« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の記事

2008年3月31日 (月)

でじたるフラワーアレンジメント2

今までは習作。作品として初めての3D作品が完成しました。happy01

3dgarland6

作るの忘れていたデージーの茎を後から付け足すのは大変です。計画的にコトを進めなきゃとチト反省。後からアトカラ突き抜けさんが見つかるので修正しなければなりませんでした。地味な作業です。起こして後ろに壁を立てました。

3dgarland5

Shade歴4ヶ月、初めてとしてはなかなかうまくできたなぁと今のところ満足してます。ひとりの試行錯誤の作品なんでベテランさんから見たらこんなもんかでしょうね。ナンと言われてもモデリングは楽しいです。

Shade

初作品をShadeの投稿ページにいきなり初投稿。画面汚しですいません。ところが今週の一枚の候補にあがってしまってドギマギです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でじたるフラワーアレンジメント1

オイルペイントのお昼はみんなでランチでした。太極拳のお昼はたいていフードコードでぶっかけうどんと野菜のかき揚げです。途中デュオ神戸のふたつあるギャラリーに気になる展示があるとのぞいて行ったりします。何でここがギャラリーで店舗じゃないのとつれあいに問えば国道の地下でも国のものだからそうです。ただし、唯一営業している旅行会社は道の駅として許可されているとか。

先週は樹脂粘土フラワーの教室の発表会でした。描く参考に樹脂粘土フラワーの作り方をテレビで見たり、本屋で立ち読みしたりはしますが作ったことはありません。でもいきなり思った、3Dでやってみよっか。

3dgarland3 3dgarland2

バラのモデリングは出来たので、定番のデージー、これはあるだろうなとベルの形の添え花を作り足しました。もちろん葉も作りました。

3dgarland4_2 3Dは自分で好きな色を付けられるのは樹脂粘土同じ。かえって最初に色を決めないとまとめるのが大変になりそうなので、ラフを用意しました。そこからベースの色を取ることにしました。ShadeのマニュアルによるとIllutratorのスウォッチを読み込めるように書いてあるので、ライブトレースで色をスウォッチに流し込んでShadeのカラーパレットに読み込むことを試してみたのですが、ヘンな数字が流し込まれてしなうので使いモンになりませんでした。結局PaintのスポイドでRGBデータを取ってイチイチ手入力。Shadeのカラーパレットは気難しくて使いにくいなぁ。

3dgarland リースにまとめるので半円を掃引してドーナツ型のオアシスを作ってあとはパーツを差し込んでいきます。手でアレンジするのといっしょ。後で自由に色を変更できる便利
ベルフラワーはのせてみてブルーが強すぎるのでかなり彩度を落とし、グリーン側ににシフトしました。なのと、形がぶつかって突き抜けてしまったところをポイントで微調整する面倒は3Dならでは。なんとかラフに見合ったアレンジメントは出来ました。デージーの茎がないので後で付ける、起こして背景をつけ、仕上げたいと思ってます。

Shade

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

実のなる花が咲き出しました

うちの3匹分の猫の額の広さの庭には木がいっぱいです。10類以上は植わっているかな。阪神大震災後すぐにこのうちに越してきた時に、つれあいが駐車スペースだったコンクリートを全部めくって、植えたものです。

Plum2 Plum

スモモ(大石早生)はうちの入り口すぐにあります。12年たって木と言えるほどに大きいです。昨日あたりからちらほらと咲き出しました。

Yusuraume ユスラウメも咲いてます。今年は少し遅い開花です。今日買い物ついでの歩きでみたところ、サクラもこれと同じぐらいの開花です。どちらも実が収穫は6月中旬ぐらい。スモモは食べきれず、ほとんど落ちてしまって、匂いでここらじゅうのブイブイが飛んできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

定期コース最後のレッスン

きのうはNHKカルチャー神戸のオイルペイントのレッスン最後の日でした。初級、中級、上級と1年ずつで3年、ここでの宣言通り一応卒業です。

Kurodayuri 最後となった作品はユリです。インストラクション通りに進めば中級に、後ろのユリの色作りを生徒に任せると上級にもなるプロジェクトだそうです。今日はしべの先の色作りをしてしべを描きました。最新号の四季彩掲載作品の図案取り寄せした人に色見本を先生のパレットから直接頂く手伝いをしたので描く時間が少なくなりました。ホンモンの作品が拝見できることとあわせて黒田先生の教室に通っている人の特権です。私はイケない生徒さんで図案が要らんのですが、いつもの4に人組の一人がお休みしていたので手伝いました。バリューチェンジの向きがばらばらになって見づらい色見本になってごめんなさいね。

3年間通ってみて確かに色の勉強になりました。原色から色見本の色を自分で作っていくのだから。刺繍のように○番の色で描き増しましょうでないもん。私にとってはもともとイラストレーターから枝分かれのペインターで無意識にやってきた色の使い方を再確認するものした。これはこれでヨーロッパでのイチ配色理論、目安と言ったところ。環境、時代、場所で違うものでもっといっぱいあるものだから、これを習ったからといってこれからも作品の配色で悩み続けるのは同じでしょう。知ったことで余計に悩むことになるかもしれませんですね。

教室の後のお昼のランチは春休みで子どもが家に居たり、行く用事があったりでことごとく空振り。最後なのに残念でした。だから次のレッスン日にランチだけ押しかけよっかと思ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

黄色のバラが好きだから

モデリングしたしろバラに色を塗ってみました。Shadeでは表面材質でベースの色樹脂ねんどなら最初から練りこんでおくやテクスチュアを設定したり、その上から画像を貼りこむマッピング樹脂ねんどならアクリル絵の具で塗るをします。

Rosepetal5 手始めに単純にべースをムーンイエローに花びらの先はバターミルク、根元をイエローグリーンに花全体にマッピンクです。結果プラスチック製の固いバラになってこれはボツ。そこで光沢の設定をいろいろ試してみる、テクスチュアの花脈を入れ、さらに光沢を反映させたら花らしくなるのではと考えました。

Rosepetal10Rosepetal6

初めは花びらの根元に収束する花脈をPhotoshopで作ったものを一枚づづY軸にマッピングしてはスジとグラデーションがずれないように位置を調整して貼りました。Shade10では位置合わせもマニピュレーターでしやすくなったとはいえ、めんどくさいし、どうしてもずれるので仕切り直しで一晩考えました。

Rosepetal12 マッピング方法をラップに変更、テクスチャ=質感と貼りこむ画像も作り直しました。花脈のテクスチャのモトは金属の表面に施すヘアライン仕上げの画像写真を素材辞典から持ってきてPhotoshopで加工したものです。ラップでマッピングすると、画像では直線方向に単純に花脈が伸びていても花びらのモデリングに添って貼られるので、結果根元で花脈は収束されます。思い通り柔らかい花びらの表現が出来ました。

Rosepetal11 花びら一枚で試しに貼ってみてOKになった表面材質設定を保存して花にまとめたパートに一発で貼りました。下に四角の形状を敷いてその上にのせてレンダリングしました。葉っぱもモデリングしてたのでこれにも色をつけて添えてみました。

Shade

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

白いパンジーです

相変わらずお花のモデリングです。なんでもいきなりは出来っこない、時間をかけて数をこなすのが遠回りのようで近道なんです。今ちょうどよいこいことにヒマしている私、ネタ作りを兼ねて練習、練習です。

ところで、Shade10 になってからあんまりにも止まってしまうのでどうしたものか、どうしよう…。でXPで動くように設定しました。プログラムのアイコンを右クリック、プログラムのプロパティを呼び出してXPで起動するようにチェックを入れればOKです。修正アップデートした後でもシェーディンク表示がへんになりません、なおりました。すぐ止まることもほとんどなくなりました。次の修正プログラムが発表されるまで当分これでいこうかな。

あれからバラは作り直しました。ガラスのバラを作るつもりではないので、コントロールしやすいように厚みのないものに。そこで新しい発見。花に組む時に仕込んでおいたジョイント類は完成後に削除しても形は変わりません。形が決まったらメモリー節約のために削除しておきましょう。でも、全部おんなじでは不自然で面白くないので、ちょこっとかえたい用にジョイント入りは置いとくのがよさそうね。

3dpansy1 その途中で幅広花びらのもとを保存しておきました。それからパンジーを作ってみました。バラに比べて枚数は少なく、立体的でないのでモデリングは楽です。だけどもスミレ科のがくは斜めについているのでちと手こずります。これでは不満の出来なので後でやり直すつもり。

Shade

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

バナナスコーン

今日は二番めの子の誕生日です。今はおばあちゃんちで暮らしているのでお祝い出来ません。でも、家族の誰かの誕生日にはなにか作って焼いてみたくなります。

前は私がスポンジ台を焼いて、子どものリクエストを聞いて具や飾りの果物やお菓子を買っていました。今は3番目の子がほとんどやってます。ひと月前の1番上のお兄ちゃんのときはロールケーキでした。今回はチョコバナナスコーンです。一週間前、「世界まるごとTV」でバナナの特集を見ていて、昔バナナブレットをよく焼いてたなぁという話になりました。これはバターケーキの一種ですから、同じくバターをすり込んで作るスコーンでも美味しいんではないか、そんなわけです。

Banana 冷凍庫に常備してある無塩バターをバーミックスで混ぜ込んですぐできる。でもいきなり入れたらいくらなんでも硬くて時間かかるでしょうgawk、モータが熱くなり、本人も熱くなってたようです。前半でかなりエネルギーを消耗してしまったので、型抜きせずに丸めてテンパンの上で潰しただけ。味見で本人いわく、「バナナがちょっと足りなかった…」。私が毎朝食べるのに買っているバナナは小さめで、足りなかったのかも。スコーンとして出来上がってるので次はうまくできますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白バラです

前回花びらができたので、組んでみることにしました。最初はコントロールポイントをチコマカ移動して中心から巻いていったのですが、3枚目で面倒になってきました。そこで花びらをイチから作り直し。

Rosepetal4

キャラクターのポーズやアニメやカメラの動きにはジョイントと教本には書いてあります。こんな風にモデリングの補助に使ってもいいんじゃないと思いつきました。そこで縦線を減らし、巻き方向と開き方向に、ジョイント入れました。これで大まかに形をとって、ここの花びらの返り具合を後で微調整しました。

Rosepetal3 この画像では見えませんががくも付いてます。表面材質の設定をしてないのでレンダリングすると白バラです。次は色をつけようか、それとも葉っぱを作ろうかなぁ。

Shade

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

二日がかりで花びら一枚

手芸ではトールペイントにアートフラワー、バラに始まってバラに終わるといいます。私がトールペイントを始めたばかり、朝4時から子どもが7時に起きてくるまでストロークローズを描く練習してました。一つ描いては本と見比べての独習法で4日目で何とかバラらしく描けるようになりました。15年前の話です。

Rosepetal2 ダカラ、バラのモデリングです。これならシーンのパーツに置いとけるし、レンダリンク画像を2Dで加工してイロイロ使えそうです。Shade10になって3Dマニピュレーターに慣れておきたいしで。"9"ではZだのXだののキーを左手で押しながら右手で操作で少し面倒でした。"10"で3Dマニピュレーターになって右手だけの操作が出来るようになって楽になりました。ほとんどペンタブで操作してる(あんまりそんな人いないそうです)私にとって嬉しいことです。も一つ言わせてもらえば、強制終了せずにVistaでも快適に走ったらもっといいんだけどね。wink

Rosepetal1 はじめは樹脂粘土で作るように球体を潰してから作ってみました。するとポイントを追加したとき、形の外枠となる線形状が思うように作成されず…、それを無理やり整形しても仕上がりがも一つです。何度も考え直し、仕切り直し。結果、花びらが花托に付くところ、生長点を中心にして花びらの断面を扇型に展開したのをもとに成型してうまく行きました。花脈が再現出来てます。そこにいつくまでに一日と半日、強制終了でやむなくやり直しも入れて、8回がんばりました。

これをコピペで増やし、花芯に巻きつけながら花に組んでいくつもり。きれいなバラの形に仕上がるかなぁ。

Shade

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

さくらの切り紙 弐

さくらの切り紙の横につながるのが出来ました。

Parercut62

去年の春、宝塚星組公演「さくら」を思い出して切りました。
note妖しいまでに美しいおまえ~。


Parercut63

さくらにつきものはお花見。花見で一杯、
枡酒の中に花びら一枚。


Parercut64

房付きのまる切りのがも一つだったので横つながりでリベンジです。

Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

3本の新しい筆

今日は久しぶりに梅田に行きました。

オイルペイント用のセーブル筆を大阪サンセイで買うためです。他にオイルペイントのセミナーに行くこともない。オリジナルで描くこともないので最低限でいいやとおんなじ筆を使い通していたら、エッジは取れ、毛の長さ半分。描く時間が二倍以上になってしまいました。卒業まで3年もたず。通販で買うこともできるんですが、筆数本ではなんか申し訳ないし、ついでに余分に素材も買っちゃいそうなんで。他にシーラーがなくなりそうなので一本買いました。

ペイントの勢いがあった10年前のことは全く知りません。セミナー行かずの独学ですもん、オイルペイントに通い始めてから、はじめて知りました。今はすっかり勢いがなくて店が減ったり、売り場が縮小して寂しい、不便だという人もいます。作家さんがいいデザインするのに、講師さんが生徒さんに教えるのに、じっくり取り組めるように、私にはいい加減の大きさになったかなぁと思ってます。意外とペインターさんは減ってないんじゃないかしら。


筆買うだけで梅田に行くものもったいないので、あと用事が二つ。

IllutratorのCDに傷が入ってしまったので、sofmap梅田店でディスクの傷取りの研磨をしてもらいに行きました。こないだリカバリーして7回インストールし直しだったしgawk。研磨代は1000円でした。

Shade10にしました。きのう、3月7日発売日にバグ取りのUPDATAがメーカーさんのHPにありまして、いきなりやんか、とりあえずUPしました。ところが透視図画面をシェーディングモードにするとこれまた△の洪水、でしまいにエラーで強制終了されてしまうという有様。すぐもとに戻しました。その不具合はどうすりゃいいの? この日午後2時からのヨドバシカメラ梅田店でShade10の新発売のデモに会社の人が来ます。直接訊きに行けるぞ。

デモ準備中にすいませんがと尋ねたところ、Vistaでのグラフィック動作はちと不安定であること、環境設定でOpenGLの設定のpbufferをはずしてみたら…、ということでした。私は使っている環境でも次回のUPで改善してもらうように、今使っているのは8600GTダと伝えてお願いしてきました。それからデモを一時間半ほど見ました。見ている人は15人ぐらいでしたか。ユーザーさんは手をあげてでShade歴3ヶ月の私も含めて5、6人ぐらい。おばさんは私一人smile

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

さくらの切り紙 壱

気象庁から桜の開花予想が発表されました。神戸は四月の2日ぐらいだそうです。ここ明石は神戸より西にあるのに例年神戸より3日開花が遅れます。なんででしょうね。 ということで、今回の切り紙は桜です。

桜の花は形が決まってるものなので、別にパーツを作ってそこからコピペで使いまわしです。

Sakurakirigami私がイラレをいじっているところを知らんうちに子どもに撮られてました。こんなふうにでじたる切り紙してますがばっちり写ってるので載せます。オブジェクトのすぐそばにあるのはパスファインダーパレットです。配置が決まるとこれでオブジェクトをいったんばらして、余分な重なりを削除します。それを統合し直すという作業中のようです。

アイデアはあって切ってない桜の切り紙が残ってます。次でお披露目したいと思ってます


Parercut55

花びら五枚で五角形でしてみたら、ふつうですね。


Parercut56

久しぶりに額にしました。大正レトロな感じです。


Parercut58

パターンでじゃなくて、リアルにしてみると…。つなぎがとたんに難しい。bearing何度も微妙に修正して不覚にも時間がかりました。

Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

まるめてQUILLING

オイルペイントの定期教室の最後の作品はドロシー・デントのキャンパスに描く風景作品になりそうです。オイル作品は絵の具が定着するのに一週間かかるので表面が当たらないように持って帰るのが大変。せっかく描いた絵の具が取れちゃう。6号のキャンパスを入れる何かを探していたら、100均の分厚いめのA4ファイルケースを見つけました。

その中に入っていたのは、ペーパークイリング。ほっといたのでちょっと歪んでしまっています。がんの手術をして、退院したばかりは体力はなく、しばらく半分寝たり起きたりでした。その半分起きている時間も何もできずに暇。そこで人に見せるわけでもなく、手慰みに作った作品でした。

体力をつけるために少しづづ歩いてました。そこで歩ける範囲のお店で買った色画用紙を5ミリ幅に切って、クルクル巻いてパーツを作り、組み立てたものです。クルクルしているところがローズマリングのスコローみたいです。だから、ローズマリングのデザインをまねしてます。

Paperquilling2

Paperquilling3

Paperquilling4

Paperquilling1

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・染色へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

イカナゴの季節

先月、28日イカナゴ漁が解禁になりました。解禁になった日から毎朝早く明石海峡に向かう漁船のエンジン音しまぐらしでエンジン音だけで船の大きさと種類か分かりますが聞こえてきます。家は海まで歩いて5分もかからない所、春の音です。

くぎ煮は十年ほど前、つれあいがやってみたいと言うので教えたらすっかりはまってしまい。私はそれからやってません。今日は土曜日、今日は張り切って炊くだろうと思ってたら、出勤してしまったので、十年ぶりに今季初めてのイカナゴのくぎ煮をしました。

Makekugini6 イカナゴのシンコはとても傷みやすい、朝の漁で捕れたものがお昼前には店頭に出されます。買ってからでも2時間以内に煮ないとダメなんです。だから家でくぎ煮のできる地域は限られます。

うちのレシピ

  1. シンコ  イカナゴの稚魚   kg
  2. 醤油              220cc
  3. ザラメ  ツブツブの砂糖   230cc
  4. 生姜   細切りに刻んで   2つかみぐらい

Makekugini4 他では水あめ、黄金糖を足したり、風味を山椒やゆずにしたりといろいろあるのだけど家では20年以上前からこのシンプル一本です。

Makekugini5 炊く鍋はずっとこれ。固く煮しめるには強火で醤油の泡が被るようにすること。崩れるので絶対かき混ぜない。でも、色がむらになるので泡が引いてきたら、少し火を弱くして鍋をあおって混ぜたりします。

Makekugini3 汁がなくなったらパットにあげて荒熱を取ります。

Makekugini1 10年ぶりのくぎ煮はまあまあの出来です。つれあいが作ったのよりはショウガが大きくて、甘くないです。ショウガが細かくなったのは、真ん中の子の好みだからそうです
乗馬から帰ってきた下の子からクラシックくぎ煮と言われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上り続けるてんとうむし

一月は「いぬ」、二月は「逃げる」で早くも三月です。だから壁紙の張り替え。

今月は縦につながる壁紙にしました。最初は今日から「黄金の羅針盤」の公開が始まるので話題のテーマと考えてたのです。けど、縦にどうもつながらない。先月から手書きフォントをに時間をとられて時間がないので辞めました。

Ladybags2 そこで、てんとうむし。ファブリックプリントにありそうなデザインです。色はヨーロッパ風にオトナ可愛くしました。製作時間は一時間と少しです。したことはこれだけ。

  • 構図のもとになる
    葉っぱの流れを数本鉛筆で描いてみる。
  • つながるように調整して、
    作った葉っぱブラシに置き換える。
  • チェックのスウォッチを作って背景を塗る。
  • てんとうむしを2パターン作って、コピペで適当に配置。

Ladybags3

Illustrator

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »