでホッとです。次回は8月の小検査、腫瘍マーカーだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイルペイントの補習

きのうは入院中でとばしたカリキュラム作品の補習教室でした。NHKカルチャーなどの定期コースつづきで卒業生コースというのが別会場であります。その別会場はほんの少し神戸駅から遠くなったぐらい、その端っこに入れてもらうことになりました。私の同期の後の3人はデザインコースに進んだので前期から行っとります。

Kurodarosebox1 私ひとりだけストロークローズのBOXです。あとはまとまってインク瓶のあるスティルライフやパンジーがメインのフローラルなどちょっと上級な作品です。今回から滋賀から孫弟子さんが4人まとまって来たので増えて14人になりました。すぐにひとり減るけどね。

Kurodarosebox2 この作品は初級なので色作りはすぐに出来ました。アンギュラー平筆毛先がが斜めになっているを持っていなかったので隣の人から借りました。今までアンギュラーでストロークローズを描いたことはありませんし、私は補習だから説明は最後でいいよと言ってたので、のんびり練習していたら、あっさりOK。だから絵の具が練習用と本番にようけいるとようけ作ったので、3倍ようけ余ってしまいました。

実際描いてた時間は半分ぐらい。講習料払って半分ブラブラでは普通なら損したとモンクも言うでしょうねぇ、私は大病してから細かいコトを気にするのをやめたし、卒業生コースとやらを少しは体験できたからいいかなぁです。人の一生どこかで帳尻は合うもんです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

守人シリーズ

ライラの冒険三部作「黄金の羅針盤」「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」を全部読みました。読み始めたら一気に集中して読んでしまうタチとくにこれは先が読めない話なので時折まとまった時間に飛び飛びに。いつもそんな読み方だから、半年間のブランクでもちゃんと次のページからストーリーをつないて読める特技アリです。あとの2作品も映画化されるのかしら。後になるほどストーリーや登場種族、パラレルワールドが増えるからかなり難しいと思うのだけど。

さてさて、次に読みたいのはアジアもの上橋菜穂子作「守人シリーズ」です。本屋に買いに行こうとした矢先、つれあいが新装版で出でいる分全部買ってきました。渡りに船です。つれあいは読むのが遅いから待ってくれというので、待ってたら先に下の子に先読みされ、今読み始めたところです。第一作目の「精霊の守人」、初めはNHKのアニメ版の今週分まで読むかが、面白いので一気に読んでしまいました。先が分かってしまいましたね。

ジャンルとしてはファンタジーの類なのですが、時代物としても読めます。実体化するなら、アニメより実写向でしょうか。短槍の殺陣が実写で見てみたいなぁ。ストーリーにブレがなく、登場人物主人公バルサが意外とおばさんだったの造形がしっかりしているので読みやすい。これも役者が演じたほうがいいだろうなぁと感じたもう一つの理由です。ハリーポッターシリーズが当たってから次々と安易にファンタジーが映画がされてしまうのを苦く思う私だけど、そう思えるほど面白い物語でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

ククられたドラゴン

鉛筆を持ってスケッチブックを前にしても描こうか降っても叩いても出で来ないこんなことは皆さんにもあるでしょう。その代わり道を歩いていたり、皿洗ってたり、まったく関係ないことをしている時に、ふっと出てきたりします。今まで見たり感じたことか心の奥で熟成して出で来るのでしょうかね。絵は描かなくても好きなものだからジャンルは問わず観て回ってます。

Musubidragon1 5日に京都にヘンな絵をみにいったせいかなぁ。買い物帰りにふと浮かんできたイメージはこんなの。さてこれをどう具現化しましょうか。また金魚の鱗をひっぱりだして色とグラデーションを変更、ドラゴンの体は筒型なのでエンベロープで変形しました。Painterのパターンブラシにするために.psdで保存しました。一番下のはトゲやツメ用です。

Musubidragon2 結ぶということは前後関係が途中でひっくり返ることになります。そのままでは下に来る部分が上描きされてしまうのでレイヤー3枚に描き分けました。鱗のつなぎが不自然にならないように見えないところで切り替えなければ。レイヤーに分けて反ってややこしくなることもあるのですね。なんでも万能とはいかないもんです。

Illustrator+painter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

ふぉんとたいへんでした

Fonttaihen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

暁斉マン画

Kyosaiten1 きのう、ちょうどつれあいが岡崎公園京都市勧業館みやこめっせで行われている恒例古本市に行くというので京都国立博物館に絵画の冒険者「暁斉-近代へかける橋」展前々回の日曜美術館で放映されましたに行ってきました。同んなじ方向だし行き帰りの道中と昼はいっしょ、あとは別行動。だから行きは阪急烏丸でバイバイしました。私は終点河原町から京阪に乗り換えです。

この2年ほど、江戸後期の絵画がブームだそうです。去年は神戸の葛飾北斎、京都は伊東若冲を見に行きました。その京都展にも鬼才暁斉の絵はありました。広げたら10mになるかという異常に襞をたくった菩薩のような絵だったかしら…奇妙な印象。舶来の建築家ジョサイア・コンドルの目前で描いて見せて驚嘆させたとか、知っているのはそのぐらい。まとまって拝見するのは初めてです。

Kyosaiten2 私は解説は読みません。ここではマンガ表現の源流を探してみました。つい最近、マンガのしくみ-WORKSを買って見たとこですし、展示作品自体かなりマンガでした。日本人にはおなじみのキャラクター、閻魔、鬼、浴衣がけの菩薩、お化けに幽霊、髑髏、擬人化した蛙、浮世絵美人…ごまんといる。動いている。そのうえ絵日記を描いてたというから点数は万とある。なんでも描けるし何でもアリです。

そのなかに裸の男たちの屁バトルを描いた放屁合戦図
の放屁をKyosaiten3Kyosaiten4 と描き文字を入れたくなるほど薄墨ひと筆で表現してあります。西洋の塗りではなく、形や質感を線で描く日本の表現が今のペン描きのマンガに引き継がれているのでしょう。構図にしてもクローズアップや大胆なトリミング、が見て取れます。

人が多く、点数が多くで見て回るのは3時間でした。図録は分厚い300ページ2500円、展示しきれない巻物、展示替え作品が載っているのでお買い得です。同時に京都国際マンがミュージアムで暁斉漫画展を開催中ですが残念、待ち合わせ時間になってしまったので行けませんでした。

painter
図録から真似して描いてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ぐるぐるのばら

5月になったので新しい壁紙です。

Pinkroseborder4 別に仕事で描いているわけじゃないけど、次に何にしようか迷います。そこで何をかこうかではなく、どういう技を使おうかから考えました。そしたら去年の今頃、IllutratorのツールPinkroseborder3 をいじって遊びで描いたぐるぐるばらがあったのでそれを持ってくることにしました。

Pinkroseborder2

トールペイントの技法のひとつに、筆尻で二色のドットを置いてすぐにぐるぐるかき混ぜてミニバラを描くというもんがあります。それを転用したわけ。

Pinkroseborder1

大きいバラは同じくグラデーションメッシュの練習に描いたバラがあったのですが、横向きだったので花びらのもとから作り直しました。Shadeでコントトロールポイントの制御について鍛えられたので、かなりうまくなってます。自分で感心してしまいました。

壁紙の画像は.gifです。今回は色数を少なくしてわざと粗くしました。なんか素朴で手作りっぽくていいかなぁと思ったからです。

Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »