« 太極拳2年生 | トップページ | ハサミの3倍ぐらい »

2007年8月27日 (月)

ハサミのほうが早い

本や雑誌の表紙を見るだけでも好きなので、買いもんついでによく本屋に寄ります。暑くて涼むのもついで。

きのう、「大人の切り紙の本」-矢口 加奈子著-のシンプルカワイイ作品に魅かれました。幼稚園でよくやったでしょう、折り紙を畳んでハサミで模様を切り出す、あの切り紙のパターンが紹介されています。なんとなく北欧のデザインのにおいがします。つぎ思うこと、Illutratorで描いてみたい ! で、もちろん買って来ました。

頭でパスファインダーをどう使うか作戦を立てながら帰りました。さっそく、9月の壁紙用に描いてみました。2度折りのパターンで描いたので、ベースはリフレクトを2回繰り返してすぐに完成。でも切り抜きがたいへん、オブジェクトの重なり部分の切りくずが見えないのす。最終の内マドで切り抜くときに、それを取り除いておかないとヘンになります。ハサミなら切ったら重力で落ちてくれるのにね。2時間で完成しました。作品は9月になった時のお楽しみ。

これまた、子どもに「ハサミで切ったほうが早い」なんて言われました。

|

« 太極拳2年生 | トップページ | ハサミの3倍ぐらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハサミのほうが早い:

« 太極拳2年生 | トップページ | ハサミの3倍ぐらい »